> エイプリルフールでも絶対についてはダメなウソ。嘘が許される時間制限は?? - 最新トレンドニュース速報

エイプリルフールでも絶対についてはダメなウソ。嘘が許される時間制限は??

スポンサードリンク
 




 

新年度になるといきなりエイプリルフールがやってきます。
エイプリルフールではウソをついてもいいと言われていますが、
どの程度のウソをついていいのか境界線が難しいですよね。

今回の記事ではエイプリルフールでも絶対についてはいけないウソについてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




エイプリルフールでも絶対にダメなウソ

4月1日といえばエイプリルフール、
一般にウソを言ってもいい日とされていますね。

エイプリルフールの起源は色んな説があるものの不明で仮説にすぎず、
いつの間にか定着した風習となっています。

日本でもエイプリルフールに
軽いウソを言い合って笑い合うなどといった様子は既に定着しており、
中には大がかりな準備をして楽しいサプライズをすることもあるとみられます。

しかし、いくらエイプリルフールだからといっても、
差し支えないウソだけではなく、ダメなウソもあるといえます。
いわば倫理観の問題になります。

そもそも、エイプリルフールでウソを言うときは
ちょっとしたドッキリ的なものだったり、
サプライズで喜んでもらうなど、皆が楽しめることが大切になります。

ウソであっても気持ちが傷ついてしまったり、
あまりにも緊迫しすぎて気持ちの負担が大きかったり、
物が壊れたりすることは避けなければなりません。

なお、あまりにもひどく傷つけてしまったり、
物を破損したりすると法に抵触する可能性もありますので、
エイプリルフールのウソはあくまでもジョークの範囲で留めて、
楽しいものにするといいでしょう。

エイプリル フール 嘘 を ついて いい 時間 帯

4月1日の「エイプリルフール」は、
日本では大正時代に欧米から伝わり「4月馬鹿」として広まりました。

最近では企業のエイプリルフールネタも注目されていますが、
人を楽しませるユーモアのある嘘は宣伝効果もありそうです。

しかし、いくら嘘をついても許される日だからといって、
いつでも何度でも嘘をついていいというわけではありません。

イギリスを中心とした一部の地域では、
「嘘をついてもいいのは午前中だけ」というルールがあります。

正式なルールではありませんが、
いつまでも嘘をついているのは心苦しいですし、
信頼を失わないためにも午後にはネタばらしをしましょう。

また、エイプリルフールはみんなが楽しい気持ちになることが目的ですので、
人を傷つけるような嘘も絶対にいけません。

私のまわりではエイプリルフールの文化はあまり浸透しておらず、
嘘をついたことも騙された経験もないのですが、
企業のセンスある嘘には毎回注目しています。

エイプリル フール 時間 制限

エイプリルフールと言えば、嘘をついても怒られない日ですね。
友達にこの日ばかりは嘘をついたり、
つかれたりと楽しんだ人も少なからずいたかも知れません。

しかし、このエイプリルフールは、
1日中ずっと嘘をついていいという日ではありません。
なんと、制限時間があるんです。

エイプリルフールには、
嘘をついていい時間帯と嘘をばらさないといけない時間帯があります。

嘘をついていい時間は、4月1日午前0時から正午までで、
午後以降はネタばらしの時間というルールがあります。

午前中までは嘘をついても、「嘘つき!」とは言われません。
しかし、午後以降に嘘を言うと、「嘘つき!」言われてしまいます。

その為、この日を目いっぱい楽しむのであれば、
4月1日はオールナイトすれば、
エイプリルフールを楽しみきった気持ちを味わえるかもしれません。

しかし、この4月1日は、
日本の社会人にとっては大切な新年度開始と新卒社会人の入社式があります。

社会人始まりの日でもあるこの日は、
ユーモアと始まりの日を大切にして過ごすのがいいのかもしれませんね。

まとめ

今回の記事ではエイプリルフールでもついてはダメなウソについてお伝えしてきました。
やはりウソも冗談の範囲を超えるようなことのないようにしないといけませんね。

ただ、冗談ですむかどうかはウソをつかれた相手の判断になりますので、
ウソをつく内容については慎重になったほうがいいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました