> ビットコインの利益による確定申告っていくらから?? - 最新トレンドニュース速報

ビットコインの利益による確定申告っていくらから??

スポンサードリンク
 




 

ここ何年かで仮想通貨による投資が話題になっています。
一番メジャーな仮想通貨はビットコインでしょう。
運用が難しいと言われているビットコインですが、
利益が出たときには確定申告が必要になるのでしょうか??

必要であれば利益がいくら出たときなのでしょうか?
気になったので調べてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




ビットコインでの収入による確定申告っていくらから??

暗号資産が話題になっていますね。
色んな暗号資産がありますが、
その代表格といえばビットコインでしょう。
今や1BTC(BTC=ビットコインの単位)が700万を超えることもあり、
その価値に注目が集まっています。

また、ビットコインは少額から購入することもできたり、
ビットコインがもらえるアプリがあるなど、
身近な存在にもなっていることから、
ビットコインの運用で利益を得ようと思っている方、
あるいは既に利益を得ている方もおられるかもしれません。

ビットコインの運用で利益が出た場合、
確定申告が必要になる場合があります。
ビットコインの運用利益は原則として雑所得に分類されます。
給与所得者(いわゆる勤め人)の場合は20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

ただし、必要経費、
例えばインターネット通信費など経費を差し引くことはできますので、
単純に20万円以上であっても経費を引くと20万円を下回る場合は確定申告が不要になります。
とはいえ、確定申告を適正に行わないと延滞税や加算税などペナルティがありますので、
よくわからない場合は税務署で尋ねると教えてもらえるので聞いてみるといいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)取引での所得は確定申告が必要なの?

日本でも投資をする人が多くなってきた中、
株式やFXなどのオーソドックスなものから、
最近は仮想通貨(暗号資産)にもチャレンジする方もいます。

仮想通貨(暗号資産)取引の所得は確定申告が必要か?否か。
20万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要となります。

その際の確定申告は、株などの分離課税とは違い、

累進課税でかつほとんどの場合、
翌年以降に損失を繰り越すこともできませんので注意が必要となります。

また、この利益が出た場合を日本円に戻したとき、
と理解している方もたまにいますが、
日本の場合は、
違うコインに交換した際に利益が出ている場合も申告の対象となりますので、
この点も非常に大事です。

ココを勘違いしてしまうと、
12月までに違うコインに交換し、利益が例えば1000万円で出たとします。
その翌月にそのコインが暴落し100万円の価値になってしまった場合でも、
2月の確定申告では1000万円の利益に対する申告をしなければなりません。

円に交換してないからとか手元にあるのは100万円分とかいうのは通用しないわけです。

累進課税のため、会社員の場合は、
給与所得と合算し計算しなければならず、
税率が非常に高くなる傾向があります。

しかし、これは現状においてのルールとなっておりますので、
そのルールの中、法律を守り、納税したいものです。
とはいえ、株などと同じ分離課税になること、
加えて少額決済における税金の免除等の新たな政策を希望もしたいですね。

まとめ

今回はビットコインの運営で利益がいくらになったら
確定申告が必要になるのかお伝えしてきました。
基本的にはどんな場合でも20万円以上の利益が出たときには
確定申告が必要になりますね。
ただ、注意するところ、落とし穴的な状況もあるので
税務署に相談すると安心です。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました