> 生誕100年 回顧展 石本正の駐車場&アクセス、開催情報のまとめ - 最新トレンドニュース速報

生誕100年 回顧展 石本正の駐車場&アクセス、開催情報のまとめ

スポンサードリンク
 




 

島根県浜田市出身の日本画家の石本正(いしだ しょう 1920-2015)の生誕100周年を迎えた記念として島根県立美術館にて回顧展を開催します。

回顧展とは芸術家の一生涯にわたって作られた作品たちの全体像を紹介する展覧会のことをいい、今回の回顧展は石田正にとって初の大回顧展になります。

今回の記事では石田正の生誕100周年を記念した回顧展が開催される島根県立美術館の駐車場やアクセス、開催情報のまとめをお伝えしていきたいと思います。

 

石田正は故郷の島根県を離れ京都に活動の場を移しました。戦後は創造美術に参加して舞子などの人物画や風景や鳥、花を描いていきました。人物画ではそれまでになかった体温や肌の質感を感じさせるような独特の画風が注目されていきました。

今回の回顧展では舞妓などの人物画や風景や鳥・花を題材とした作品約180点が展示されます。約180点の作品には浜田市立石正美術館の門外不出の作品や全国の代表作を集めた石田正の初の大回顧展になります。

記事中

スポンサードリンク




石本正の生誕100年 回顧展の駐車場について

石本正の生誕100年の回顧展は島根県立美術館で開催されますので島根県立美術館の駐車場の情報を調べました。

 

名称  :島根県立美術館駐車場

所在地 :島根県立美術館から見て向かいの高架下の先にあります。

駐車場から地下道を通ると島根県立美術館の正面入口に出られます

収容台数:230台

利用料金:入庫から3時間まで無料

3時間を超えると60分ごとに+100円

夜間22時から8時は500円

利用時間:開館日は8:00~21:30

休館日は8:00~18:00 出庫は24時間可能です

備考  :※お身体が不自由な方のための「思いやり駐車場」は、

美術館正面入口前ロータリー内にございます。

石本正の生誕100年 回顧展のアクセス

車(マイカー)で来館される場合

①高速道路 山陰自動車道 松江西ICを降りて北へ約5分

②米子方面から来館される場合
国道9号を東へ「袖師交差点」を左折してすぐ

③出雲方面から来館される場合
国道9号を西へ「嫁島町信号機」を右折し最初の信号を左折してください。
1km程北へ進み右折してすぐ

 

公共交通機関を利用する場合

最寄り駅はJR松江駅になります。

①JR松江駅から徒歩で約15分

②JR松江駅から松江市営バス「南循環線内回り」で移動時間約6分、県立美術館前バス停で下車してすぐ

 

石本正の生誕100年 回顧展の開催情報

名称   :生誕100年 回顧展 石本正

開催場所 :島根県立美術館

所在地  :島根県松江市袖師町1-5

開催期間 :2021年4月2日~5月24日

開催時間 :10:00~日没後30分(最終入場時間は日没までとなります)

休館日  :毎週火曜日 ※5月4日は開館します

お問合せ先:島根県立美術館 0852-55-4700

入館料金 :一般1000円 大学生600円 小中高生300円

 

石本正の生誕100年 回顧展の関連イベント企画

①スライドトーク

浜田市立石正美術館学芸員を講師に迎えて講義を受けられます
開催日時 :4月2日(金)11:00開始

4月11日(日)、24日(土)、5月15日(土)各日14:00開始

各回30分前に開場し講義は約60分になります
開催場所 :美術館ホール (95席)

ご利用は無料ですが当日先着順でのご案内になりますのでご注意ください

②美術館キネマ「ざくろの色」(DVD上映)

石本正が描く織物の図案はアルメニア文化から発想を得ているといわれています。

これら西欧近代とは違ったファッションの世界を楽しんでいただける映画です。

 

開催日時 :5月1日(土)  ①10:30開始 ②14:00開始

各回30分前に開場します。上映時間は73分
開催場所 :美術館ホール(95席)

上映作品 :美術館キネマ「ざくろの色」

鑑賞は無料でできますが、当日先着順でのご案内になります。

 

さいごに

今回は生誕100年 回顧展 石本正についてお伝えしてきました。

島根県が生んだ画家石本正の生涯の作品を観覧できる数少ない機会になります。

独特な画風で評価の高かった石田正の作品に触れていただきたいと思います。

関連イベントではドレスコードでのプレゼントが用意されているなど企画も充実しています。

ぜひたのしんでください。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました