> 節分の柊鰯の頭の飾り方を解説!飾り終わった後の処理の仕方も大事にしよう!! - 最新トレンドニュース速報

節分の柊鰯の頭の飾り方を解説!飾り終わった後の処理の仕方も大事にしよう!!

スポンサードリンク
 




 

節分に飾ると縁起のいいと云われる柊鰯。

僕の地元では柊鰯を飾る習慣がなく、

どうやって飾るといいのかわからなかったのでネットで調べました。

今回の記事では節分に飾る柊鰯の飾り方・飾った後の処理の仕方についてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




節分に飾る柊鰯の頭の飾り方

節分に行うと縁起のいい柊鰯の飾り方をお伝えします。

柊鰯は葉の付いた柊の枝に焼いた鰯の頭を刺して家の門や玄関先に飾ります。

鰯を一匹丸ごと焼かれた場合は身をほぐして頭だけをお使い下さい。

柊については特別な決まりなどは無さそうですが

葉の付いた柊の枝が使われる事が一般的です。

飾り方は紐のような物で結び付けたり

玄関先のポストに立て掛けたりと住居の様式によって様々な飾り方があります。

いつまで飾るのか、飾る期間について地域によって差があります。
1月16日から節分の日まで
節分の日のみ
節分の日から2月19日まで
節分の日から2月いっぱい
節分の日から1年間
など本当に地域によって様々です。

飾る時はご自身の住まいやご自宅の伝統などに習いながら飾ると良いと思います。

ちなみに私の住まいではマンションだったこともあり

自宅入り口の右上に節分の日から2月19日まで飾りました。

理由は実家で例年その時期まで飾っていたからです。

ご自身のこれまでの伝統に習うのも良いし

これから改めて飾り始めるのも良いかもしれません。

 

柊鰯を飾るのはいいとして、なぜ飾るかご存じですか??
柊鰯の由来や飾る理由などを分かりやすくお伝えしていますので
よかったらご確認ください。
 ⇒柊鰯ってなぜ飾っているの??柊鰯の由来・飾る理由を解説

柊鰯を飾ったあとどうする?

柊鰯を飾ったあとは地方によって風習が異なりますが

基本は節分の翌日に外して処分となりことが多いです。

今回は柊鰯の処分の仕方を4つご紹介します。

1.神社でお焚き上げをする

お焚き上げとは遺品や愛用品をはじめとした粗末に扱えない品物を
供養し焼いて天に返す宗教儀式です。
処分の仕方として一番良いとされています。
神社によってはお焚き上げを行っていないこともあるので確認が必要です。

2.自宅で燃やしてその灰を玄関に飾る

自宅で火を使えるスペースの確保や
近所に臭いの影響がでないよう配慮する必要があるのであまりおススメはできません。

3.玄関先に埋める
簡単で手間も掛かりませんが玄関先のためやはり臭いが問題になります。

4.塩で清めた後に半紙に包んですてる。
塩塩で清めるのが一番簡単で確実な方法になります。
個人で処分する場合はおススメです。

以上の4つが柊鰯の処分の仕方になります。

他にも1年中飾る、猫が食べるまで放置など調べると多くの習慣がありました。

最初にも書きましたが地方によって様々な方法があり厳密なマナーやルールはありません。

どう処分されるにしても柊鰯は

私たちを邪気(鬼)から守ってくれるものですから感謝を忘れずに捨てましょう。

節分の日の過ごし方とは?

子供がいる家庭の節分の日の過ごし方の一例をご紹介します。

1.子供と鬼のお面や豆を作ります。
すきな色の画用紙をつかって、鬼の顔や角を作ります。
目や口を書いたり制作したら、鬼の髪の毛を作ります。
綿をつかったり、小さい紙をくちゃくちゃにして貼っていきます。
紙や輪ゴムをつかってバンドをつくれば、すべてを貼って鬼が完成です!
豆は豆まきあそびをするときに家のなかで本当の豆を使うと踏んでしまったりして、
結構部屋が汚れるので小さい折り紙などをくちゃくちゃに小さくして豆のような形にします。
子供と一緒にオリジナルのお面を作ると豆まきも楽しいですよね!

2.恵方巻を作ります。
一般的な7つの具材を使った恵方巻ももちろんおいしいですが、
最近は子供が好きな具材をいれ作ったりします。
牛肉のしぐれ煮や、キンパ風、好きな海鮮などを巻いて
家族が好きそうな太巻きを何種類か作っています。
これも、こどもと一緒に巻いたりしても楽しいですね!

3.子供たちと一緒に家族みんなで豆まきをします。
本来はその家の家長が豆まきをするそうですが、
子供も一緒に楽しめるようにお父さんが鬼の役になり、
子供たちは自分でつくったお面を装着し、お父さんに豆を投げるあそびです。
このとき子供とつくった豆を使います。
それが終わると本当の豆まき!「鬼は外」「福は内」と家の中や外に豆まきをして厄払いし、福を呼びます。
厄払いしてスッキリした後、
恵方巻を喋らずに一本丸かじりして福を呼んだり、数え年の数の豆を食べます。

まとめ

今回の記事では柊鰯の飾り方・飾った後の処理の仕方についてお伝えしてきました。

飾る方法や期間には厳密はルールはなく

個人の家の伝統や地域の風習に倣うといいことが分かりました。

飾った後の処理についても雑な扱いにならないように気を付けたいです。

 

柊鰯を飾るのはいいとして、なぜ飾るかご存じですか??
柊鰯の由来や飾る理由などを分かりやすくお伝えしていますので
よかったらご確認ください。
 ⇒柊鰯ってなぜ飾っているの??柊鰯の由来・飾る理由を解説

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました