> 恵方巻きの食べ方 醤油をつけるのはNG??醤油をつけるカンタンな方法とは? - 最新トレンドニュース速報

恵方巻きの食べ方 醤油をつけるのはNG??醤油をつけるカンタンな方法とは?

スポンサードリンク
 




 

恵方巻の食べ方を詳細にご存じでしょうか??

最近の恵方巻にはいろんな種類があって海鮮系のものも見かかるようになっています。

海鮮系でなくてもお寿司なので醤油をつけて食べたくなる方もいると思います。

そこで、今回の記事では恵方巻を食べるときに醤油をつけても大丈夫なのか?

を調べてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




恵方巻きの食べ方 醤油をつけるのはNG??

基本的に恵方巻にしょう油をつけるつけないはあまり関係はありません。

具材にもよるとは思いますが個人的にはつけなくてもおいしく食べれる中身になってると思います。

恵方巻はそのまま丸かじりで食べていくので

醤油をつけるにしても最初に少しつけることしかできないように感じます。

また、醤油をつけるとなんだか普段食べているお寿司や刺身を食べている感覚になってしまいます。

そのため、恵方巻きに関してはつけなくてもよいと感じるし、

一気に食べた方が良さそうなのでそういう点ではつける暇はないのではないでしょうか?

僕も何度か恵方巻を食べたことはありますが、一度もしょうゆを使ったことはありません。

ですが好みの問題でもありますので、醤油を使う使わないは個人の自由です。

ただ、醤油を使うことに関する決まりごとはありません。

 

恵方巻を食べるときに黙って食べることは定番になっていますが、
なぜ黙って食べないといけないかご存じですか??
また、しゃべってしまったらどうなるのか気になりますよね!!
こちらの記事にまとめましたので、ご確認ください。
 ⇒恵方巻を食べるときに黙って食べないといけない理由・しゃべったらどうなる??

恵方巻に醤油をつけるにはどうしたらいの??

節分に食べる太い巻き寿司の「恵方巻」、恵方と呼ばれる方角を向いて、

無言で一気に丸ごとかぶりつくことで有名ですね。

恵方巻は七福神にちなんで7種類の具材を巻く太巻きの一種です。

丸ごととなると、そのボリュームは想像するだけでも結構なものになりますよね。

さて、その恵方巻に醤油をつけていいのかどうか?という疑問がわくかもしれません。

本来、丸ごとかぶりつくことから、きゅうりやかんぴょう、高野豆腐や玉子焼きなど

醤油がなくても食べやすいものを具材にするのが基本ではあります。

一方で、魚介類を用いた恵方巻もあるので

それを醤油なしで食べるのは味わいという点ではきついかもしれません。

魚介類を用いた恵方巻は最初から短く作るというのも一つの手段です。

また、手作りであれば最初から醤油を塗っておいたり、

マグロやサーモンなどであれば醤油に漬け込んでおくいわゆる「ヅケ」にするなどもいいでしょう。

恵方巻を丸かぶりするのは「縁が切れないように」

という意味合いがありますが、無理をする風習ではありません。

願いは大切に、食べることは無理なく楽しくすることで、

季節の節目である節分を平穏無事に過ごせるといいですね。

恵方巻きの食べ方の由来や歴史

節分の日に食べると縁起がよいとされている「恵方巻」

ですが、その起源については所説あります。

一番有力とされているのが、大阪発祥の風習であるというものです。

節分の巻き寿司の研究者で「フォークリズムからみた節分の巻きずし」などの論文を発表している

熊本大准教授の岩崎竹彦さんによると、

大阪の商業の町・船場の旦那衆が花街で行っていた遊びが一般に広がっていったということです。

岩崎さんは巻きずしに関するチラシを収集しており、

1932年に大阪鮨商組合後援会が発行したチラシには

次のように書かれていることを突き止めました。

「節分の日にその年の恵方を向いて

無言で一本の巻き寿司を丸かぶりすれば、その年は幸運に恵まれる」と。

このことから、恵方巻の発祥は大阪で、大阪の海苔業者が海苔の販促のために、

すでに民間に浸透した巻き寿司文化を利用したという説が有力とされているのです。

現在の大阪では、節分の日に大阪天満宮で恵方巻きが無料でふるまわれ、

一斉に恵方を向いてかぶりつくイベントが2021年を除いて40年ほど続くほど、

節分の日=恵方巻という文化が根付いています。

恵方巻が全国的に広まったきっかけは、

1989年にセブンイレブンが広島県の一部の店舗で、

節分の日に向けて太巻き寿司を販売したことと言われています。

「丸かぶり寿司」「節分の巻き寿司」「幸運巻きずし」

などという名前で販売されていましたが、

1998年にセブンイレブンが「恵方巻き」という名前で統一して以来、

節分の日に食べる海苔巻きは「恵方巻」という名前が一般的になりました。

恵方巻きではお願いごとはいくつできるの?

最近節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで見かける恵方巻。

家族の健康や商売繁盛を願って食べたのが始まりとされており、

基本的には福の神に願い事をしながら食べるとされています。

では、恵方巻を食べながらのお願いは一体いくつして良いのでしょうか?

ここでは、恵方巻を食べる際にするお願いごとの数について解説していきます。

調べてみると、恵方巻を食べる時にするお願いごとの数に決まりはないようです。

極端なことを言うと、恵方巻を食べ終わる時間までに言い終わる願い事の数であれば、

いくつでもお願いをしても良いということになります。

ですが、あまりたくさんお願いをしてしまうと、恵方巻の効力が分散してしまうような気がします

気持ちの問題とも言えますが、お願い事は1つか2つにして、

恵方巻を食べている間に同じ願いを何回も願いながら食べきれば、

そのお願い事に対する情熱が、その年の福の神にもしっかりと伝わるのではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では恵方巻にしょう油をつけても大丈夫なのか?についてお伝えしてきました。

結論としては大丈夫なのですが、

一口で食べているときに醤油をつけようとしてもなかなか難しいですよね。

個人的には醤油をつけなくてもいい具材や最初から浸かっている「ヅケ」の

恵方巻を食べるのがいいと思います。

さて、今年はどんな恵方巻でどんなお願いごとをしましょうかね??

 

恵方巻を食べるときに黙って食べることは定番になっていますが、
なぜ黙って食べないといけないかご存じですか??
また、しゃべってしまったらどうなるのか気になりますよね!!
こちらの記事にまとめましたので、ご確認ください。
 ⇒恵方巻を食べるときに黙って食べないといけない理由・しゃべったらどうなる??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました