> 七草粥のレシピ お米から作るにはどうするの?どんな効果があるの?? - 最新トレンドニュース速報

七草粥のレシピ お米から作るにはどうするの?どんな効果があるの??

スポンサードリンク
 




 

新しい年を迎えてすぐに行われる年中行事の春の七草を食べること。

色々な食べ方がありますが、一般的には1月7日に七草粥を作って食べる家庭が多いことでしょう。

さて、七草粥を作ろうとしたときにお米から作る方法はご存じですか??

今回の記事では七草粥をお米から作るレシピをお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




七草粥のレシピ お米から作る方法を知っておこう!!

七草粥に使う材料はとてもシンプルで、米・七草・水・塩だけです。

七草とは、せり・なずな・おぎょう(ごきょう)・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろのことです。

すずなは蕪、すずしろは大根のことです。

身近に野原などがあれば摘んできてもいいですが、

八百屋さんやスーパーなどでセットになって売られているものを利用すると便利です。

米と水の割合は、米一合に対して水が1200mlです。

水の分量は粥の硬さの好みに応じて変えても大丈夫です。

まず、手早く米を研ぎます。

研いだら水気をきり、普通にご飯を炊く時のように水につけたりせず、すぐに鍋に入れ水を入れて火にかけます。

初めは中火で、煮立ってきたら弱火にします。

煮立ったタイミングで一度だけしゃもじを使ってなべ底からかき混ぜます。

その後は何もせず、蓋を少しずらして30分から40分くらい弱火で加熱し続けます。

 

その間に七草の準備をします。

スズナとスズシロは薄切りにします。

鍋に湯をわかし、塩少々を入れて、まずすずなとすずしろを入れます。

次に太目の茎の部分があれば入れ、最後に残りを入れてさっと茹でます。

茹で上がったら茎や葉は水に取りぎゅっと絞って細かく刻みます。

粥が炊けたら塩で味を調え、七草を全体的に混ぜて出来上がりです。

 

春の七草を個別に詳細にまとめた記事があります。

 ⇒春の七草について・個別の効能

春の七草を七草粥とは違う料理法でいただきたい方はぜひご確認ください。

 ⇒春の七草を七草粥以外の料理でいただく方法

七草粥にはどんな効果があるの?

七草粥って一体なぜ食べるのでしょうか?

七草粥の効果を知って美味しく元気をいただきましょう!!

 

◎1年の無病息災を願うため
七草粥の始まりは中国。五節句のうちの一つである人日(じんじつ)の節句に七草粥を食べることで無病息災を願うようになりました。

◎ビタミンを補うため
冬の時期には生鮮野菜の摂取量が不足してしまいがちですので、この時期に葉を広げる七草はビタミンを摂取するのに最適な食材と言えます。

◎胃腸を休めるため
お粥はとても消化のいい食事なのでクリスマスや大晦日、お正月など年末年始のさまざまなご馳走やお酒の場で弱った胃腸を休める効果があります。

塩だけでの味付けなので年末年始のしっかりとした味付けの料理の後では物足りなく感じるかもしれません。

しかし、素朴な味わいとそれぞれの薬草が持つ効果によって身体の芯からほっとした温もりを感じられます。

このように七草粥には様々な効果がある事を紹介しました。参考になったでしょうか?

1月7日の朝食には1年の健康を願い七草粥を食べてみてはいかがでしょうか。

七草粥を施設で作るときの献立 ちょっとした工夫で食事を楽もう!!

病院施設で、七草粥をつくりました。

病院の老人介護の施設のメニューには季節食が提供されます。

夏にはそうめん、クリスマスにはケーキ、秋には栗ご飯におはぎといろいろあります。

七草粥の材料は、業者が売っているセットを購入します。

老人介護施設の主食には三種類あります。

普通のお米、軟飯(水分を多めにして炊く)最後にお粥です。

 

お粥はお米を鍋に入れ水を8倍ほど入れます。

たとえばお米300グラムでしたら水を2400CCいれることになります。

作り方としては、まず最初にお米を水を沸騰するまで炊き(約15分位)沸騰したら弱火にしてさらに10分位そのままにします。

最後に火を止めます。

そして最後に七草粥の材料をいれるようにします。

 

炊く段階で七草粥を投入すると七草粥全体が黒ずんでしまい、見た目がよくありません。

もしくは七草粥自体を最初に熱湯で軽く湯に通して、お茶碗によそう直前に入れて鍋の中で混ぜると、七草粥の緑の色が生き食欲をそそります。

主菜に魚の照り焼き、すまし汁、あえ物、フルーツを添え、おいしく召し上がってもらいました。

まとめ

今回の記事では七草粥をお米から作るレシピについてお伝えしてきました。

お粥を楽しむというより胃腸を休め整えることが目的なため、食事としては物足りないと感じるかもしれません。

しかし、一年を無病息災を願い健康で過ごすためにガマンという気持ちより、お祈りをしながらいただきましょうね!!

 

春の七草を個別に詳細にまとめた記事があります。

 ⇒春の七草について・個別の効能

春の七草を七草粥とは違う料理法でいただきたい方はぜひご確認ください。

 ⇒春の七草を七草粥以外の料理でいただく方法

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました