> 甲子園のブラスバンドの定番曲 音楽でパワーを!吹奏楽からアニソン・平成の名曲まで - 最新トレンドニュース速報

甲子園のブラスバンドの定番曲 音楽でパワーを!吹奏楽からアニソン・平成の名曲まで

スポンサードリンク
 




 

甲子園では高校球児を応援することもありますが、
応援席にいる応援団や球児たちのチカラを後押しするブラスバンドにも注目が集まりますね。

今回の記事ではこのブラスバンドにはどんな定番曲があるのを調べてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




甲子園のブラスバンドの定番曲

3月といえば春のセンバツ、甲子園ですね!

球児たちが白球を追って面目躍如する姿は感動的で
私たちに勇気を与えてくれるように思います。

甲子園ではブラスバンド(吹奏楽)での応援が名物になり、
最近では各学校のオリジナル曲があったり、
工夫を凝らしたアレンジをしたり、
「美爆音」と呼ばれるようなサウンドを響かせるなど注目が集まっています。

そんなブラスバンドの定番にも色々ありますが、
なんといっても、ヒットを打ったときに流れる
「ファンファーレ」はかなりの学校で用いられています。

これの起源はあの名門・天理高校のオリジナル曲で、
天理高校では古くから野球の応援で用いられたことが他の学校にも受け継がれた、
全国的に伝統的な曲になっています。

ほかにも定番曲は挙げきれないほど多々ありますが、
その起源が伝統校、
例えば早稲田や慶応をはじめとする六大学野球が起源になっているものもあります。
ちなみに甲子園のブラスバンド演奏で使われる曲を集めたCDも発売されています。

それくらい、ブラスバンド応援が多くの人々に親しまれているのですね。

 

甲子園の定番曲もステキですが、
今時の世代の子達にも、その世代にマッチした曲でテンションあがるものです。
2022年ではどんな曲がテーマソングになるのでしょうか?

過去を振り返りテーマソングについてお伝えしています。
ぜひご確認ください!!
 ⇒甲子園のテーマソング 昭和の曲が令和の球児にチカラをくれる!

甲子園のブラスバンドの定番曲~吹奏楽界でも有名な曲

甲子園といえば試合はもちろんのこと、
アルプススタンドでのブラスバンド(吹奏楽)の応援演奏も注目が集まっていますね。

応援演奏には色んな曲が使われており、
既存の曲で選手一人ひとりに好きな曲を聞き取って演奏する場合もありますし、
学校オリジナルの曲を演奏することもあります。

そんな中で、元々吹奏楽界でよく演奏されていた曲が
甲子園で演奏されて有名になった曲もあります。

一つは「アフリカン・シンフォニー」。
元々はヴァン・マッコイという作曲家が作った楽曲ですが、

智辯学園和歌山高校が応援演奏に使ったことで全国的に有名になりました。

ほかには「エルクンバンチェロ」。
吹奏楽ではラテンの打楽器を多用して
激しく盛り上がる曲としてコンサートなどでもよく演奏される楽曲です。
甲子園でもそのスリリングな雰囲気が好まれて
色んな学校が演奏するようになっています。

さらに「サンバ・デ・ジャネイロ」
タイトルどおりサンバのリズムで盛り上がる曲で
「エルクンバンチェロ」と同様、コンサートなどでもよく演奏されています。
甲子園ではテンポを速くして、更に打楽器を多く使って演奏する様子がみられます。

ほかにも色んな楽曲が使われていますが、
応援演奏が試合をドラマティックに演出しているようにもみられますので、
甲子園の試合を見るときにはブラスバンドの演奏にも注目してみると楽しさが増すことでしょう。

甲子園のブラスバンドの定番曲~アニメソングの名曲

高校球児の目標する場所「甲子園」
応援歌にも各校のカラーが出ます。

そんな応援歌ですが、
実はアニメソングも結構多く使われているのですが、ご存知ですか?

野球漫画の定番であるタッチの主題歌も盛り上がりますが、
老若男女ほぼ全世代が知っている、と言っても過言ではない応援歌、
それがドラゴンボールの主題歌である「魔訶不思議アドベンチャー!」です。

応援メッセージというよりは、
その曲自体が、
「男の子の冒険心や挑戦欲を掻き立てる」
「子供のころのワクワクを思い出して、強くなったような気持ちになれる」
そんな応援歌です。

私の通っていた高校では、
どんどん勝ち上がっていく悟空の「オラ、もっと強い奴と戦いてぇ」という姿に、
わが校の連戦連勝をなぞらえてこの曲を使用したこともありました。

応援歌の盛り上がりと、学校の実力は比例しないので、
わが校はあえなくベスト8で敗退ですが、
この曲を演奏したときは、なんとなく球場全体が一体になったような感じがしました。

甲子園のブラスバンドの定番曲~平成の名曲

高校野球・甲子園は、ブラスバンド部とっても大きなイベントです!
ブラスバンド部の演奏する応援曲は、
選手たちや会場のボルテージを上げる大事な役割を持っています。

近年は、智弁和歌山の応援や、
千葉の習志野高校の応援などが注目されていますね!

応援曲には、タッチなどのど定番曲もありますが、
近年人気の、平成の名曲の中からご紹介します!

○紅/ X JAPAN
必ずと言っていいほど演奏され、とても人気のこの曲。
替え歌や合いの手の大合唱が最大の魅力です!

○夏祭り/ ジッタリンジン・Whiteberry
現役高校生にとっては、Whiteberryバージョンが知れ渡っているかと思いますが、こちらも人気ですね!
夏の曲ということで、熱い甲子園にぴったりです。

○さくらんぼ/ 大塚愛
こちらも文句無しの人気曲ですね!
キャッチーなメロディーと軽快なテンポで、高校野球を更に盛り上げてくれます。

○サニーデイサンデー/センチメンタルバス
野球をテーマにした、明るくポップな、高校野球の応援曲にもってこいの名曲です!

平成の名曲の中から、甲子園の応援人気曲をご紹介しました!
選手たちや、応援するスタンドの皆さんにも元気を与えてくれる名曲たちばかりですね。
長く親しまれている名曲や、最近の曲にも注目です!

まとめ

今回の記事では甲子園のブラスバンドの定番曲についてお伝えしてきました。

白球を追う球児たちに音楽でチカラを与えるそんな曲をご紹介してきました。
球児の応援はもちろんのこと、
球児たちにチカラを与える応援団やブラスバンドにも注目していきたいですね。

 

甲子園の定番曲もステキですが、
今時の世代の子達にも、その世代にマッチした曲でテンションあがるものです。
2022年ではどんな曲がテーマソングになるのでしょうか?

過去を振り返りテーマソングについてお伝えしています。
ぜひご確認ください!!
 ⇒甲子園のテーマソング 昭和の曲が令和の球児にチカラをくれる!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました