> 恵方巻きの中身に意味なんてない?大事なことは○○と△△ - 最新トレンドニュース速報

恵方巻きの中身に意味なんてない?大事なことは○○と△△

スポンサードリンク
 




 

お正月が終わると新年の行事と仕事始めを終え、

通常の生活に馴染んでくるとすぐに2月がやってきます。

2月最初の行事といえば節分で恵方巻を食べる家庭も多いことだと思います。

最近では恵方巻に使われている具材はたくさんありますが、

定番として使用されている中身についてどんな意味があるのか気になったので調べてみました。

今回に記事では恵方巻の中身の意味についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




恵方巻きの中身の意味ってなに??

節分近くなるとスーパーやコンビニでも恵方巻のチラシが見られるようになって久しいですが、

最近はその種類もバラエティ富んだものが売られるようになりました。

そもそも恵方巻に入れなければならない具材って決まってるのでしょうか。

自宅で手作りするかたも多いと思いますが、

何をいれたらいいのか迷いませんか?

縁起がいいとされる恵方巻、正しく食べて幸せを呼び込みたいですよね。

結論から言うと、恵方巻には「○○を入れなければいけない」という決まりはないです。

スーパーやコンビニではサラダ巻、海鮮巻、アナゴ巻、などさまざまですよね。

ただ、昔から縁起のいい数、7種類の具を使うといいとされています。

この7という数字は、そう、七福神の数です。

商売繁盛、無病息災を願って7つの福をお寿司に巻き込もう、という意味のようです。

基本的な巻きずしの7つの具材と言えば、

かんぴょう、きゅうり、しいたけ、伊達巻、アナゴ、桜でんぶ、高野豆腐、この7つです。

でも、特に必ずこの7つ、という決まりもないので、

きゅうりがなければレタス、伊達巻に代わって卵焼き、

など好きな具材で自由に作っているという方がほとんどではないでしょうか。

昔からお祝い事や行事で食べられている縁起物のお寿司。

具材は自由に好きなもの、ということでいいようですし、

楽しく幸せを願って食したいですね。

 

恵方巻を手作りするときに必要な酢飯
この酢飯の基本的な作り方とちょっと変わった酢飯の作り方をお伝えしています。
よかったらこちらからご確認ください
 ⇒酢飯の基本的な作り方・ちょっと変わった酢飯の作り方

恵方巻の定番中身のこじつけみたいな意味とは?

恵方巻の定番の中身といえば、

かんぴょう、きゅうり、しいたけ、伊達巻、アナゴ、桜でんぶ、高野豆腐です。

実はこの一つ一つの具材には、意味が込められているのをご存じでしたか?

ここでは、具材の持つ意味について解説をしていきたいと思います。

まず、具材は7種類含まれています。この「7」に既に意味があります。

一般的に縁起がいいとされている7という数字。

恵方巻ではおめでたい意味を持つ七福神にあやかり7種類になっています。

 

では、具材についての解説です。

かんぴょうは、その長さから長生きを意味しています。
きゅうりは、縁起物としてなじみが無いようにも感じますが、9つの利をもたらす食材とされています。
しいたけは、昔から神様へのお供え物でした。形が陣笠に似ていることから身を守る意味があります。
伊達巻は、黄色い色から金運を意味しています。
アナゴは、ウナギの代用として使われ始めた経緯もあるようです。いずれにせよ長い姿から長寿を想像させています。
桜でんぶは、素材に鯛が使われており、定番の「めでたい」という意味があります。華やかな色どりを添えてくれるので、ますます重宝されているのかもしれませんね。
高野豆腐は、盾豆腐として災いを避ける意味があります。

今回は恵方巻の定番中身の意味についてお伝えしました。

意味を知って食べるとますます効果がありそうですね。

子供も食べやすい恵方巻の具材

節分の定番メニューである恵方巻。

普通の太巻きとの違いは七福神にちなんで七つの具材を入れるといいとされている点です。

スーパーマーケットやコンビニ、ショッピングモールなど

色んなお店でも節分が近づくと恵方巻が売られていますね。

また、太巻きもコツがわかれば自分で巻くこともできるのでお家で作る方も少なくないでしょう。

さて、そんな恵方巻を季節のメニューとして

お子さんにも食べてもらおうと思っている子育て世代の方も多いと思います。

とはいっても小さな子どもは好き嫌いなどがあって当然、

具材によっては食べにくいかもしれません。

そこで、子どもでも食べやすい具材を紹介していきたいと思います。

まず「玉子焼き」。

これは定番の具材ではありますが、

甘めに味付けした玉子焼きを巻くと酢飯になじみやすく食べやすさがアップします。

続いて「唐揚げ」。

意外に思うかもしれませんが、

唐揚げは酢飯との相性が良くおいしく食べられます。

作ってすぐ食べるなら柔らかめの衣を、

作ってしばらくしてからなら固めの衣で揚げるといいですよ。

更には「ツナ」。

これはできれば「ソリッド」や「チャンク」と呼ばれるような、

塊が大きいものがおすすめです。

フレークでもいいのですがこぼれやすいためです。

皆さんも「我が家の恵方巻」をお子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

恵方巻のアレンジ具材

ご自宅で恵方巻きを作るなら、

オリジナリティのある恵方巻きを作って味わうのもおすすめです。

おいしいアレンジ恵方巻き3つご紹介します

 

まずは、リッチな気分で楽しみたいときは「海鮮恵方巻き」がおすすめです。

マグロ、サーモン、いか、いくらなど、

寿司ネタ用に販売されている刺身を巻くだけで完成。

お好みの海鮮を7種類も入れれば特別感を感じられます。

 

洋風な味わいを楽しみたいときは「チーズ&アボカド&ハンバーグ巻き」

巻き寿司に入っているイメージのない具材ですが、

回転寿司ではおなじみのネタ。

すし飯に乗せて海苔で巻けば、ハンバーガーのような恵方巻に。

定番の恵方巻きにはときめかない子供たちに喜ばれると思います。

 

見た目でインパクトを与えたいときは「信太巻き風恵方巻」に。

油揚げで具材を巻いた信太巻きをイメージして、

味を含めた油揚げを開き、海苔代わりに使って恵方巻きを作ります。

黒い見た目の恵方巻きの中にうす茶色い恵方巻きがあれば、インスタ映えも狙えます。

恵方巻はいつ食べるの?

恵方巻きを食べるのは、節分の日である2月2日。

恵方巻きは節分の行事食です。

日にちがわかったところで、特にルールはありませんので、

節分の日のいつの時間に食べても問題ありません。

そもそも恵方巻きは、縁起のいい7種類の具材を太巻きにしたものです。

巻き寿司にすることで「福を巻き込む」という願いが込められています。

また、その年の縁起の良い方角(=恵方)を向いて、

切らずにそのまま食べることで「縁を切らない」「縁起をかつぐ」という意味もあります。

自分自身は最初知った時はお昼がメインで食べておりましたが、

この頃は夜にじっくり堪能してから食べて願い事をするという感じです。

お昼に食べていた時はまた幸せ感を感じておりまして、

その幸せ感を夜までじっくりとってじっくり待って楽しんでから願い事も一緒に

という意味も込めて食べております。

特に時間が関係しているわけではなかったですので、

ここで自分も初めて知れて本当に良かったです!

これからも沢山の福が皆さんの願いなど叶いますように!

まとめ

今回の記事では恵方巻の中身の意味をお伝えしてきました。

おせちでもそうでしたが、日本の伝統行事のときに食べる料理に意味のないものってないですね。

具材そのものに意味があり、使用する中身の数にも意味があったんですね。

両方ともうまく使ってたくさんの福を呼び込んでいきましょう!!

 

恵方巻を手作りするときに必要な酢飯
この酢飯の基本的な作り方とちょっと変わった酢飯の作り方をお伝えしています。
よかったらこちらからご確認ください
 ⇒酢飯の基本的な作り方・ちょっと変わった酢飯の作り方

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました