> お墓参りに行くときの服装ってカジュアルはNG?お墓参りのNG行動をチェック - 最新トレンドニュース速報

お墓参りに行くときの服装ってカジュアルはNG?お墓参りのNG行動をチェック

スポンサードリンク
 




 

お彼岸を迎えご先祖さまへのご挨拶へとお墓参りに行くことと思います。
一人で行くにしても、家族や親せきと一緒に行くにしても
行くときの服装ってどうしたらいいか悩みませんか??

今回の記事ではお墓参りに行くときの服装についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




墓参り 服装 カジュアル

お彼岸の季節になるとお墓参りに行くという方も多いと思われますが、
お墓参りに行くときの服装ってどうすればいいの?と疑問に思う方もおられるかもしれません。

法事と違って、お墓参りの場合は喪服やスーツなどまで
フォーマルな服装をする必要はありません。

普段の服装でいいのですが、故人へのご挨拶をするという点を考えると、
男女とおに落ち着いた色合いなどを選ぶといいでしょう。

カジュアルな服装でもいいのか?と思うかもしれません。

カジュアルがいけない、という絶対的なルールは存在しませんが、
やはり落ち着いた色合いがいいでしょう。

例えばグレーや黒、ネイビーなど濃色系を選んだり、
ジャケットを着るなども方法の一つです。

なお、小さなお子さんを連れてお墓参りに行くこともあると思われます。
お子さんの服装も普段通りでいいですが、
大人と同様に色合いは地味めの方がいいでしょう。

ただし、故人に大切なお知らせをしに行くとき(例えば結婚するなど)には、
カジュアルよりかは改まった服装で故人への気持ちを表すといいとみられます。

お墓参りに適した服装とは~大人の男性編

お彼岸の季節になるとお墓参りに行くという方も多いと思われます。

お墓参りの際にはどんな服装で行けばいいの?と思う方もおられるかもしれません。
今回はその中でも男性の場合について説明していきます。

まず、お墓参りは基本的には普段通りの服装でよいとされています。
法事などでは喪服、少なくともスーツが望ましいですが、

お墓参りはご先祖様への季節のご挨拶という説もありますので、
固い服装をする必要はありません。

とはいっても、華美なものや着崩しなどは避ける方がいいでしょう。
また、落ち着いた色合いの服装をする方がいいとされ、
例としては黒やグレー、茶色やベージュなどといったものとなります。
原色系は華美になりやすいので避けておく方が無難でしょう。

ただし、ご先祖様に大切な報告、
例えば結婚するとか就職するなどといった人生の大きな出来事を報告する際には、
できれば正装、少なくともジャケットを着るようにする方がいいとみられます。

お墓参りはご先祖様への感謝の気持ちを持ついい機会ですので、
服装も適したものを選ぶようにするといいでしょう。

お墓参りに適した服装とは~大人の女性編

全身を黒の服装で統一するお葬式と違い、
お墓参りはどんな服装が適しているのかと
悩んでいる女性もいるのではないでしょうか。

あまり派手な服装は場違いとわかっていても、
実際何を着たらいいのか悩んでしまいますよね。
今回はそんな悩める大人女性のために、
お墓参りに適した服装のポイントを3つご紹介させていただきます。

1.露出の多い服装は避ける
お葬式や法事の時のお墓参りでない限り、
普段着で行っても問題ないのがお墓参りです。
ただ普段着といっても、
オフショルダーやミニスカートなどの過度の露出が多い服装は
避けたほうが良いです。

2.フリルが目立つ服装は注意
女性の中にはフリルの付いた服装が好みで
つい買ってしまうという方も多いでしょう。
普段なら可愛く着こなせるフリルでも、
過度に広がっているデザインのフリルはお墓参りには注意が必要です。
お墓参りでは他にもお墓参りをしに来ているご家族とすれ違うこともあるので、
気に入ってる服装が場違いなどと思われてしまっては悲しいですよね。

3.アクセサリーは少なめがgood
洋服だけでなくお墓参りでは、
身に着けるアクセサリーも気を付けたいポイントです。
華奢なネックレスや指輪なら、ジャラジャラと音が鳴ることは少なく、
他の人に不快感を与える心配もありません。
お墓参りでは亡くなった方に向けて、
ご挨拶をする時間でもあるので
できる限り適した服装で静かに参拝するのがいいでしょう。

是非、これらのポイントを参考にしてお墓参りに向かいましょう。

お墓参りに適した服装とは~お子様編

お彼岸を迎えると家族でお墓参りをするという方も多いのではないでしょうか。
お墓参りの際に気になるのが、服装のマナーについて。
僕もですが、子供の服装について悩む方は多いですよね。
今回は、「お墓参りにおける子供の服装」についてお話していきたいと思います。

結論から言うと、お墓参りの服装に決まったルールはありません。
大人も子供も、普段通りのカジュアルな服装でOKです。
ただし、派手な色や柄は避けたほうが良いでしょう。

ただ、お墓には砂利が敷かれていたり、
階段を登る必要がある場合もあるため、歩きやすい靴がおすすめです。
日差しの強い日は、直射日光を防ぐために帽子もあると良いでしょう。
合掌する際には帽子を取るのがマナーです。

お子さんには「帽子を取っておばあちゃんに顔を見せてあげようね」
などと言って、促してあげると良いでしょう。

以上、お墓参りにおける子供の服装について説明しましたが、注意すべき点もあります。

それは、普段のお墓参りとは異なる法事・法要などの、
節目の日のお墓参りの場合です。

法事の場合、一般的には七回忌までは、
喪服もしくは準喪服を着るのがマナーとされています。

子供の場合はお通夜や葬儀・告別式と同じく、制服があれば制服を着用します。
制服がない場合は、インターネット通販や子供服のお店で
子供用の喪服を買うと良いでしょう。
靴下は白や黒、グレーなど、派手なものでなければOKです。

同様に靴も落ち着いた色合いのものにします。
スニーカーでも問題ありません。

今回は「お墓参りにおける子供の服装」についてお話しました。

最後になりますが、子供にとってお墓参りはご先祖様のことを知る貴重な機会です。
この記事が、家族でお墓参りする際の参考になれば嬉しいです。

お墓参りで避けるべきNGな服装

お墓参り、それは故人を偲ぶ、
遺族を思いやる大切な行為であることを念頭に置く必要があります。
そういった考えから、服装に関しても気を付けるべきだと考えます。

男性であっても女性であっても、
比較的フォーマルな印象を与える服装がいいでしょう。

敗れたジーパンや渡りの太いラフなパンツ、
オーバーサイズのTシャツやパーカーなどのルーズサイズな服装、
タンクトップやキャミソール、ミニスカートなどの露出の高い服装は避けるべきです。

また、激しい柄や攻撃的なイラスト、ペイントのある洋服もNGです。

仮にジャケットスタイルであったとしても、
赤や黄色といったビタミンカラーの洋服、
ピンクやオレンジなどの明るい色も場にそぐわないため控えるべきです。

最後に意外と忘れがちな靴ですが、
ラバーソールや厚底の靴、ピンヒール、鋲やチェーンなどの装飾のあるもの、
革靴でもロングノーズで先端がとがったものは控えた方がいいでしょう。

服装以外で気を付けるべき点

毎年三月は、春のお彼岸の時期です。
お墓参りをする時、うっかりしがちなポイントをまとめてみます。

『感謝を大切に。』
三月は、どうしても誰もが忙しい月になります。
ですが慌ただしい想いは、一度横に置いておきましょう。

もしも過去に、ご先祖様の誰かか一人でも生まれていなかったら、
今の貴方もここに居なかった…という場合もあります。

お墓参りは、「ありがとう」と感謝の想いが一番のお供えになります。
想いある祈りは、どんなお供えよりも故人達が喜ぶものです。
そして、貴方が笑顔で生きている事は、故人への一番の供養になります。

『お墓参りはいつ行く?』
墓参りについては、まずカレンダーを見てみましょう。
春の場合「春分の日」を中心に前後3日を合わせた7日間となります。

例:3月21日が春分の場合
彼岸入り …3月18日
彼岸(春分) …3月21日
彼岸明け …3月24日

この場合、3月18日から24日までの期間中が、春のお彼岸となります。
お墓参りは、最終日よりも前の日程で行きましょう。

また、故人の祥月命日や月命日が、この期間中に重なる場合は、
その日に合わせていくと良いかと思います。

例)3月19日に亡くなられた場合
祥月命日…毎年の3月19日(年に1回)
月命日 …毎月の19日 (年に12回)

『お墓参りは何時に行く?』
基本的に、明るいうちに行き、暗くなる前に帰りましょう。
できれば午前中のお参りが一番良いです。
午後からのお参りももちろん大丈夫ですがその場合は
夕方までに必ず帰るようにしましょう。

『お供えを色々用意できない時は?』
綺麗な水(紙コップも)・蝋燭・束のお線香、は最低限持って行きましょう。
この3つは、故人を祈るのに大切な物です。
「照らす灯・癒しの水と香り・煙で天を示す」という意味合いがあります。
持っていくと故人に喜ばれる、最小限の品です。

『風が強くて蝋燭の火が消えたり線香に火が付かない時』
蝋燭の火については、自然の摂理ですので無理をしないようにしましょう。
線香については、緊急としてジェット式ライターを使う方が多いようです。
事前に緊急用として用意する方々も多く、こうした際の応援となります。

お墓参りで準備するもの

三月は、春のお彼岸の季節ですね。
お墓参りに必要な品や持っていくと便利な品をまとめてみました。
地域で様々な風習が根付いている場合がありますので、
ご自身に合った情報の部分を、是非参考になさってください。

『想い』
一番大切なものです。
気持ちがこもったお参りは、例え簡素なお線香一本でも
その大切な想いが故人に届くと言われています。

日々のご報告と共に、貴方の「ありがとう」の想いを
どうぞ大切になさってください。

『雑巾、柔らかいスポンジ、軍手、柔らかいブラシ、ほうき、ゴミ袋』
お墓の掃除に必要となります。
墓石へ傷をつけないよう、雑巾や柔らかいスポンジを用意しましょう。
雑草を抜いたりもしますので、軍手があると便利です。

意外と盲点なのが、墓石に掘られた文字の部分です。
小さな苔などが生える事もあります。

傷をつけないよう、柔らかいブラシで優しく取り除きましょう。
細い場所にも届く形状のものだと便利です。

枯れ葉などを掃くのにほうきは必要です。
また、ゴミを入れる袋は必ず持参しましょう。

『お水を2種類・紙コップ』
まず、お供え用のお水です。
浄水(きれいな冷たいお水)を供えると故人が喜ぶと言われています。
お供えのコップに困る事も多いので、紙コップもお忘れなく。

墓地に水場がない場合は、掃除用の水も必要です。
自宅の水道水を、ペットボトル等に入れて持って行きます。

掃除の他に、掃除後の手を洗う等にも多少の量を使いますので、
2~3基程の掃除の時は、1.5リットルの水を3本程度用意すると便利です。

『束のお線香・数珠』(※仏式の場合)
仏式の場合は、お祈りの時に数珠を持参しましょう。
お墓はお寺の納骨堂とは違い、お線香を用意しているケースが少ないです。
束売りお線香を必ず持って行きます。
火をつけた後は、線香の火が消えるまでそこで過ごすのが一般的です。
急ぎの際は、火事にならない配慮が必要ですが、
決して水をかけないようにしましょう。

『ろうそく』
蝋燭は燈明となり、故人への大切なご供養となります。
その灯は、故人を照らして大切な光となります。
「火・水・煙」はご供養に欠かせないものとも言われています。
つけた後は、帰る時に必ず消してから帰りましょう。

『お花を一対』
どのお墓も、一対としてお供えするケースが多いです。
お花は一対分(束を二つ)用意しましょう。
花を添えると、故人が慰められその足元一面も花畑となる、と言われています。
仏花や故人が好きだった花(棘無し)をどうぞ。
また、故人の家の庭に咲いた花なども喜ばれます。

『御供物・半紙・持ち帰り用ジップロック』
食事をする事を、飲食(おんじき)とも呼びます。
果物(水菓子)、菓子、酒、ジュース、ご飯か団子物などを用意しましょう。
できるだけ故人の好きだった食物をお供えすると、とても喜ばれます。
お供えする際には、半紙を敷いてその上に置きましょう。
食べ物はその場へ置かず、持ち帰る事が基本となっています。

意外と知られていないのが、
その場で食べきれないお供え物を持ち帰るための「袋」です。
ジップロックがあると助かる場面も多いです。

『番外編・雪が降る地域の場合』
地域によっては、三月はまだ雪が残る季節です。
先祖のお墓が山奥にあるという方も多いですよね。

もし行かれる場合は、必ず複数で行き、
事前に、山の天気の変化を調べておくようにしましょう。

また、熊避けの対策として鈴と、雪かき用のスコップも必要になります。
どうしても難しい場合は、無理をしない事も方法の一つです。

お墓参りのマナー

自分の大切な人や、ご先祖様が眠るお墓。
お墓は言うなれば、故人が死後に休む家のようなものです。

誰かのお宅に訪問する時にマナーが必要なように、
お墓参りにもマナーが必要なのでしょうか。
今回はそんな、お墓参りのマナーについて解説します。

お坊さんを呼び、親戚が集まる法事などでは、
礼服や黒い服装で行くのがマナーです。

しかし通常のお墓参りには、服装に関する決まりは特にありません。
むしろお墓の掃除をする場合が多いので、動きやすい服装が良いでしょう。

次に持ち物です。
日本では古来から、亡くなった方は良い香りを食事の代わりにする、
という考え方がありました。

お墓や、仏壇にお線香が供えられるのも、そういった理由からです。
ですから、お墓参りの際は、お線香を持参しましょう。
お線香に火をつける、マッチやライターも忘れずに持っていきましょう。

最後は、お墓参りに行くタイミングです。
お墓参りは、故人に会いに行くことですから、特に決まりはありません。

何か嬉しいことがあった時など、報告を兼ねてお墓参りをすると良いでしょう。

お墓参りのマナーについて解説しました。

動きやすい服装で、お線香を忘れず、
故人に会いたくなったら、いつでもお墓参りに行ってあげてください。

まとめ

今回の記事ではお墓参りに行くときの服装やマナーについてお伝えしてきました。
お坊さんを呼んだりせずに家族だけで行くような場合には
特に気を遣うようなことはないでが、
最低限のマナーを守ってご先祖様にきちんと挨拶したいですね。

ご先祖様が生きていた時代のほうがマナーに厳しいような気がしますしね、、、

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました