> 都市部と郊外はどちらが配達しやすい?? - 最新トレンドニュース速報

都市部と郊外はどちらが配達しやすい??

スポンサードリンク
 




 

こんにちは、シゲです。

自分な配達するエリアを考えると
地域によって特徴がでてきます。

都市部の商業地域や住宅街、郊外でも工場のような大きな会社やマンションばかりの住宅街、

一軒家ばかりの住宅街と様々です。

どういった特徴があり、ご自身にあっていそうか検討してみましょう。

記事中

スポンサードリンク




商業地域

商業地域は基本的には社員が回るため検討する必要ありません。

会社やテナントが密集している地域です。

たくさんの荷物がありトラックで運ぶような大きな荷物も多く、

また配達も集荷も行うため社員さんが伺うことが多い地域になります。

 

都市部

都市部は一軒家が少ないです。
会社や住宅マンションもところ狭しと存在します。

税理士やPC作業で仕事が完結するような会社では

マンションの一室を事務所にしているところも結構多いです。

マンションは集合住宅なので色んな人が住んでいるため注意が必要です。

ごく稀にですが、
配達時にエレベーターで移動するだけでクレームをいれてきたり、

少しでもマンションの敷地内に車を停めてるとクレームを入れられたりもあります。

都市部では道が整備されていることが多く通行に便利な一面もありますが、

その分、車の通行量が多かったり歩行者や自転車なども多いため危険も多いです。

また、信号が多かったりもするので待ち時間のためにイライラすることも多々あります。

あおり運転はダメですよ!!
どんなに急いでいても安全第一です!!

もうひとつ注意が必要なのは駐禁です。
一時期は営業用の車を捕まえるのは控えるような話もありましたが

今は全然関係ないと思っていたほうがいいです。

一般道に停める場合はよく注意してください。

もし、駐禁をきられてしまうと1日分の給料がパァになります。

警察よりも民間に委託された取り締まりの方達の方が厳しいので注意してください。

明らかに仕事とわかる社名入りのトラックでも駐禁きられていました、、、

最初のうちはわからないかもしれませんが、

駐禁の情報は社員さんも他のスタッフさん、同じエリアを配達している他社の方も

持っているのでよく聞いてみることをオススメします。

また、都心部では単身向けのマンションが多いです。

単身で住まわれている方は独身でバリバリ仕事している年齢の方が多く、

朝早くから仕事に出掛けるため配達時間はどうしても夜になります。

夜でもかなり遅めを希望される方も頻繁にいらっしゃいます。

宅配ボックスがあれば何時にでも配達できます。

最近できたマンションでは宅配ボックスの設置が進んでいますが、

家賃が控えめだったり古いマンションではまだまだ宅配ボックスがないところも多いです。

配達に行くタイミングはよく吟味することをオススメします。

 

郊外の住宅街

郊外で配達するときはエリアにらよってはマンションが多かったり、

一軒家が多かったり、マンションと一軒家が入り交じってたりと色々なパターンがあります。

郊外の場合は号が少なくエリア内をスムーズに移動しやすいことが多いです。

しかし、近隣の住民の方も車での移動が多く路上駐車の際は置場所に注意が必要です。
長い時間停めているわけではないですが、日常的に同じ場所に車を停めていると

クレームを入れられることがあります。

信号は少なくても、一時停止の指示など標識が出ていることがありますので、

こちらにも注意が必要です。

違反が見つかると半日分の給料が吹き飛びます・・・

ひとつとても重要なことですが、
郊外で配達するときは登下校の子供たちに注意が必要です。

夕方以降たくさんの子供たちが歩いています。

小学校や中学校が近くになくても子供たちはいます。
都市部では電車やバスに乗っていても郊外になるとその辺を普通に歩いています。

子供たちは自分たちのことに一生懸命で周りが見えていません。

子供たちの未来を奪ってしまわないように慎重な運転が必要です。

郊外での配達となると朝早い時間と夕方18時以降の配達が勝負です。

特に家族で住んでいる方は下記のようなパターンが多いです。

朝➡️旦那さんや子供を送り出しパートにでかける

昼➡️仕事中につき不在

夕方➡️子供のお迎え、買い物にでかけて不在

17時頃➡️帰宅、掃除や夕飯準備

19時➡️旦那さん帰宅、夕飯など在宅

といったパターンが想像できます。

これに沿って考えると朝早い時間と夕方以降しかお届けできませんよね。

郊外の住宅街での配達は平日だと
家庭ごとではありますがパターンが見えてきやすいです。

特徴としては以上となりますが
どちらがやりやすそうだと感じられたでしょうか??

まとめ

都市部での配達は道路の整備がされている分車の通行量が多いので注意
マンションへの配達が多く駐車禁止に警戒が必要

郊外での配達はマンション・一軒家どちらもある
夕方以降の園児・学生さんの帰宅時間には安全に十分な注意が必要
家族で住んでいるお宅が多いので在宅時間の把握はしやすい

 

次回は宅配をするときにあると便利なグッズをご紹介していきたいと思います。
ぜひ、ご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました