> 上司からの年賀状っていつまでに送り返すといいの?新年の挨拶をきちんとしよう! - 最新トレンドニュース速報

上司からの年賀状っていつまでに送り返すといいの?新年の挨拶をきちんとしよう!

スポンサードリンク
 




 

年賀状を送ってない相手からもらってしまうと、「あっ!しまった」と思いますよね。

それが会社の上司からだと特にそう思います。

年賀状の返信が届く前に仕事始めを迎えると気まずい雰囲気にもなりますから、少しでも早く返信するほうがいいです。

旅行などで家を空けていて年賀状を確認できずに日にちが過ぎてしまった。。。ということもあるのでしょう。

今回の記事では上司への年賀状はいつまでに送りかえせば失礼にならないのかお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




上司からの年賀状はいつまでに送り返せばいいの?

年賀状って毎年送っていますか?

「明けましておめでとう!」という簡単なメッセージを送るだけなので

最近ではLINEですませてしまっているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ビジネスの世界ではまだまだ年賀状のやり取りは盛んです。

中にはすっかり年賀状を送るのを忘れて 会社の上司から先に届いたことで思い出した。

なんていう少し冷や汗の出るような体験をした人も私の友人にいました。

そんな方のために、年賀状はいつまでに送り返せばマナーとしてセーフか解説します。

中には「1月3日までに着かなければ年賀状ではない!」という

ストイックな意見も聞きますが、そんなことはありません。

通常、1月7日までを「松の内」と呼びます。

お正月に家々にやってくる幸福の神「歳神様」がその日までは各家庭で過ごしているとされるので

7日までが「お正月」という認識で問題ないです。

なので、元日から3日の間に年賀状が上司から届いても

落ち着いて7日着を目指して返事を送れば大丈夫です。

とはいえ、やはり年末に出して元日に到着するようにした方が

お互いに気持ちの良い仕事始めを迎えられるのではと思いますよ!

 

新年の挨拶メールを送るときには年賀状と違って

ある程度の文章を書かないと短すぎて素っ気ない感じがしますよね。

年上の方にあけおめメールをするときに添えるといいおすすめのひと言をお伝えします。

良かったら確認してみてください。

 ⇒新年の挨拶を年上にメールで送るときに添えるおすすめのヒトコト

「新年明けましておめでとうございます」は、いつまで使える?

そろそろ年賀状を用意する季節ですね。

「謹賀新年」「賀正」「あけましておめでとうございます」など、

新年の挨拶はいろいろありますが、これらの挨拶はいつまで使えるのでしょうか?

 

一般的にお正月のあいさつと言われるものは、

関東では「松の内」と言われる1月7日まで、もしくは「小正月」と言われる1月15日までとされています。

ですが、関西では1月15日まで、場所によっては1月10日までが「松の内」とされています。

年賀状をいただいたのに、こちらからは出していなくて、年が明けてからお返しする場合は、

1月7日までに出すのであれば、新年のあいさつを使っても大丈夫でしょう。

1月8日以降に投函された年賀状は消印が付くので、

相手方に失礼にならないよう、「寒中お見舞い申し上げます」などのあいさつでお出しすればよいでしょう。

相手先が喪中だけど、お世話になっているので新年の挨拶を出したいなどの場合は、

年賀はがきは使わず、「普通はがき」で、挨拶は「寒中お見舞い申し上げます」などのあいさつを使い、

関東では松の内である1月7日を過ぎてからの1月8日以降、

関西では1月16日以降にお出しするとよいでしょう。

どちらの場合も、立春前の2月3日までにお出ししましょう。

年賀はがきの引受期間はいつから・いつまで??

「去る年には大変お世話になりました」

「新たな年もまたよろしくお願いいたします」

毎年このような意味をこめたご挨拶の手段として存在している年賀はがき。

小学校では実際に『はがきの書き方』という学習もありますし、

初めて出したはがきが年賀はがきだったなど、

子供の頃からなじみ深い習慣である人も多いのではないでしょうか。

 

でもそんな年賀はがきでも意外と知られていないのが「引受期間について」。

「いつ出せばいいの?」

「いつまでならお正月に届くの?」

「過ぎちゃったらどうすればいいの?」

そうした疑問を持つ人もいるでしょう。

 

調べてみたところ、年賀状の引受開始は、例年12月15日。

確実に元日に届けてもらうためには、12月25日までの投函が推奨されています。

この10日間のうちにポストないしは郵便局に出せば、元旦に新年のご挨拶として相手方に年賀はがきが届くのです。

お正月の準備万端。年賀はがきだったもう書いちゃった!というしっかりさん。

そういう方は時々「12月15日より早く出しちゃったよ」となる場合がありますが、

この場合、通常の配達と同じ日数で相手方に届いてしまうので、注意が必要です。

逆に「12月25日を過ぎちゃった……」ということもありますが、

この場合は元日に相手に届かない可能性が出てきます。

もしもちゃんと届いていたら郵便局員さんが頑張ってくれたということです。

素直にここは感謝しましょう。

 

さて、それではさらに「うっかり」していて年賀はがき自体を年内に出し忘れていたときはどうするべきかご存知ですか?

その場合は一般的に「松の内」と呼ばれる期間に、届いた年賀はがきに対する返信という形でお送りするのがマナーです。

関東では1月7日まで、関西では1月15日まで。

中間となる東海地方あたりでは7日だったり15日だったりしますが、基本的には1月7日までに出すのがよろしいでしょう。

なぜなら12月15日から1月7日までに投函された年賀状には消印が押されませんが、

1月8日に出されたものからは通常のはがきのように、消印がおされてしまうのです。

まとめ

今回の記事では上司からの年賀状をいつまでに送り返せば失礼にならないのかをお伝えしてきました。

会社関係の人への年賀状を送る相手はどこまでなのか決めるのは悩んでしまいますよね。

ただ、できるだけ仕事始めを迎える前には届けたいですよね。

 

新年の挨拶メールを送るときには年賀状と違って

ある程度の文章を書かないと短すぎて素っ気ない感じがしますよね。

年上の方にあけおめメールをするときに添えるといいおすすめのひと言をお伝えします。

良かったら確認してみてください。

 ⇒新年の挨拶を年上にメールで送るときに添えるおすすめのヒトコト

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました