> 菱餅の5色の意味や由来 ひなあられとの意外な関係を発見!! - 最新トレンドニュース速報

菱餅の5色の意味や由来 ひなあられとの意外な関係を発見!!

スポンサードリンク
 




 

ひなまつりで定番の菱餅ですが、
よくよく見るとカラフルだし、形も菱形で変わった食べ物ですよね。

お雑煮に入れるお餅にも意味があったように、
ひなまつりの菱餅にも色や形に意味があります。
今回の記事では菱餅の意味やひなまつりとの関係についてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




菱餅 5 色 意味

ひなまつりではお馴染みの菱餅。
カラフルな菱餅は、雛飾りの中でも特に目を引く欠かせない存在です。
そんな菱餅ですが、どうしてあんなにカラフルなのでしょう。
菱餅の色の意味があるのをご存じですか?

菱餅は地域によって2色、3色、5色、7色と様々です。
元々、菱餅とは白と緑の2色でした。
それが、江戸時代になり桃色が加わって3色となり、
5色以上使われるようになったのは近年と云われています。

菱餅に使われている色は、元々魔物が嫌う色が選ばれたといわれています。
白には清浄や純潔。
緑は健康、長寿、厄除け。
桃は魔除けや、体の中から毒を出すという意味。
黄は月。
オレンジは太陽。
黄色やオレンジは、作物豊かに実るようにといった意味も込められています。

こうして見ると、普段何気なく見ていた菱餅も、
子供の健やかな成長を願う深い意味が込められていたことがわかりますね。

これからは菱餅を食べる時も色それぞれに意味があることを考えながら、
昔も今も変わらない親から子への愛情に思いを馳せて食べたいですね。

菱餅の色の順番や飾り方

おだいりさま・おひなさまと一緒に飾る、菱餅。
三色でかわいらしいですよね。

伝統行事に使われるものは
ひとつひとつに祈りや願いが込められているものですが、
さて、これにはどんな由来があるのでしょうか。

菱餅は上から順に、赤・白・緑のお餅を重ねます。

赤は桃の花、白は雪、緑は新緑を表しています。
桃の花には邪気をはらう力があるとされていて、
これは女の子の健やかな成長を願うものです。

色の順番にもきちんと意味があり、
ひな祭りの時期に雪(白)の下で新芽(緑)が出始め、
その上では桃の花(赤)が咲いている様子を表しています。

菱餅の原型は、中国から伝わった草餅(蓬餅)でした。
蓬は薬効が高いことから、厄除けのために使われました。
その後、江戸時代初期に白と緑の二色でできた菱形のお餅になり、
明治時代に現在の定番である三色餅になったそうです。

正式な七段飾りでは、
上から四段目に随身(ずいじん)と呼ばれる右大臣・左大臣とともに、
菱台に乗せた菱餅を中央に置きます。
菱台は、ふたつで一組です。

親王飾り(一段)や三段飾りでは、
男雛と女雛それぞれの前にひとつずつ菱餅を置きます。

今年はひな飾りを見かけたら、
ぜひ、ひな人形だけでなく菱餅にも注目してみてください。

菱餅がひし形である理由

ひな祭りに飾られるお菓子である菱餅。

菱餅がどうして、特徴的なひし形なのか。
その理由を解説していきます。

理由については古来から諸説がありますが、
有力なものの一つに、「菱の実」に由来するというものがあります。

菱は水草で、非常に繁殖力が強いことが特長です。
そして菱の実は、見事なひし形をしています。

実そのものも、トゲを持ち、そのトゲが邪気を寄せ付けない、
魔除けになるとされて珍重されてきたそうです。
繁殖力が強く、魔除けの力もある菱の実に似せたお菓子を食べることで、
娘さんだけでなく、家族みんなが末永く繁栄することを祈ったのかもしれませんね。

他の説には小笠原家の家紋をかたどったもの、
というユニークなものもあります。

小笠原家は室町時代に、儀式などでの礼儀作法を取り仕切るプロ集団であった家。
そんな小笠原家が、ひな祭りという儀式をプロデュースする際に
自分たちの家紋を菱餅に取り入れたという説です。

真偽のほどは、定かではありませんが
歴史のロマンを感じる説ではありますよね。

菱餅の形の理由について解説してきました。

菱の実に由来するという説、家紋に由来するという説など
諸説はありますが、それだけひな祭りが
日本人の歴史に深く根付いているという証拠かもしれません。

菱餅の食べ方

3月3日の桃の節句(ひな祭り)で飾られる、
お菓子の一つである菱餅。

桃・白・緑という三色が目にも鮮やかで、
ひな祭りの華やかな気分を盛り上げてくれますよね。

でも、飾った後の菱餅を、
どう食べていいのか迷った経験はないでしょうか。
今回は菱餅の食べ方について紹介します。

飾ったお餅を食べる、といえば鏡餅が有名です。
鏡餅には、「鏡開きまで食べてはいけない」や、
「お雑煮やお汁粉でいただく」など、決まりごとがあります。

しかし、同じく飾る菱餅には、そんな気遣いは要りません。
祝い事の飾り物に、刃物を入れても良いの?という疑問もあるかもしれませんが、
「角が取れる」とされるので、むしろ切って食べると良いでしょう。

食べ方も、通常のお餅と同じように、
美味しいと思う食べ方で、自由に食べてください。

食べやすいサイズにカットして、オーブントースターなどで焼いてもよし。
お雑煮にして食べれば、カラフルな色合いで目でも楽しめます。

菱餅の食べ方について紹介しました。
ひな祭りで飾った後は、通常のお餅と同じように美味しく食べてあげてくださいね。

菱餅の由来や起源

3月3日の、ひな祭りに飾って食べる、お菓子である菱餅。
でも、どうして菱餅を、ひな祭りに食べるようになったのでしょうか。
菱餅の由来や起源について、解説します。

菱餅の起源は、古代中国までさかのぼります。
古代の中国では、季節の変わり目である
3月3日に「上巳節」というイベントを行いました。

その上巳節の場で食べられたのが、菱の実を使ったお餅だったのです。

上巳節は日本で、ひな祭りに変化して定着しました。
それとともに、菱の実で作るお餅(菱餅)も食べられるようになったのです。

丸いお餅として、ひな祭りに食べられていた菱餅でしたが、
江戸時代になってやっと、今のひし形のお餅になったそうです。
ひし形になった由来は諸説ありますが、
繁殖の強い植物である、菱の実にあやかったというのが有力だとか。
菱餅の由来や起源について、解説しました。

古代中国のイベントを、起源に持つ菱餅。
大昔から、子供の成長と健康を願う親心は変わらない、ということかも知れません。

菱餅とひなあられの関係とは?

ひなまつりのお菓子と言えば、「菱餅」と「ひなあられ」が定番です。

一説によると、菱餅を砕いて携帯用にしたのが、ひなあられとされます。
元来、ひなまつり(ひな飾り)は、家の中に飾って祝う祭りです。
端午の節句のこいのぼりのように外から見えるようにするものではありません。

しかし、ひな飾りに外の景色を見せる趣向も始まりました。
もちろん女の子も一緒に出掛けるので、
その際のお出かけ用のお菓子に、ひなあられが創作されたと言われます。

ひなあられは、関東ではポン菓子のようにお米を炒ったものや
豆に色つきの砂糖でコーティングしたものです。
一般的な「あられ」のように醤油味や塩味が定番です。

現在ではアレンジされたものも多く、
チョコレートコーティングやマヨネーズ味なども混ざっています。
あられは、切り餅を切って乾燥させ揚げるか焼いたものです。

菱餅を砕いて作った説はかなり真実味があります。
とはいえ、地方によって作り方が異なるのは楽しいですね。

菱餅の色に理由があるように、ひなあられの色にもいわれがあります。
3色の時は、赤、白、緑です。
赤は命、白は雪の降った大地、緑は木々の芽吹きです。

4色の時は、四季を意味し、赤、白、緑に黄色を加え、
年間を通して無病息災と健やかな成長への願いが込められています。

ひなまつりには、菱餅もひなあられもどちらも欠かせません。
近くのスーパーマーケットでも様々なタイプが手に入りますので、
お供えに、パーティーに、彩を添えましょう。

他にも、地域限定のお菓子もありますので、ぜひ、楽しんでください。

まとめ

今回の記事ではひなまつりの定番の菱餅についておつたえしてきました。
先人たちは伝統行事に飾るものには、モノ・形・色どれにも意味を持たせていますね。
もちろん、今回の菱餅にもきちんと意味があります。
こういった先人たちの願いを知ると、ひなまつりの見方も変わってきますね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました