> 会社の歓迎会に行きたくないときの断り方。歓送迎会なんてムダ?あなたはどっち派?? - 最新トレンドニュース速報

会社の歓迎会に行きたくないときの断り方。歓送迎会なんてムダ?あなたはどっち派??

スポンサードリンク
 




 

会社に新入社員や中途などで新しく人が入ってくると
上司からの発案で「歓迎会やろうか?」という雰囲気になりますよね。
仲間内だけで歓迎会をするのはたのしいけど、
会社の上司が来ると行きたくないと思う方も多いと思います。

今回の記事では会社の歓迎会でどんな風に断ったり、
どう思っているかをお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




会社の歓迎会なんて行きたくない!!

4月になると入社時期でもあり、
また人事異動で新体制になることも多いですよね。
それに伴って歓迎会・歓送迎会が行われることも多いかと思われます。

しかし歓迎される立場でも、歓迎する立場でも
「行きたくないなぁ…」と思う方もおられることでしょう。

確かに、歓迎会などでなくても
飲み会や食事会が苦手な方もいるでしょうから、
そのように思う人がいても不自然ではありません。

では、歓迎会に行きたくない場合はどうすればいいでしょうか。

まず「歓迎される立場」であれば、
「お気持ちはありがたいですが、
家庭の都合でどうしても時間を取ることが難しいです」などと、
感謝を現わしつつものっぴきならない理由を述べることが方法の一つのなります。

一方、「歓迎する立場」であれば、
「歓迎したい気持ちはあるのですが、
家庭の都合でどうしても時間を取ることが難しいです」などと、
歓迎の意を表しつつ仕方ない理由を言うのが方法の一つでしょう。

または、簡単な贈り物をすることで出席できないが
歓迎の意を表すのも一つの手段です。

歓迎会は業務外ですので本来は強制されるものではなく個人の自由です。

しかし関係性を円滑にするためにも、
たとえ行きたくなくて断るにしても失礼のないように心がける必要はあるでしょう。

会社お歓迎会の角が立たない断り方

4月になると新入社員がいたり人事異動などで新体制になり、
それに伴って歓迎会・歓送迎会が行われることも多いですね。

一方で「歓迎会には行きたくないなぁ…」と思ったり、
実際に用事等があって行くことできないので断りたいけれど、
どう断ればいいのだろう?と迷ったり悩んだりする方もいることと思われます。

まず、歓迎会は基本的には業務外のことですし義務ではありません。
よって、行きたくなければ断る権利もあるということで
断ることに後ろめたさを感じる必要はないと思われます。

とはいえ、単にきっぱりと断るだけでは心象が良くありません。

そんなときは「誠に申し訳ございませんが、
その日は家族の用事があってどうしても時間を取ることができません」などと、
詫びの言葉とともにのっぴきならない理由を添えるといいでしょう。

本当は行きたいけれど実際に用事がある場合でも同様です。
用事の内容は具体的に言うよりも、
のっぴきならない具合を伝える方が無難でしょう。

欠席する代わりに、歓迎する人(新たに入ってくる人など)には
簡単な贈り物を渡すことなどで代替することで、
「歓迎会には行けないけれど、あなたのことを歓迎していますよ」
という気持ちを示すのも一つの方法でしょう。

歓迎会の送別会なんていらない!?

春は出会い、別れの季節です。
学校、会社に新しく入って来る人達や卒業、旅立つ人たちが多いと思います。

そんな中、歓迎会や送別会が多く開催されるのではないでしょうか。
コロナ禍でその数は減ったとはいえ、
コロナの前は当たり前のように行っていたと思います。

この歓迎会と送別会、昔からやるのが当たり前の風習ですが、
平成の終わりごろから断る人が多いというニュースをよく見かけました。

特に若い人はその傾向が強く、
自分のプライベート時間を大切にしたいので
付き合いで飲みに行くことに消極的だと言います。

ただの飲み会ならまだしも、
歓迎会送別会という主役がいる会は断りづらい、
本音は行きたくないという人も多いようです。

実はこの意見、個人的には賛成です。
以前勤めていた会社は人の入れ替わりが激しく
年中歓迎会、送別会を行っていました。

その都度店を探す、出席者を確認する、
送別会の場合は贈り物をする、誰が幹事をする。

申し訳ないですが、これ、非常に手間で時間ばかり取られます。
コミュニケーションをとるのは飲み会やわざわざ会をやらなくてもできるし、
何かにつけて飲み会という流れが好きではありません。

ちょっと良い店の食事会、という選択肢がないんですよね。
お酒が飲めない事と、
周囲が武勇伝ばかり話して主役が置いてけぼりになりがちなこと、
いつ終わるのかわからずダラダラ続いて夜遅くになるので
こういう会は本当に窮屈に感じます。

飲み会でこそ仲良くなれる人もいるのでしょうが、
すべての人がそうというわけでもないので、
「付き合ってあげている」という人がいるのをお忘れなく、
と少し冷めた考えがあります。

コロナ禍で飲み会、歓迎会が行われないことは本当に助かりました。

実は、コロナ禍で転職したので
自分の歓迎会をしていないまま1年過ぎました。

しかし問題なく周囲と打ち解けていますし
「飲み会なくて物足りない」など言う人はいません。

行きたいのは言い出しっぺの一人か二人なんだなと、
やらなくてもまったく問題ないのだなと改めて思いました。

飲み会や〇〇会をやる方は、
とにかく大人数を確保する事に躍起にならず本当に参加したい人だけ、
断りづらい雰囲気にせず有志だけの集まりができるようにするのも、
今時のマナーではないかと思います。

大々的な送別会がなくても、心を込めた贈り物をすれば相手には通じるものです。

まとめ

今回の記事では会社の歓迎会についてお伝えしてきました。
あなたはどうしますか??

イヤイヤでも参加するのか、キッパリと断るのか、
勤めている会社の雰囲気にもよりますが、
あなたの気持ちに少しでも寄り添っていたならうれしいです。

 

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました