> かすみ草だけの花束に込められた意味とは?育て方や楽しみ方も解説 - 最新トレンドニュース速報

かすみ草だけの花束に込められた意味とは?育て方や楽しみ方も解説

スポンサードリンク
 




 

以前はサブキャラ的な立ち位置だったかすみ草ですが、
今ではメインとしてかすみ草だけで人気が高まっています!!
さてそうなると、かすみ草だけを贈るときにどんな意味を持つかということが気になってきます。

今回の記事ではかすみ草だけの花束にはどんな意味が込められているのかをお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




かすみ草だけの花束に込められた意味とはどんなもの??

かすみ草だけの花束もずいぶん見かけるようになりました。
以前は、他の花の引き立て役が定番でしたが、主役としても人気です。

かすみ草の花言葉は、「感謝」や「幸福」とされます。

他にも、色によって異なる花言葉もあり、
白色は「無邪気」「清らかな心」、
ピンクが「感激」「切なる願い」
水色には「誠実さ」
など、共通の花言葉とは別の意味もあります。

本来の花言葉に色のイメージを重ねたものです。
花束には、相手への想いを託す意味もあります。

そこで、感謝の気持ちを伝えたい時に贈りましょう。

年上の方や同年代など相手の年齢も選ばないので、
送別会や謝恩会、結婚式などどんなシーンにもピッタリです。

ただし、引き立て役・添え物のイメージを持っている
年配の方には贈らないようにしましょう。

ちょっぴり物足りなさを感じてしまうこともあるからです。

また、お葬式のアレンジメントにも使うため、嫌う方もいます。
そこで、退職慰労には避けたほうが無難です。

かすみ草と言っても、種類もたくさんあります。
色の違いによる花言葉の意味も考えながら、
かすみ草だけの花束を贈りましょう。

かすみ草の室内での育て方 枯らさないために注意点を把握しよう

バラの花束やユリの花束。
メインの大きく色鮮やかな花達を引き立ててくれるかすみ草。

主役の花達の背景になってしまうことも多いかすみ草ですが、
単体でもとてもかわいいお花です。

メインの花達が萎れてしまっても長く元気でいてくれるのも嬉しいです。
それなのに、いつの間にか水分が抜けてドライフラワー状態に!
これはこれで綺麗なのですが、できる限り長く瑞々しい状態お部屋を飾ってほしい。

そこで、室内でかすみ草を育ててみることにしました。
かすみ草は種から育てる方法もありますがが、
すぐにお花を楽しみたかったので、鉢植えを選びました。

お花を置いただけで一気に華やかになる空間!ですが、
室内で鉢植えを育てる場合は置場所が重要になります。

かすみ草は日なた&風通しの良い場所で育てる必要があります。
出窓などに置くのがよさそうですね。

あとは水やり。
土の表面が乾いてきたら水をたっぷりあげるのですが、
乾燥には強いので、与え過ぎてしまうことの方に注意が必要です。

これで長くかすみ草を楽しむことができるでしょう。
切り花だけでなく、鉢植えや屋外で育てることもできるかすみ草。
色々と自分にあったかすみ草を楽しんでください!!

かすみ草を植える時期はいつなの??

かすみ草はナデシコ科ギプソフィラ属の植物です。
かすみ草は種まきと挿し芽で増やすことができます。

種まきは春の場合、2月から3月ごろの気温20度ぐらいに行います。
秋の場合は9月から10月ごろに行います。

鉢植えなどにバーミキュライトの用土を入れて、
4,5粒ずつ、3センチくらい間隔をあけてまきます。

発芽したら健康な芽だけを残して間引きます。

植え付けは、春の場合は2月から3月、秋の場合10月から11月ごろに行います。

かすみ草は寒さには強いですが、暑さには弱いです。
高温多湿は好みません。
日当たり、風通しの良い場所で、水はけの良い土壌が適しています。

挿し芽は3月終盤から5月中旬、もしくは9月から10月までに行います。
新芽の先3センチから5センチくらい切り、
バーミキュライトの用土を入れた挿し床に新芽を挿し込みます。

5月から7月の小さな花が咲きます。
花の色は白、ピンクです。

かすみ草の押し花の作り方 簡単作業できれいな押し花が作れます

お花を使ってきれいな押し花をカンタンに作れたら、
きっと少し楽しいですよね。
そんな想いは、カンタンに叶えられること、ご存知ですか?

かすみ草は、押し花にするには最適なお花で、難易度も高くはありません。

そもそも、押し花に向いているお花は、
①花びらが薄くて水分の少ないもの
②花びら同士が重なっていないもの
③花びらが小さなもの
なのです。

こういったお花は、押し花にする際に扱いが非常にカンタンです。

まず、好みのかすみ草を選んで摘んできます。
そうしたら、その花をティッシュペーパーに挟みます。

そのあとはそのまま新聞紙に挟んで、
本などに挟む、上から重めのものを乗せるだけでいいのです。

重さは5キロ程度あればOKです。
乾燥までに約4日程度必要になります。

花を摘み、ティッシュに挟み、新聞に挟み、
重いもので重しをする、4日間放置する、
たったこれだけできれいな押し花になるのです。

カンタンですね。これでしたら、お子さま一人でもできますね。

かすみ草のタトゥーの意味

ひそかにかすみ草ブームが起こっているのを知っていますか?

結婚式のブーケなどでも
かすみ草だけを使ったブーケなどが人気を集めているようです。

そんなかわいいかすみ草を身体の一部に入れちゃう人も続出しています。
今回はかすみ草のタトゥーについてご紹介しますね!

さて、花のタトゥーを入れる人は多くの人が
「花言葉」を元にしていれてることがわかりました。

かすみ草の花言葉は「幸福」「感謝」「無邪気」「清らかな心」
といったポジティブで素朴なものです。

海外では「ベイビーブレス」と呼ばれています。
これは「赤ちゃん(愛しい人)の吐息」という意味です。

なんて素敵なんでしょう!
また、かすみ草は邪念を取り払ってくれて
人間関係を良好にする花とも言われています。
だからお祝い事でも人気のお花なんですね♪

ワンポイントのデザインとしても可愛い
かすみ草がタトゥー業界でも人気なのも納得ですね!
足首やうなじからチラッと見えるのが可愛いですね♪

まとめ

今回の記事ではかすみ草だけの花束を贈るときにどんな意味を持つのか?をお伝えしてきました。
花の色によっても意味が変わってきますので注意が必要です。
また、昔のかすみ草のイメージを持っているような年配の方に贈るときにも注意が必要です。

先入観なくみるとかわいらしい花をつけるので、
部屋に飾るとパッと華やかさが増しますね。
ぜひ、かすみ草を育ててみてください。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました