> おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの?お正月はごちそうだらけ! - 最新トレンドニュース速報

おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの?お正月はごちそうだらけ!

スポンサードリンク
 




 

お正月料理といえばおせち!

でも、元日はおせちで良くても2日以降もずっとおせちというわけにもいかないですよね。

今回の記事ではおせちじゃない正月料理にはどんなものがあるのか?

普段食べられないような豪華な食事を楽しむにはどうするのかについてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの??

お正月といえば、なんといってもおせち!という人も多いですね。

デパートや料亭の高級なおせち料理は、まだ10月だというのにすでに予約を開始しています。

年のはじめに贅沢なおせち料理で優雅な気分にひたるのもいいかもしれません。

しかし、おせち料理はいつも同じものが残りがちです。

さらに、お酒に合わせるためなのか、保存のためなのか、味が濃いのが気になります。

おせち料理ではない正月料理には、一体どんなものがあるのでしょうか。

早速調べてみました。

あるランキングでは、おせち以外にお正月に食べるメニューとして、

・お寿司
・焼肉
・すき焼き

がランクインしていました。

なるほど、どれも華やかでごちそうという感じがします。

その他には、お餅を使ったお雑煮やオードブルなどがお正月に好まれて食べられているようでした。

日本古来から受け継がれてきたおせち料理ですが、

時代の流れからか必ず食べるものではなくなってきているのかもしれません。

昨年、子ども用のおせちとして、重箱にお菓子を詰めているのをtwitterで見かけましたし、

もっと自由に好きなものを食べていいのかもしれませんね。

 

おせちじゃない正月料理も気になりますが、正月料理の定番のものも気になりますよね。

正月といえばどんなもの・コトにも縁起がいいものがそろっていますので

きちんと定番の正月料理も抑えておくことも大事だと思います。

こちらのページにまとめていますので、よかったら確認してみてください。

正月といえば・・・の定番料理・縁起のいい料理のまとめ

おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの??~ご飯編

お正月に食べるお料理はおせちが定番ですが、

ずっとおせちばかり食べていると飽きてきますよね。

そんなときにおすすめのご飯をご紹介いたします。

 

簡単に作れて、見栄えがとても良いものが食べたいですよね。

お正月だし、いつもとはちょっと違うものが食べたくなるというときには、

手毬寿司や、押し寿司はいかがでしょうか?

手毬ずしは、好きなお刺身や具材を入れたらとてもカラフルになり見栄えもとても良くなります。

また子供と一緒に作っても楽しいです。

押し寿司もとても簡単に作ることができるのでとても重宝します。

好きな具材を交互に入れて箱寿司のような感じに作るのも良いでしょう。

パエリアもおすすめです。

魚介のパエリアを作ってフライパンごと食卓に出せば華やかにな演出もできます。

おせちが飽きたときにとてもピッタリなご飯料理になりますよ。

とってもおすすめです。

お客さまのおもてなしとしても使うことができます。

おせち以外のお料理は子供にとっても大人気になご飯になることでしょう。

ぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの??~お肉編

正月料理はおせちが定番ですが3が日ずっとは続きません。

そこで、簡単に作れて豪華なお肉料理を紹介します。

 

牛肉のおすすめは「ローストビーフ」です。

焼き色をつけて蒸し焼きにするだけなので意外と簡単に作れます。

グレービーソースやわさび醬油などお好みで楽しめるのもポイントです。

イギリスでは、翌日サンドイッチにします。

お弁当やランチにおすすめです。

 

豚肉でおせちじゃない正月料理と言えば「豚の角煮」です。

焼き色を付けてから煮込みます。

見た目が似ている「東坡肉(トンポーロー)」は皮付きを使用し蒸す料理です。

角煮のほうが日持ちします。

どちらもおかずにも酒のつまみにもなりますが、

トッピングに使うと豪華な正月ラーメンの完成です。

 

鶏肉はおせち料理で「松風焼き(別名のし鶏)」を楽しむご家庭もあることでしょう。

おせちじゃない料理にはモモ肉や手羽元で作る「醬油煮込み」が簡単でおいしいです。

また、1枚肉で作る「南蛮漬け」はさっぱりとして箸も進みます。

一般的な南蛮漬けと同じ作り方でチキン南蛮のようにタルタルソースはのせません。

おせちじゃない正月料理は、普段作らないお肉料理を作って楽しみましょう。

おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの??~お魚編

おせちじゃない正月料理はお魚でも楽しめます。

普段作らない料理に挑戦したり、

定番料理の盛り付けや食材を変えたりするだけでも正月の雰囲気を盛り上げられます。

縁起の良い鯛をおせちじゃない正月料理にアレンジする場合は、鯛を塩釜焼きにしましょう。

尾頭付きの鯛を丸ごと塩釜で包んでオーブンで焼きます。

ハレの日にふさわしい豪華さを演出可能です。

出世魚の定番は鰤ですが、おせちじゃない正月料理ではスズキもおすすめです。

淡白なスズキはパイ包み焼きにします。

お店では丸ごと使ってお魚を模した形にしますが、

家庭では切り身と冷凍パイシートを使用すると作るのも食べるのも簡単です。

 

おめでたいエビやカニをおせちじゃない正月料理にしたい時は生春巻きにします。

もちろん、手巻き寿司や海鮮ちらしも豪華ですが、

つまんで食べられる手軽さと家族みんなで作れるのもポイントです。

 

関東では、鮭もお正月のお魚に定着しています。

イクラとセットで子孫繁栄に通じるからです。

鮭は、生春巻きにもお寿司にも使える便利な食材ですのでおせちじゃない正月料理にも使えます。

お魚は日本が誇る食文化です。

おせちじゃない正月料理にもお魚を取り入れて楽しく美味しいお正月にしましょう!!

おせちじゃない正月料理にはどんなものがあるの??~おつまみ編

正月のおつまみにおせち料理も良いのですが、

簡単に作れるものでお正月を楽しみませんか??

 

おせちじゃない正月料理になるおつまみを紹介します。

おせちじゃない正月料理のおつまみは華やかな盛り付けが決め手です。

一口サイズの生ハムロール巻きは、オシャレなピックを使うと手軽なおつまみになります。

エリンギやネギ、クリームチーズがおすすめです。

ミニトマトやブロッコリーなども添えると野菜も一緒に食べられます。

サーモンやえびなどカラフルな色合いも合わせるとおもてなし料理にも最適です。

前もって漬け込んでおくだけで手間のかからないおつまみも、

おせちじゃない正月料理に欠かせません。

 

ジャンローポウは大根の醤油漬け中華風です。

また、ニンニク入りのめんつゆにお好みのチーズをつけるだけの簡単おつまみは、

いつものチーズを和風に変えてしまいます。

おせちじゃない正月料理には、おせちの素材もピッタリです。

レンコンのステーキやクワイチップスは、おせちの材料をアレンジするだけで簡単に作れます。

そして、おつまみではありませんが、

飲んだ後の〆は体に優しいショウガたっぷりのうどんはいかがでしょう。

ネギも多めに添えると風味も増し温まりますよ。

おせちじゃない正月料理のおつまみは、お酒が飲めない方にも美味しい時間を演出します。

大切な方とお正月をのんびり過ごしませんか。

まとめ

今回の記事ではおせちじゃない正月料理についてお伝えしてきました。

どれも豪華に新年を彩ってくれる簡単おいしい料理です。

おせちに飽きてしまったり、何を作ったらいいのか分からなくなってしまったときには参考にしていただきたいです。

 

おせちじゃない正月料理も気になりますが、正月料理の定番のものも気になりますよね。

正月といえばどんなもの・コトにも縁起がいいものがそろっていますので

きちんと定番の正月料理も抑えておくことも大事だと思います。

こちらのページにまとめていますので、よかったら確認してみてください。

正月といえば・・・の定番料理・縁起のいい料理のまとめ

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました