> 甲子園のテーマソング2022 昭和の曲が令和の球児にチカラをくれる! - 最新トレンドニュース速報

甲子園のテーマソング2022 昭和の曲が令和の球児にチカラをくれる!

スポンサードリンク
 




 

甲子園での主役はもちろん高校球児ですが、
その他にも応援団やブラスバンドによる演奏も注目の的になっています。
今回の記事ではそんな高校球児のチカラを後押しするような
テーマソングについてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




甲子園のテーマソング2022 

私は、高校野球を観るのが大好きで、
何年か前に甲子園に行ったこともあります。

実際に行ったときに聞いたブラスバンドのテーマソングは
テレビでは比べ物にならないくらい迫力がありました。

私が好きなテーマソングは今は出場していませんが、
PL学園のコンバットマーチが大好きです。
静岡県代表と対戦するときは複雑な心境ですが、
そのほかの県と対戦するときはいつもPL学園を応援していました。

コンバットマーチを聞きたかったからです。

ですが最近は大阪桐蔭が代表になることがほとんどで、
大阪桐蔭のブラスバンドのテーマソングも上手だと思いますが、
やはり、PL学園にいつか出場して
再びコンバットマーチを聞ける日が来ると良いなと思っています。

今好きなテーマソングは、
最近アニメでダイヤのAと言う人気野球アニメの中に
4番バッターがバッターボックスに立つと、応援演歌がながれてきます。

それが今人気のテーマソングで各出場校がテーマソングとして使っています。
私も好きです。

また、その学校特有のテーマソングが流れてくることを期待して
高校野球をTV観戦したいと思います。

 

最新のテーマソングも選手に素晴らしいパワーを与えてくれます。
しかし、昔から演奏されるような定番の曲もまたしかりです。

次の記事では甲子園の定番曲についてお伝えしています。
ぜひ、ご確認ください。
 ⇒甲子園のブラスバンドの定番曲。音楽でパワーを!

個人的に好きな甲子園テーマソングとその思い出

負けてしまえばそこで終わりの高校野球。
甲子園でなくとも、常に負けてしまえばそこで終わりの高校野球はドラマの連続です。

そんな中でも、各県の代表として戦い、
テレビでも観戦できる甲子園は、ひときわドラマチックです。

そんなドラマを盛り上げるのは、やはり応援歌の存在ですね。

特に思い出に残る応援歌は、昭和の名曲「狙いうち」です。
どの場面でこの応援歌を流しても、緊迫する、
そしてその一球にかける想いの強さが際立つものです。

特に九回に流れるとその想いがさらに加速します。
小学生のころの甲子園の放送で、
この「狙いうち」が流れるアルプススタンドで、涙目で応援している女子生徒。

当時は、小学生低学年だった私には、
その想いが恋なのだと知らなかったので、
「そんなに負けるの嫌なのかね」と軽々しく発言していました。

それから10年。

高校生として野球部に所属し、
自らの応援歌を「狙いうち」にしてもらった私には、
そんな相手ができなかったこと、今となってはいい思い出です。

甲子園のテーマソング~昭和の名曲 

甲子園の応援歌は昭和の名曲のオンパレードと言っても過言ではありません。

山本リンダの「ねらいうち」は、
ほぼ同じメロディを勢いよくリフレインするので感情が高ぶる素晴らしい応援歌になります。

そして、高校野球のために作られたのではないか、
とすら言いたくなるピンクレディーの「サウスポー」。

「背番号1のすごい奴が相手」という歌詞が、
まさに甲子園の激闘を物語る熱き名曲として、
選手やアルプススタンドの心を盛り上げます。

ここで驚くべき共通点がありますが、
この二曲の作詞がともに阿久悠氏であるという点が見逃せません。

昭和の名曲の作詞家と言えば、阿久悠氏と言ってもいいほど、
どの曲の作詞も手掛けていて、
その歌詞が高校野球の心情にぴったりはまる曲ばかりなのです。

「ねらいうち」の「背番号1の~」を例にしても、
甲子園を狙ったかのようなその歌詞に、阿久悠氏の作詞の世界の熱量を感じます。

そして、昭和の名曲洋楽編として、
クイーンの「we will rock you」も挙げられます。
伝説のバンドとして、オーディエンスを鼓舞した名曲が、
甲子園の熱き球児たちを、今なお鼓舞し続けるのです。

まとめ

今回の記事では甲子園のテーマソングについてお伝えしてきました。
大人も高校球児たちも知っているような名曲が選手達のチカラを高めてくれるのですね。
今後は球児だけでなく応援する人や曲についても要注目です!!

 

最新のテーマソングも選手に素晴らしいパワーを与えてくれます。
しかし、昔から演奏されるような定番の曲もまたしかりです。

次の記事では甲子園の定番曲についてお伝えしています。
ぜひ、ご確認ください。
 ⇒甲子園のブラスバンドの定番曲。音楽でパワーを!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました