> 春の七草って何のこと?意味や効果をしってステキな一年を過ごそう! - 最新トレンドニュース速報

春の七草って何のこと?意味や効果をしってステキな一年を過ごそう!

スポンサードリンク
 




 

春の七草ってご存じですか??

学生時代に名前を覚えたことあるでしょうが、細かい意味や効能などについては覚えていないのではないでしょうか??

結局、春の七草って何??って聞かれたときに漠然と答えるのではなく、ひとつひとつ丁寧に答えられるようにこの記事では春の七草について詳しくお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




春の七草って何??

みなさん、「春の七草」は知っていますか?

1月7日に食べる七草粥に使われる、7種類の野草のことを指しています。

この日に七草粥を食べることで1年の無病息災・五穀豊穣を祈るとされる風習がありますが、

現在では年末年始の豪華な食事で疲れた胃や身体をいたわるのにも効果的なものとなっております。

さて、ここからは春の七草を紹介していこうと思います。

普段の生活ではなかなか耳にしない名前の野草もあるかもしれませんが、

呼び方が違うだけでみなさんが普段から食しているものもあると思いますので見ていきましょう。

①セリ(芹)
セリは水辺で採れる山菜で香りがよく、七草粥以外にも、鍋やおひたしなどに使われています。

②ナズナ(薺)
ナズナは別名ぺんぺん草ともいい、冬の貴重な野菜です。
ビタミンKが豊富で、丈夫な骨を作るのに役立ちます。

③ゴギョウ・オギョウ(御形)
一般的にはゴギョウと呼ばれることが多いです。別名ハハコグサとも言います。
風邪予防に効果があります。

④ハコベラ(繁縷)
日本では古くから食用とされている野草で、ハコベやアサシラゲとも呼ばれます。
七草粥以外にも、おひたしなどに使われます。

⑤ホトケノザ(仏の座)
ホトケノザは別名タビラコとも呼ばれます。
食物繊維が豊富で、胃腸の働きを整えます。

⑥スズナ(菘)
スズナは、別名カブラ、カブラナと呼ばれ、カブのことを言います。
スズナも胃腸の働きを整え、消化を促進します。

⑦スズシロ(蘿蔔)
スズシロは、ダイコンのことを言い、消化不良や二日酔い、風邪の予防にも効果があります。

いかがでしたでしょうか。

スズナやスズシロは呼び方が違うだけで、なじみのある食材でしたね。

みなさんも1月7日は七草粥を食べて、1年を元気に過ごしましょう。

 

春の七草を食べる方法をまとめた記事もあります。

こちらからご確認ください。

 ⇒七草粥をお米から作る方法

 ⇒春の七草を七草粥以外の料理でいただく方法

春の七草の伝統 意味や由来を知ろう!!

1月7日は人日の節句という日本の伝統行事の日。

この日に春の七草のお粥(七草粥)を食べると、その年の一年間無事に過ごせるとされています。

どうして春の七草を食べるのか、その意味や由来を紹介します。

元々、春の七草を食べるという日本の行事は中国の風習に由来するそうです。

古代中国では節句という季節の節目に旬のものを食べることで栄養をつけ、

悪いことをはねのけるという考えがありました。

日本でも早春に芽を出した若菜を摘んで食べることで

大地の力を分けてもらって健康になる、若菜摘みという行事があったんです。

この2つが合体し、1月7日に七草粥を食べるという風習が出来上がったようです。

さらに七草には下記のように、それぞれ縁起のよい意味も込められています。

セリ(競り勝つ)
ナズナ(汚れを撫でとる)
ゴギョウ(仏様の身体)
ハコベラ(はびこるような繁栄を)
ホトケノザ(仏様がいる場所)
スズナ(神を呼ぶ鈴)
スズシロ(清廉潔白)

ちなみに最近では無病息災という本来の意味ではなく、

年末年始で食べ過ぎた胃腸を休めるために七草粥を食べる、という方も多いんだとか。

求める意味が変わっても春の七草がみんなの役に立つことに変わりはなさそうですね♪

春の七草 説明 園児向け

皆さんは春の七草という言葉を知っていますか?

お正月が終わった1月7日に、体をいたわりながらこれから1年間、健康で元気でいられますようにと願いを込めてお粥を食べる風習が日本にはあります。

このお粥の中に入っている七つの草のことを春の七草と言います。

春の七草は、食べられる野菜や野草たちばかりです。

どれも栄養がいっぱいで、体に良いと言われています。

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

覚えられたかな?
リズムよく声に出して言ってみると、楽しく簡単に覚えられます。これが七草の種類です。

セリは、競り勝つという意味があるので、縁起のいい食材とされています。お腹の調子も整えてくれます。
ナズナは、道端に生えているのをよく見かけますね。
でも、なでて汚れを取り除く、という意味がありとても縁起がいい植物なのです。
ゴギョウは、仏体を表す縁起物。風邪の予防にもなります。
ハコベラは、繁栄が広がるという意味があり、古くから薬草として使われていました。
ホトケノザは、仏様が座る場所という意味で縁起がよく、食物繊維がたくさん含まれています。
スズナは、神を呼ぶ鈴と言われ、身近に食べているカブもスズナの一種です。
スズシロは、汚れのない潔白を意味し、消化を助けてくれます。

このように、春の七草にはいろいろな意味が込められています。
ぜひ、みなさんも1月7日、無病息災を願い、食べてみてください。

まとめ

今回の記事では春の七草についてお伝えしてきました。

年の始めから縁起のいい食材+体にとてもいい食材を消化にいい料理で、一年間の無病息災を願いながらいただく素晴らしい風習です。

普段は野菜をあまり食べないという方もこの日だけは、

ぜひとも春の七草で健康になってみませんか???

 

春の七草を食べる方法をまとめた記事もあります。

こちらからご確認ください。

 ⇒七草粥をお米から作る方法

 ⇒春の七草を七草粥以外の料理でいただく方法

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました