> メルカリで値下げ不可なのに値下げ交渉されるときの対処法 - 最新トレンドニュース速報

メルカリで値下げ不可なのに値下げ交渉されるときの対処法

スポンサードリンク
 




 

メルカリで出品してメッセージが届いたときって値下げ交渉のことが多いですよね。

プロフィールや商品説明でも値下げ不可ときちんと表記していても当たり前のように値下げ交渉が行われてきます。

理由もなく交渉されると正直不快に感じることもあると思います。

メルカリは購入者と出品者がおもいやりの気持ちで活用すれば、とても便利なシステムです。

今回の記事ではメルカリで値下げ不可としているにも関わらず値下げ交渉をされてしまったときの対処方法をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




メルカリで値下げ不可としてるのに値下げ交渉をされたときの対処法

メルカリで値下げ不可としているから値下げ交渉は来ないだろうと最初は思っていました。

しかし、その思いはあっさりと裏切られました。

自分にとっては必要なくなったものだから出品したとはいえ、値下げ交渉のコメントを見ると不快に感じたり、どうしたものかと考えこんでしまいます。

メルカリでは値下げ交渉はされるものと最初から思って、来た時にどうするか判断基準を設けておくといいでしょう。

ただ、出品したものへの思い入れやコメントの内容によってはたとえ値下げ不可としていても不快に感じないこともあるでしょう。

そのため、判断基準の前に出品したものに対する値下げ交渉のコメントを読んでご自身がそう感じるか(直感が大事です)で値下げに応じるか決めるといいです。

値下げには応じたくないと思うときには、値下げ後のは販売価格があわないorコメントが不快なための2種類があると思います。

値段が合わない場合は仕方ないので、きちんとした対応でお断りしましょう。

スパム的な感じやテンプレート的な感じでとりあえず送られてきたりとか、上から目線で横柄な態度で値下げ交渉されたりなどコメントに不快な思いを感じることもあります。

例:○○円値下げしてくれたら即決で購入できます

といったコメントをもらったこともあります。

こういう値下げ交渉ってリアルの店舗で店員さんと対面していたら言えないですよね?

顔が見えないと強気な発言ができるネットあるあるなのでしょうか、、、

こういった相手に不快に感じたりストレスになったりする場合にはブロックしましょう。

ブロックすると出品者として悪い評価をされるかも?と思うかもしれませんが、そういった状況で出品者側がメルカリから離れていくとメルカリ自体が成立しなくなるので心配しなくても大丈夫です。

きちんと利用されている方であれば問題ありません。

画面の向こう側に相手と話している感じで丁寧な対応を心がけていれば、そうでない方に対応したくないと思ってしまうのも当たり前なことですのであなたがストレスをためる必要はありません。

色々お伝えしてきましたが、端的にどうするといいのかをまとめてみます。

①値下げ交渉のコメントを確認する

②コメントを読んでみて直感で値下げしてもいいと感じたら値下げに応じる

値下げに応じるのは無理と思ったとき

③特に不快に感じることはないけど値段の問題で応じることができないときには相手にその旨を丁寧にお伝えしてお断りする

④横柄な態度やスパムのような機械的な文面だと感じ不快だったときには、その相手をブロックして連絡してこないようにする

以上の流れになります。

値下げ交渉不可の書き方

元々で値下げ交渉に応じるつもりがないときには、どこにどのような文章を記載しておくといいのでしょうか?

値下げ交渉不可はどこに記載する?

記載できる場所といえばプロフィールと商品説明のところになります。

どこに記載するかと考えると両方に記載するほうがいいでしょう。

効果があるかはわかりませんが、複数の場所に目につくようにして少しでも自分の意志を伝えられるようにしていきたいですね。

値下げ交渉不可はどのように記載する?

端的に値下げには対応できないことを伝えるようにするといいでしょう。

長々と文章で理由を説明したり太字や赤文字など文字を装飾するとイヤらしさがでてしまうのであまりお勧めできません。

少しやわらかくk伝えるために「値下げ交渉不可」と漢字が多いよりは「値下げには対応しておりません」くらいの感じがいいでしょう

 

まとめ

今回はメルカリの値下げ交渉不可なのに値下げ交渉されてしまったときの対応方法についてお伝えしてきました。

 

値下げ交渉できないと意思表示していても値下げしてしまったこともあると思います

.せっかくの便利なシステムですので、ストレスをためないように利用していきたいですね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました