> アスパラガスを炒める前に茹でると栄養価はどうなる?簡単な皮むき法を伝授! - 最新トレンドニュース速報

アスパラガスを炒める前に茹でると栄養価はどうなる?簡単な皮むき法を伝授!

スポンサードリンク
 




 

アスパラガスは色んな料理のお供にできる便利な食材です。
調理の前にアスパラガスを茹でることはよくあることですが、
栄養素的にはどうなるのでしょうか?

今回の記事ではアスパラガスを炒める前に茹でると栄養価に変化があるのか?をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




アスパラガスを炒める前に茹でると栄養価はどうなる?

色んな料理に使用することが出来るアスパラガス。
調理法も炒めたり茹でたりと様々ですが、
炒めものをする際に下茹でをすると栄養はどう変化するのでしょうか。

まず結論からお伝えすると、
残念ながらアスパラガスは茹でると栄養価が落ちてしまいます。

茹でることにより葉酸、ビタミンB群など美容や健康に必要な栄養成分が
流れ出てしまうので、もったいない調理法になってしまいます。

茹でずに火を通すにはどうすればいいのかというと、
おすすめの調理法は電子レンジ。

乾燥してしまいそうと思うかもしれませんが、
キッチンペーパーを濡らした上にアスパラガスを置き、
ラップをしてチンすれば全く問題なくふっくらと仕上がります。

また、グリルなどでこんがり焼いてから炒め物に使用するのも手軽でおすすめです。

栄養価も下がることなく、
香ばしさも出せるのでお料理としてもグレードが上がって一石二鳥ですね。

ですが、炒めものをする場合は、
そのままアスパラを下茹で無しで炒めてしまっても問題はありません。

しかし、生の状態から炒めるだけでは生焼けになってしまう事もあるので、
心配な場合はレンジやグリルなどで火を通してみましょう。

アスパラガスの皮むきがめんどくさい!簡単な皮むきとは?

どんな季節でもスーパーで見かけることができ、
手軽に食べられるアスパラガス。

お料理に使いたいけど、
皮むきが面倒で使う事を諦めてしまう方もいると思います。

年中出回っている野菜はその季節によって性質が変わってくるのですが、
アスパラの場合は春先は茎の部分も比較的柔らかく、
皮むきを十分にしなくても美味しく食べられることがあります。

春のアスパラは茎の根本を切り落としたら
その上4cm程度を軽く皮を剥く程度でOKです。

その他の季節に使用したい場合は、
できるだけ簡単で手軽にするために、
包丁ではなくピーラーを使用してみましょう。

穂先はそのまま食べられるので残しておき、
茎の根本の部分を切り落としてから
ピーラーで皮を剥きましょう。

ちなみに、上記の方法はグリーンアスパラガスの場合で、
ホワイトアスパラガスを使用したい場合は、
春先などの季節に関係なく皮が厚くなっているので、
柔らかい穂先はそのまま残して、
茎の部分全体の皮を剥いてから調理するのがおすすめです。

~番外編~お菓子のアスパラガスのネーミングの由来とは?

昔から沢山の人に愛されているビスケット「ギンビスのアスパラガス」。
なんでアスパラガスという名前なのか?
アスパラガスが練り込まれているのだろうか?など
つい気になってしまいます。

ギンビスのオフシャルサイトによれば、
ビスケットの中にアスパラガスは入っていませんでした。

見た目が長くて節がある所から
アスパラガスに似ているという意味で名前がつけられたようです。

そもそも、この商品は1968年に製造が始まった商品であり、
約50年以上前はアスパラガスは高級食材でした。

その高級なイメージをつけたく
ネーミングに使用されたというエピソードがあります。

会社の方針として他社から製品を真似られても、
こちら側からは一切他社を真似するような事はしない、とし、
そのオリジナリティのある商品の発明には定評があります。

アスパラガスもこれほどのロングセラーのお菓子ではありますが、
未だに似ているお菓子は現れていないので、
唯一無二の美味しさが今もなお愛されている理由なのかもしれません。

まとめ

今回の記事では「アスパラガスを炒める前に茹でると栄養素がどうなるのか」
についてお伝えしてきました。

残念ながら美容に必要な栄養素は流れ出してしまうので、もったいないですね。
レンジを使った方法がラクだし栄養も逃げないのでおすすめです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました