> お月見の由来を子供に向けて自分で伝えよう!おすすめ絵本の紹介もしています - 最新トレンドニュース速報

お月見の由来を子供に向けて自分で伝えよう!おすすめ絵本の紹介もしています

年間行事

スポンサードリンク
 




 

夏が終わって段々と過ごしやすい時期に行われるお月見

秋の澄んだ夜空に浮かぶきれいなお月さまを眺めて家族みんなで楽しめるイベントです。

ただ、なんとなくお月見って空見上げて、お団子食べる日だということは知っているけど、

なんで月を眺めるのか?

なんでお団子食べるのか??

と、いうことまでは知らないってことありませんか??

大人になれば忙しさのあまり季節のイベントごとには関心がなくなっていきますよね。

しかし、子供には心の発育や日本の伝統を学んでもらいたいものです。

そのため、この機会にお月見についてきちんと知り子供に自分の言葉で伝えられるようになりたいですよね。

今回の記事ではお月見の由来についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




お月見の由来ってどんなもの??

子供に説明するためには自分でまず自分が理解して、それをかみ砕いて分かりやすい言葉にすることが大事になります。

そのため、まずはお月見の由来を調べました。

お月見の由来

お月見とは何をするものなのかというと、秋の澄んだ夜空に浮かぶ満月を見て楽しむことにあります。もともとお月見は中国で行われていて、それが日本に伝えられて広まっていきました。

唐の時代、中国では旧暦の8月15日に中秋節という月を見て楽しむ風習がありました。その風習が平安時代頃に日本に伝えられました。

お月見が伝えられた当初は宮廷行事として楽しまれていました。豪華な食事やお酒、詩を読んだり、踊りを楽しんだりしていました。

庶民に広まっていったのは江戸時代と言われています。

お月見の時期と秋の収穫の時期が近いため、その年の豊作への感謝の意味が込められるようになっていきました。

現在では十五夜の満月の美しさを見てゆったりとした時間を楽しんだり、お団子を食べたりしています。

十五夜とは月が15日かけて満ちていき満月になる日で、一年で一番月が美しく見える日とされています。新暦と旧暦には1~2か月ズレがあるため毎年日にちが違い9月~10月の間となります。

2021年では9月21日となります。

独身ではなかなか月を楽しむという時間は作れないかもしれません。

子供がいる家庭では昔からの風習を教えたり、自然に感謝する心を育むためにも家族でお月見の時間を楽しみたいですね。

お月見の由来を子供向けに説明してみよう!!

子供にお月見のことを説明するのに時代背景とかいっても頭の中が「??」でいっぱいになってしまいますので、大事な部分を分かりやすい言葉にする必要があります。

僕が子供に実際に説明した内容をお伝えしますので、よかったら参考にしてみてください。

↓ ↓ ↓

今日はね、お月さまが一年で一番きれいに見える日なんだよ!!

お日さまとお月さまがお米や野菜をいっぱいおいしくしてくれているから、みんなでいつもありがとうっていう日なんだよ!!

いっぱいありがとうして、これからもお願いしますって言おうね

 

↑ ↑ ↑

こんな風に教えました。

最近ではお店に行けばいつでも手に入れることができるので豊作への感謝って言ってもおそらくわかんないですよね。

なので、おいしいご飯にしてくれているといことにしました。

お月見をテーマにしたおすすめ絵本

子供にわかりやすい言葉で説明することも大事なことですが、絵や物語としてわかる絵本を使って教えるのも効果的です。

やっぱり言葉だけよりも絵も使ったほうがイメージしやすいので記憶に残りやすいですよね。

お月見にちなんだ絵本をいくつかおすすめしていきます。年に数日しか使わないようなものなので購入するよりも近くの図書館で見つかるといいですね!!

 

①「おつきみっておいしいね」 

作 木村裕一 絵 ふゆのいちこ 出版社 教育画劇

しかけ絵本です。

穴あきやめくりタイプのしかけではなく

一ページずつめくっていくことで

最後に絵が変わるといったしかけです。

なので大人なすぐ分かるしかけですが、

子どもは最後まで気付かないで楽しんでくれるので

よかったと思います。

おつきみという意味は分かっていません。

でも物語は理解できているので問題ありません。

(ジョージ大好きさん 30代・東京都 男の子3歳)

 

②「14ひきのおつきみ」 

作・絵いわむらかずお 出版社 童心社

植物の教師である義兄が勧めてくれた絵本。植物の絵がとても正確で色合いも美しいとの事。初めて絵本を開いた時、確かに精密な絵だなと思いました。月が大好きで最近植物にも興味を示したきた息子のお気に入りの絵本の一つです。小さいネズミ達が苦労してお月見台を高い木の上に作った後、月が出てくるクライマックスの所では『ヤッター』と拍手したくなります。息子も月が出てくる頁では歓声を上げ、私も嬉しくなります。月に向かって「やさしい光をありがとう」という言葉には胸を打たれました。電気の中で生活している私には月の優しい光には気づきませんでした。自然の恵みを優しく教えてくれる素晴らしい絵本です。

(コリィさん 30代・大阪府 1歳)

③「おつきみうさぎ」 

作 中川ひろたか 絵 村上康成 出版社 童心社

表紙の色のコントラストが見事だったのでこの絵本を選びました。月の持つ神秘的な魅力を生かした描き方に感動しました。タイトルのちょっとかすれたような書き方もとてもマッチしていて良かったです。月見団子の作り方も掲載されているので実際に作ってみたくなりました。園長先生がとても大らかなのが素敵でした。十五夜が待ち遠しくなる絵本でした。

(なびころさん 30代・愛知県 女の子2歳0ヶ月)

④「パパ、お月さまとって!」 

エリック・カール (もりひさし訳) 偕成社

絵本クラブから届きました。
夜空に浮かぶ月に手を伸ばし、「お月さまと遊びたいな」と言う
娘のために、お父さんが高い山に長いハシゴをかけて、
お月さまを取りに行く、というお話です。

ページが拡大し、長いハシゴや大きなお月さまが現れると
大人でも思わず「うわーっ、大きいね!」と驚きの声を上げて
しまうほど迫力満点です。

また、エリックカールさんが、よく考えて絵本を作っているなー
と関心するのは、この絵本を通じて、物の長さや高さ、大きさ、
月の満ち欠けなどを子供達にしっかり伝えている点です。
息子(1歳8カ月)はこの絵本をきっかけに「おーきい」と
言うようになりました。
また最近は、ハシゴが出てくると大急ぎで消防車のおもちゃを
取りに行きます。どうやら消防車のハシゴで月まで昇るつもり
らしいです。

(kyuさん 30代・東京都 男の子1歳)

⑤「おつきさま こんばんは」 

林明子 福音館書店

濃い紺色の夕闇の中で、三角屋根のおうちにあかりがつきます。屋根の上に1匹、下に1匹のねこのシルエット。「よるになったよ ほら おそらが くらい くらい」「おや やねのうえが あかるくなった」「おつきさまだ」だんだん姿をあらわす、黄色くかがやくおつきさま。もう1匹のねこも屋根にかけあがり、2匹の影はおつきさまを見あげます。「おつきさま こんばんは」目をふせて屋根の上に顔を半分だした、おつきさまの「いいおかお」といったら。小さな絵本のまんなかに、本当に月がのぼったようです。読んであげると、ページをめくるたびに、幼い子がいきいきと反応することにおどろきます。雲に遮られおつきさまが泣きそうな顔をすれば、子どもも心配そう。雲がいってしまえば、あーよかったとほっとします。子どもは胸をときめかせて、おつきさまをながめ、「こんばんは」をするのでしょう。今宵もまた、夜空を見あげれば、おつきさまに会える幸せ。「こんばんは」「こんばんは」って互いにごあいさつする幸せ。1986年発売以来、たくさんの子どもたちに支持されてきた本。林明子さんの傑作の一つに数えられるあかちゃん絵本です。
(絵本ナビライター 大和田佳世)

 

お月見のお供え物とその意味

お月見で使うお供えものにはどんなものがあり、どんな意味があるのでしょうか??

ご存じなものもあると思いますが今一度確認してみましょう

①お団子

お団子は月を表していて丸いことから満月にみたてています。

一般的には十五夜に15個お供えするします。

月を眺めて楽しんだり、健康を祈願したり、自然に感謝したりしたあとに食べます。また月は満ち欠けを繰り返されていることから、満月には愛と不死の象徴ともされていています。

家族で一年の健康と自然への感謝をしたあとに、翌年以降への祈願を行いながらおいしくいただきましょう!!

 

②すすき

すすきは稲穂のかわりに用いられます。

通常であれば、その年の豊作への感謝の気持ちはその年に収穫されたものをお供えするのですが、十五夜の時期にはまだ稲の収穫が終わっていないため形の似ているすすきで代用されたようです。

他にもすすきには魔除けの効果があると考えられていて、作物を厄災から守ってくれると考えられています。

また、月の神様は作物や子孫繁栄をつかさどる神様とされています。すすきは月の神様をお招きするための依代とされていました。

以上のように

①形が稲穂に似ている

②すすきには魔除け効果で厄災から守る

③すすきが月の神様をお招きする依代

この3点のことからすすきがお供えされるようになりました。

すすきを飾る方法や数量については特に決まりはありません。

ただ日本では昔から奇数が縁起がいいと考えられているので奇数の本数を飾るのがいいでしょうね。結婚式のお祝い金の枚数などがいい例です。

部屋の中に飾るとなるとたくさん飾っても片づけが大変なので1本か3本が適当だと思います。

また飾るための花瓶は口が細いもののほうが安定するのでおすすめです。

旬の草花ということで秋の七草を一緒に飾るのもいいですね。

秋の七草⇒萩、葛、撫子、女郎花、藤袴、桔梗

すすきも秋の七草のひとつになっています。ただ秋の七草を全部揃えるのはかなり大変なのですすきだけでも大丈夫です。

 

③里芋やサツマイモ

十五夜は別名「芋名月」と呼ばれています。

そのため、十五夜にお芋をお供えする風習があります。

里芋やサツマイモがお供え物として一般的です。

里芋やサツマイモと一緒に旬の野菜や果物をお供えするとベターです。

特にブドウのようなつる植物をお供えすると月とのつながりが強くなると考えられていますので、ブドウもお供えするのもおすすめです。

月の神様は作物や子孫繁栄をつかさどる神様とされていますので、お月見とのつながりが深いです。

 

まとめ

今回の記事ではお月見の由来をお子様むけに説明する方法についてお伝えしました。

①言葉で説明する方法

②絵本を使って絵とストーリーを交えてお月見のことを学習する方法

③お月見のときにお供えするものとその意味

以上の3点についてお伝えしてきました。

お子さまに向けて説明するには大人がきちんと理解していないと説明できないので大変ですよね。特に「なんで??なんで??」と深掘りしてくるようなお年頃のお子様だと言葉につまってしまいますよね。

お月見は一年でも過ごしやすい時期に行われますし、家族のだんらんのいい機会にもなります。

ぜひ、知識を広めて楽しい一日にしていきましょう!!

 

今回の記事は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました