> 確定申告をパソコンで行うときに必要なもの一覧 パソコンでするメリット知ってますか? - 最新トレンドニュース速報

確定申告をパソコンで行うときに必要なもの一覧 パソコンでするメリット知ってますか?

スポンサードリンク
 




 

今年も確定申告の準備をする時期になっていきました。

パソコンを使って確定申告ができるようになってから毎年便利になっていきますが、
パソコンで確定申告するときに必要なものを把握できていますか?

今回の記事ではパソコンで確定申告を行うときに必要なものをご紹介します。

記事中

スポンサードリンク




確定申告をパソコンで行うときに必要なもの

確定申告にパソコンを使用するときは、申告書類の作成、印刷、提出などです。
その際、必要なものを紹介します。
確定申告の書類作成は、印刷して郵送または持参する時もネットを利用して提出する時のどちらも必要です。

申告書類は準備しなくても、国税庁のサイトからダウンロードして使用可能です。
また、サイトの用紙に直接記入して、印刷も提出もできます。
パソコンで確定申告を直接提出する方法はe-Taxです。
この時、本人確認にマイナンバーカードが必要です。

マイナンバーカードを取得していない場合は、「ID・パスワード方式」を利用します。
しかし、この方式は事前に税務署窓口で手続きしなければなりません。

この方式はマイナンバーカード普及までの措置ですので、
できるだけマイナンバーカードを早めに取得しましょう。

年末調整を行ったサラリーマンの方は、
マイナンバーカードの他に勤務先の源泉徴収票、
還付金や納税に使用する金融機関の口座番号が必要なものです。

寄付金控除の時は寄附金受領証明書、
医療費控除を目指す時は医療費の明細書を準備します。

年末調整で社会保険料や生命保険控除、住宅ローン控除は行われているはずです。
もし、漏れがある時には申告しましょう。

副業収入や雑収入がある時は、それぞれの所得金額と経費がわかるものも必要です。
毎年行っている場合は、自宅からパソコンを利用すると簡単にできます。

しかし、確定申告が初めての場合や今回だけなど特別の事情がある方は、
税務署の申告書作成コーナーのパソコンを使用する方法がおすすめです。
わからないところを担当者に質問しながら、適正な納税額を算出できます。

確定申告に必要なものを準備してから、申告手続きを行いましょう。
申告期限に間に合うように、早めの準備がおすすめです。

今回ご紹介した必要なものの一覧です。
全部必要ではないかもしれませんのでご確認お願いします。

・申告書類
・マイナンバーカード
・勤務先の源泉徴収票(年末調整を行った方のみ)
・納税に使用する金融機関の口座番号年末調整を行った方のみ)
・寄附金受領証明書
・医療費の明細書
・所得金額と経費がわかるもの

パソコンで作成した確定申告書を郵送・持参する方法

パソコンで作成した確定申告書は、e-Taxでの提出も可能です。
しかし、不慣れな場合は送信ミスや本当に提出できたか不安に感じることもあります。
今回は、郵送や税務署に持参する方法をお伝えします。

パソコンで確定申告書を作成後、提出用と控え用の両方をプリントアウトします。
できればカラープリンタを使用すると、
提出用はカラー、控え用はモノクロになり、見分けが簡単です。

提出には封筒が必要です。
確定申告書のA4サイズを折らずに入れられる角2号が適しています。

郵便料金は定型外です。
料金がわからないときは郵便局の窓口へ行きましょう。

郵送で注意したいのは提出日です。
申告期限内の消印があれば認められます。
収集時間を確認して必ず間に合うように投函しましょう。

また、料金はかかりますが、
追跡調査が可能な簡易書留か書留、レターパックライト(青色)がおすすめです。
提出先は郵送も持参も提出時の住所を所轄する税務署です。

国税庁のサイトから確認できますので名称と郵便番号を控えておきましょう。
税務署は、住所を書かなくても届く郵便番号です。
安心してください。

念のため、表面左側に「所得税確定申告書在中」と記載すると、
トラブル回避に役立ちます。

持参する場合も封筒に入れます。
税務署によっては、
休日の受付や外部に確定申告会場を設営することもありますので、
サイトで場所を確認しておきましょう。

庁舎とどちらを選択しても、
提出だけなら提出ポスト(収受箱)に投函するだけです。

窓口は手続きが必要な場合だけですので、
作成済みであれば行く用事はありません。

平日の通常業務の時間内に行けない場合は、
税務署の時間外収受箱へ提出可能です。

確定申告書は提出しなければ意味がありません。
必ず期限内に郵送または税務署の窓口に提出しましょう。

e-Taxを使って確定申告を行うメリット

この時期になってくるとよく聞くのが「確定申告」ですよね。
事業をされてる方なら一度は必ず耳にしたことがあるのではないでしょうか?
今回はe-Taxを利用した確定申告のメリットについてお話していきます。

確定申告って税務署に行って書類をたくさん書いて・・・
っていうイメージをお持ちの方もいると思います。

しかし、今はe-taxという電子申告で提出される方が非常に多いです。

というのもこのe-taxはわざわざ税務署に行かなくても
お家のPCから書類が作れて24時間いつでも申請が可能なんです。
ここ、大きいですよね。

そして、確定申告を紙で提出した場合、
かかった経費のレシートやら病院の領収書やらとやたら必要なものが多いのですが
e-taxはそれも不要です。
申請の時に不要というだけなので、ちゃんと保管はしときましょうね!

さらに青色申告で申請された方は控除額が10万円UP。
なんだこれ!スゲー!!って思いますよね。

これは国も電子申告を推奨してることからなんですね。

最後にもうひとつ、e-taxを利用して申請された方は
紙で申請された方よりも還付が速いという特徴があります。

紙だと1ヶ月くらいかかるのが
e-taxの場合は3週間前後で還付されたという声が多数あります。

今まで紙でしか確定申告をしたことがないという方は
ぜひ、e-taxを利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事では確定申告をパソコンで行うときに必要なものをお伝えしてきました。
昔は確定申告を行う会場まで行って大行列の中順番待ちをしたものでしたが、
今ではネットで24時間いつでも作成・提出できてとても便利になりました。

この便利さの恩恵を最大限に受けるために必要なものをキチンと把握することは必須です。
この記事が少しでも参考になってくれるとうれしいです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました