> 歓迎会のお礼はどんな方法がいいの??お礼のタイミングや伝え方 - 最新トレンドニュース速報

歓迎会のお礼はどんな方法がいいの??お礼のタイミングや伝え方

スポンサードリンク
 




 

新しい環境に入ると歓迎会をしてもらうことがあると思います。
歓迎する側であれば気にならないですが、
歓迎してもらう側になるとどんな形でお礼をすればいいのか気になるものです。

今回の記事では歓迎会のお礼にはどんな方法があって、
いつすればいいのかをお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




歓迎会のお礼にはどんな方法があるの??

4月になると新入社員が入社したり人事異動で人員が変わったりなど
新体制になることが多いですよね。
それに伴って歓迎会や歓送迎会などが行われることも多いとみられます。

特に、新入社員や人事異動で新たに職場に入った人は
歓迎される立場になるので、
その後にどうやってお礼をすればいいのだろう?などと
方法に迷うこともあるかもしれませんね。

小さい職場で全員と顔を合わせられるのであれば、
歓迎会の翌日に、または休日前に歓迎会が行われた場合は
翌営業日に口頭でお礼を言えば十分です。

しかし大きな企業であったり拠点が複数あって顔を合わせられない場合もありますね。
その場合はメールでお礼をするというのも方法の一つです。

メールでのお礼も翌日または翌営業日に、
できれば午前中にしておく方がいいでしょう。

メールには感謝の言葉、歓迎会で楽しかったこと、
今後の意気込みあたりを交えて長すぎないようにするのがいいでしょう。

お礼を欠かさないことによって、
その後の仕事でのコミュニケーションにも好影響があると考えられますので、
何らかの形でお礼をしておきましょう。

直接お伝えする・すぐに会えない場合にはメールでお伝えするといいです。

歓迎会のお礼はどのタイミングかいいの?歓迎会の翌日の過ごし方

4月と言えば入学・入社・異動の時期ですね。
特に社会人の方にとって異動・入社後に行われる歓迎会は
楽しく嬉しいものでありながらも
緊張したりマナーが気になる場面も多いものではないでしょうか。

さて、歓迎会の翌日に歓迎会に
参加してくれた人に対してお礼をして回るべきか
悩む新入社員の方も少なくないでしょう。

結論から言うと、
歓迎会の翌日は午前中の早い時間のうちに
参加してくれた方たちにお礼の一言を言って回るのが良いでしょう。

お礼をするのは明文化されたルールというわけではありませんが、
職場には様々な年齢層・考え方の人たちがいるので、
お礼をしないことによって非常識と取られてしまうことがあるかもしれません。

お礼をしなかったことを悪くとられることはあっても
お礼をしたことを悪くとられることはないでしょう。

またお礼に席まで伺うことによって、
歓迎会では席が離れていた等の理由で
話す機会が持てなかった人とも会話をするきっかけになります。

ただしお礼に伺う場合には業務に支障が出ることがないよう
時間やタイミングに気を付けることが大切です。

歓迎会のお礼をメールで送るのはいつがどう送るといいの??

年度の終わりや終わりの時期には
新入社員がいたり人事異動があったりなどで
歓迎会・送迎会が行われることが多いと思われます。

もし、自分が歓迎される立場になり、い
わば歓迎会に招待された場合、
そのお礼をするのにどうすればいいの?と疑問に思うこともあるかもしれませんね。

小さな会社で全員が同じ職場にいるのであれば
口頭で「先日はありがとうございました」などとお礼を言えばいいでしょう。

けれど、それなりの規模になってきて
部署が色々あったり事業場が色んな場所にあって直接会うことができない場合は
メールでお礼をするのも一つの手段です。

では、そのお礼のメールをいつ送ればいいのでしょうか。

ポイントとしては「できるだけ早く送る」というなります。
歓迎会が終わって帰宅してすぐに送るのも一つの方法ではありますが、
深夜に及んでいると相手にも迷惑がかかってしまう可能性もあるります。

また、自分自身も夜中まで起きていることで体調を崩してしまってもいけません。
ですので翌朝、少なくとも翌日の午前中には送る方がいいでしょう。

なお、メールの内容は端的ながらも挨拶、お礼(感謝の言葉)、歓迎会の印象、
今後の意気込みなどを交えることによって印象が良くなりやすいです。

ただし、長々としたメールになると
読みにくいだけでなく相手の時間を奪うことにもなるので、
「できるだけ早く送って、内容は端的かつ言うべきことを書く」
とするといいでしょう。

まとめ

今回の記事では歓迎会のお礼の方法やタイミングについてお伝えしてきました。
慣れない環境の中、お礼にいうことにも緊張してしまいます。
歓迎会に来てくれた方たちは時間もお金も使って参加してくれています。

これからの人間関係を悪いものにしないためにもひと言でいいのでお礼をしておきたいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました