> 恵方巻 黙って食べる理由とは?しゃべってしまったらどうなるの? - 最新トレンドニュース速報

恵方巻 黙って食べる理由とは?しゃべってしまったらどうなるの?

スポンサードリンク
 




 

恵方巻を黙って食べるというルールは定番なので知っていますが、

「なぜ黙って食べるの?」と子供に聞かれて答えられずに困ったことがあります。

そのため、このルールについて調べてみました。

今回の記事では恵方巻を黙って食べる理由やしゃべったらどうなるのかをお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




恵方巻を黙って食べる理由

恵方巻を黙って食べる理由をしっていますか?

その理由とはズバリ、福を逃さないようにするためです。

恵方巻の中には、七福神に見立てた七種類の具を、

のりで巻いているので縁起がいいとされています。

ちなみに、その七福神の名前は、
恵比寿天、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋天、福禄寿、寿老人となります。

なんとなく名前を聞いたことがある神様もいるかもしれません。

その縁起のいい恵方巻を食べることで口から幸福を取り込んでいきます。

一度口にしたものを離してしまうとそこから幸福が逃げていくと考えられているため、

黙って食べようということになっているのです。

なので、食べている最中に喋りたくなっても、

全てを食べきるまではなるべく喋らないようにしましょう。

恵方巻を食べている最中に喋ってしまうと、

運が逃げて、その一年最悪な年になってしまうのか、、、

というとそうでもないみたいですよ。

電車の到着が1分遅れたなどと、小さな災難はありそうですが・・・

以上が恵方巻を黙って食べる理由となりました。

今年の節分の日には、恵方巻を黙って食べきるチャレンジをしてみましょう!

 

恵方巻の食べ方として他にもルールがあるのでしょうか??
一説には恵方巻を食べるときに切ってもダメなのかという疑問があります。
一本まるまる食べるために最初から食べきれるサイズにカットしたら、
縁起が悪いことになってしまうのか?、、、気になりますよね。
次の記事にまとめましたので、よかったらご確認ください。
 ⇒恵方巻を食べるときにカットしたら願いが叶わなくなってしまうの??

恵方巻を食べながらしゃべってしまうとどうなる?

私は、恵方巻を食べている最中にしゃべってしまったことがあります。

そのときには、「宝くじが当たりますように」と願いを込めて食べました。

しかし、やはりしゃべってしまうと、間食しても願いは叶わないようでした。

ただ、そもそも宝くじは当たるかどうかが極めて微妙なものなので、

恵方巻をしっかり食べても当たるかどうかはわかりませんね。

 

では、しっかりしゃべらずに食べるとどうなるのか?

私は、前年に「今とりかかっている業務が、早く終わるように」

と願いを込めて恵方巻を食べました。

しゃべらずに、長い1本をしっかりと食べきりました。

そのときは、確かに仕事は早く終えることができました。

ただ、そのときは何となくですが、

「恵方巻を食べることで、自分で目標が再確認でき、それによって意識的な行動ができる」

ようになっただけなのではないかと思いました。

神社でお願いをするのも、自分が目標を再確認することで、

ポテンシャルを高められ、願いが叶うのだそうです。

なので、お願い事は自分で達成できることでないといけないと思います。

ですので、「宝くじ」以外のお願い事をぜひしてみてください。

恵方巻って食べながらお喋りできる?

恵方巻きは、食べている間は黙っているものだとされています。

黙って食べることで、願いがかなうとされているからです。

しかし、恵方巻きは大きい物が多いですから、すべて食べ終わるまで時間がかかります。

その間、ずっと部屋の中に沈黙が続くのは

なんとなく気まずいという人もいるかもしれません。

また、小さなお子さんだと、すぐに飽きてしまうか、

黙っていなければいけないことを忘れて話し始めてしまうかもしれませんね。

確かに、恵方巻きを食べるときは黙っていた方がいいです。

話すことで、口と恵方巻きの隙間から福が逃げると言われているからです。

しかし、ずっと黙り続けていなくても実は大丈夫です。

恵方巻きを食べる際には願いごとをしますが、

その願いごとをしている間だけ黙っているだけでもいいのです。

そのため、最初の一口二口は黙って食べて願いごとをして、

あとは家族と会話をしながら食べたりしても大丈夫です。

ちなみに、恵方巻きは笑顔で食べるとより良いとも言われています。

願いごとをした後は、家族と笑いながら食べると楽しくて良さそうですね。

恵方の意味とは??

もうすぐ節分の季節ですね。

皆さんも「恵方巻き」を毎年食べますよね?

私も毎年恵方巻きを食べていますが何故食べるのかあまり理解していなかったので

今年は意味も理解しながら食べたいな!と思い調べてみました。

皆さんも食べるであろう恵方巻きですが

「恵方」とはどんな意味なのか詳しく解説していきたいと思います!

早速、本題に…

「恵方」とは歳徳神という福をつかさどる神様がいる方向を意味し

この神様がいる方向に向かって行うことは全て吉となる、とされています。

また「恵方」は、たたり神がめぐってこないもっとも良い方向ともされています。

歳徳神とはその年の福をつかさどる神様を意味し、お正月の年神と同じです。

この神様がいらっしゃる方向が縁起がいいとされており

江戸時代末まで、

初詣は氏神様のいる神社や恵方にあるお寺に参拝に行ったといわれています。

今回調べてみてこう言う意味があったのかとすごく勉強になりました。
歳徳神には色々な諸説もあるので興味のある方は調べてみてくださいね♪
今年も恵方巻きを食べて皆さん良い1年にしましょうね

恵方巻とは?

恵方巻は、節分の日にその年の恵方を向いて、恵方巻を切らずに一本丸かぶりします。

食べている間は一切喋ってはいけません。

喋らないで一本丸かぶりすると、その年は福が来ると言われています。

恵方巻を食べると福が来るということで、

縁起の良い七福神に由来して具材は7種類入れるのが良いとされています。

7種類の具材をいれることで、

「福を巻き込む」「体内に取り入れると福が来る」という意味があります。

その7種類の具とは、
「かんぴょう」細く長い形から、長生きできるようにという願いが込められています。
「しいたけ煮」傘の形が陣笠に似ているため身を守ってくれるという意味があります。
「伊達巻」卵は黄色い色から、金運のげん担ぎとされています。
「うなぎ」うなぎのぼりという言葉から出世や上昇という意味があり、またうなぎの長い姿が長寿を表しています。
「桜でんぶ」桜でんぶは鯛などの白身魚から作られているので、めでたいという言葉があり縁起物とされています。
「海老」海老はまがった腰と長いひげをもっていことから健康長寿の象徴とされています。
「きゅうり」きゅうりは9つの利をもたらしてくれるといわれています。

今ではお肉を巻いたもの、海鮮を巻いたもの、さまざまな恵方巻もあります。

まとめ

今回の記事では恵方巻を食べているときに黙って食べないといけない理由や

お喋りしてしまったらどうなってしますのかについてお伝えしてきました。

せっかく呼び込んだ福を逃がさないためにもこのルールはきちんと守って食べたいですね。

あなたの願いごとが叶いますように・・・

 

恵方巻の食べ方として他にもルールがあるのでしょうか??
一説には恵方巻を食べるときに切ってもダメなのかという疑問があります。
一本まるまる食べるために最初から食べきれるサイズにカットしたら、
縁起が悪いことになってしまうのか?、、、気になりますよね。
次の記事にまとめましたので、よかったらご確認ください。
 ⇒恵方巻を食べるときにカットしたら願いが叶わなくなってしまうの??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました