> デザインフェスタ2021(vol.53)の混雑状況や開催日程、アクセスのまとめ - 最新トレンドニュース速報

デザインフェスタ2021(vol.53)の混雑状況や開催日程、アクセスのまとめ

スポンサードリンク
 




 

プロ・アマ問わず、世界中のクリエーターが東京に集まる日本でも最大級のイベントのデザインフェスタ。

今はハンドメイドブームですが、まさにそれを象徴するようなイベントで、アクセサリー、洋服、雑貨、イラスト等、数多くの作品が出店されております。

チケットは前売り券もありますが当日に会場でも購入できますので思い立った時に出かけることができます。

クリエーターの作品というととても高価なイメージがありますが、数百円単位の作品から数万円以上する作品まで出品されています。

コロナの影響によりイベント内容が若干例年と変わる可能性がありますが、作品展示販売だけではなく、ステージショーやパフォーマンスもあるので丸一日居ても飽きないイベントになっています。

記事中

スポンサードリンク




デザインフェスタ2021(vol.53)の混雑状況

今回のデザインフェスタは土日に開催されます。日本最大級のイベントということもありもともと混雑が予想されますが、中でも土曜日のほうが混雑しやすいです。
また、昼から夕方が混雑する時間帯です。
但し朝一は入場列が出来ており、入るまで少し時間がかかってしまう事があるので注意が必要です。

デザインフェスタ2021(vol.53)の開催日程

イベント名 デザインフェスタvol.53
開催期間 2021年5月29日(土) 30日(日)
開催時間 11時~19時
開催場所 東京ビッグサイト 青海展示棟
所在地 東京都江東区青海1丁目2番33号

雨天時の開催 屋内イベントのため雨天決行

デザインフェスタ2021(vol.53)の アクセス方法

デザインフェスタvol.53は青海展示場で行われます。

青海展示場は他の展示場と最寄り駅が異なりますので注意ください。

バスで来場する場合は最寄りの停留所は東京テレポート駅前になります。

品川駅港南口前⇒波01系統⇒東京テレポート駅前 所要時間25分

門前仲町⇒海01系統⇒東京テレポート駅前 所要時間40分

 

電車で来場する場合

最寄り駅がりんかい線「東京テレポート駅」、ゆりかもめ「青海駅」もしくは「お台場海浜公園駅」から徒歩数分で到着できます。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 駐車場

デザインフェスタvol.53では来場者用の駐車場は用意されていません。

周辺に駐車場がいくつかありましたが、オリンピックのために一時閉鎖されているものが多く利用は困難になります。

車での来場よりも電車やバスでの来場をオススメします。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 入場券

一般入場券 前売り 当日
1日券 ¥800 ¥1,000
両日券 ¥1,500 ※取扱無し

  当日券もありますが、購入までに行列が起こることが多いので来場予定の方は前売り券を購入することをオススメします。

公式サイトを確認したところ現状では前売り券を購入する準備が整っていないようなので、確認が取れ次第追記していきます。

前売り券情報はこちら

デザインフェスタ2021(vol.53)の 口コミ

実際に行った事も出店経験もありますが、とても賑やかなイベントです。
展示会というよりお祭り的な雰囲気なので、作品を見に行くというより「遊びに行く」という感覚で良いと思います。
堅苦しいイベントではないので、友達を誘っても楽しいと思います。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 周辺ホテル

お台場周辺には沢山のホテルがあります。
宿泊代を安く済ませたいのであれば会場周辺のホテルよりは、電車で少し移動した場所のホテルが比較的リーズナブルな値段で泊れます。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 周辺グルメ

お台場はショッピングや飲食するスポットが沢山あり、再入場もできるので安心です。
また会場内にもフードエリアもあります(屋台式のお店)

デザインフェスタ2021(vol.53)の デートはあり??

展示会というよりお祭りのイメージが強いイベントで、賑やかな雰囲気なのでカップルでも楽しめます。
また、お台場というロケーションはイベントのみではなくデートするには素敵なスポットも沢山あります。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 楽しみ方

土日両日共にお昼から夕方(16時)くらいは混雑します。
お目当ての作品があるのであれば朝一に会場に入り、作品を購入し昼頃に一旦会場を出てお台場でゆっくりご飯やショッピングを楽しみ、夕方くらいにまた会場に戻って来るようにすと混雑は比較的避けられるのでゆっくり見て回る事ができます。
もちろんじっくり見て回れば丸一日楽しめます。
出展されている作家さんの多くはイベントだけではなく、通販サイトやTwitterでも活動されています。
作家さんは作品を見てもらう事を心から望んでいますので、お気に入りの作家さんを見つけて今後の活動に注目したり通販で作品を買うのも楽しみの一つです。
このようなクリエイター作品が好きな方は是非、2日とも会場に行く事をオススメします。何故なら1日目だけの出展のクリエイターもいますし、2日目だけ出展のクリエイターさんもいますので。また家に帰ってから買わずに後悔するという事もあるのでお時間があるのであれば2日間参加する方が良いです。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 服装やあると便利アイテム

お祭り的なイベントなのでどんな服装でも大丈夫ですが、会場を歩き回ると足が疲れてしまうので疲れにくい靴を履いていく方が良いと思います。
また、混雑している時は人の熱気で熱くなるので、上着とかで調節できるようにしていると良いと思います。
沢山の作家さんが出展されており、各ブースはアルファベットと数字の表記をされております。気になるブースを見かけ、後でまた来ようとすると見つからないという事もありますので、パンフレットは必ず貰いそこのマップにチェックすると回りやすくなります。

デザインフェスタ2021(vol.53)の 子連れ、赤ちゃん連れで行く際の注意点

会場は広く、小さなブースが沢山並ぶので迷子にならないように注意が必要です。ベビーカーで来られる方も沢山いらっしゃいますが、混雑している時は通りにくい通路もあるので見やすい場所から見て回るのが良いと思います。
家族で楽しめるイベントでもあるので時間に余裕を持って来れば十分楽しめます。

まとめ

今回はデザインフェスタ2021(vol.53)についてお伝えしてきました。

世界中のアーティストが集まる日本最大級のイベントということもありかなりの賑わいが予想されます。

出店だけでなくワークショップやおパフォーマンスなども行われていてデートでも家族でも楽しめるイベントになっています。

ぜひ、世界のアートを体感していただきたいと思います。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました