> 仏壇のお供え物を食べるのはOK or NG?ベストなお供え物とは?? - 最新トレンドニュース速報

仏壇のお供え物を食べるのはOK or NG?ベストなお供え物とは??

スポンサードリンク
 




 

実家や田舎の親戚の家などで仏壇がある家に行くときに
お供え物を持っていくことがあると思います。

仏壇にお供えした後のものはどうするのがいいのかご存じですか??
今回の記事では仏壇にお供えした物を食べてもいいのかなど、
お供え物に関することを色々お伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




仏壇のお供え物を食べるのはOK or NG?

お彼岸の季節になると、お墓参りに行くなど故人を振り返る機会になりますね。
また、そうでなくても家に仏壇がある場合は、
果物やお菓子など食べ物をお供えすることもあると思われます。

さて、仏壇にお供えしたものを食べていいのか?
と疑問に思う方もおられるかもしれませんね。

結論からいえば食べてよいとされています。
その場合は仏様にお供えした「お下がり」をいただくと表現されます。

元々、仏壇に食べ物をお供えするのは
「食べることに困らずに暮らしていけることの感謝」
という意味合いもありますので、
お下がりをいただくことは自然なことでもあります。

お下がりをいただくことで故人を思い出したり、
改めて感謝するということにつながるともいえるでしょう。

なお、お下がりをいただく場合には
「食べることに困らずに暮らしていけることの感謝」
という意味から残すことは望ましくないとされています。

よって、お供えする際にはお下がりをいただくことも想定して
物を選ぶといいかもしれませんね。

お供えしたあとどうする??

お彼岸の季節になるとお墓参りに行くことも多いでしょうし、
また、普段から仏壇にお供え物をしていることもあるでしょう。

そこで、お供えをしたあとの食べ物はどうすればいいの?
と思う方もおられるかもしれません。

お供え物はご先祖様に、
食べることに困らず暮らせることへの感謝の意味合いがあります。

お供え物は一般的には日持ちのするもの、
例えばお菓子や果物などが多い傾向があります。
あるいは故人が好きだったものをお供えすることもあるでしょうね。

お供えしたものは、そのあと食べても大丈夫です。
そのことを「お下がりをいただく」と言われます。
また、故人を懐かしんで一緒に食べるという気持ちになるという点もあるでしょう。

そうすることも供養の一環でもありますので、
「ご先祖様(または仏様)にお供えをして、そのあとでみんなでいただこう」
というように考えるといいでしょう。

もし、食べられないものをお供えした場合でも、
そのあとに何らかの形で大切に使うというのも方法の一つです。

お供えをするということは感謝の気持ちを表すことです。
少なくともお彼岸の季節にはご先祖様への気持ちをはせるのも大切な心持ちでしょう。

おすすめのお供え物

仏壇にお供えする物には故人やご先祖様を供養し、感謝の気持ちを込められています。
毎日のお供え物と法要や弔問などのお供え物があります。

毎日仏壇にお供えする物は主に5つあります。
香りのある線香、花、明かりがつくろうそく、浄水、飲食物がそれにあたります。
お供え物は消費されるものが良いとされています。

法要や弔問のお供え物は日持ちのするお菓子や果物を供えるのが一般的です。
特に個包装されたものがお供えしやすいです。

ゼリーは常温で日持ちするため、お供え物にはぴったりです。
個包装されているので、お供えした後も配りやすいです。

おせんべいもお供え物の定番です。
小分けになった物を選ぶといいです。

上品な雰囲気のお饅頭や羊羹などの和菓子も定番です。
カステラや最中も日持ちするため、おすすめです。

その他、クッキーや焼き菓子などの洋菓子もお供え物として喜ばれます。

また、故人が好きだった食べ物をお供え物をお供えすることも多いです。
ただし、殺生を連想させる肉や魚、香りの強い物は避けた方が良いです。

お供え物にしてはいけないもの

仏壇にお供えする上で、お供え物にはしてはいけないものがあります。
「五辛」と呼ばれる食べ物はお供え物には適していません。

これは臭いがきつかったり、辛味があるものを指します。
ニンニク、ニラ、ネギ、らっきょ、生姜や山椒がそれにあたります。

また、宗教や寺院によってはタマネギも適していません。
仏教の考えでは修行の妨げとなる強い臭いのするものや
刺激のあるものは避けることを教えられます。

そのため、五辛の食べ物はお供え物にしてはいけません。

トゲのある植物もお供え物には適していません。
バラが挙げられます。
地獄にあると言われる針山を連想させるため、
亡くなった魂の慰めにならないからです。

また、香りの強い植物もお供え物にしてはいけません。
五辛と同様、香りの強い物は仏教において好ましくないからです。

肉と魚もお供え物には適していません。
肉と魚は生命のある動物です。
それを供えることは殺生を連想させるため、お供え物にはしてはいけません。

お供え物の基本情報

仏壇へのお供え物には故人やご先祖様への供養や感謝の気持ちが込められています。

仏壇へ手を合わせる毎日のお勤めの中で、
毎日お供えする5種類のお供え物を「五供」(ごくう)といいます。

五供の種類は・香(お香や線香)・花(生花または造花)
灯明(ろうそく)・水(水またはお茶)・飲食(ご飯)の5種類です。

お供えする花や飲食は亡くなった方が
生前好きだったものをお供えする場合も多くあります。

一方でお供えものダメな「五辛」(ごしん)と呼ばれる食べ物もあります。

五辛の種類は主に・ニンニク・ニラ
ネギ・ラッキョウ・はじかみ(生姜や山椒)で
宗派や寺院によってはここにタマネギが入る場合もあります。

お花も特に香りの強いものやバラなどのトゲがあるものはさけられています。

また「四つ足生臭」とも言われる
肉や魚は殺生をイメージするため望ましくありません。

また生ものは傷むのが早いためお供え物としてはふさわしくないと言えるでしょう。

お供え物を捨てるときの方法

皆さんのお住まいにも、あるかもしれないお仏壇。
お仏壇にも、お墓と同じくお供え物を供えます。

ご先祖様にお供えしたお供え物は、
どのように処分したら良いでしょうか。
お供え物を捨てるときの方法を紹介しましょう。

お仏壇には五供(ごくう)と呼ばれる、
5種類(お線香、ご飯、お花、水、ろうそく)のお供え物をするのが基本です。

この他には、日持ちのするお菓子や、フルーツなどを供える場合もあります。
お供え物はご先祖様に食べてもらうのと同時に、
食事に困っていないという、感謝を表す行為でもあります。

ですから基本的に、これらのお供えした食べものは、
傷む前に家族で分け合ってありがたく食べましょう。

しかし万が一、お供えしていた食べ物が痛んでしまったら。
通常の家庭ごみと同じく捨ててしまって構いません。
もし、ご先祖様にお供えしていたものを
そのまま捨てるのが、気が引けるという場合は、
半紙に包んで捨てるようにしましょう。

昔から、純白の半紙はケガレを払う効果があるとされているからです。

お供え物を捨てるときの方法について紹介しました。
基本的にはありがたく食べるようにして、
もしどうしても傷んでしまった場合は捨てるようにしましょう。

その時も、「もったいないことをして、申し訳ないな…。」
という、気持ちを忘れないようにしたいものです。

まとめ

今回の記事では仏壇へのお供え物について色々お伝えしていきました。
僕の家族では故人の好きなものをお供えすることが多かったので、
調べることで色々勉強になりました。

あなたにも少しでもお役に立てているとうれしいです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました