> 入社手続き終了後でも辞退できるの?どんな理由でも誠意を持った対応が大事! - 最新トレンドニュース速報

入社手続き終了後でも辞退できるの?どんな理由でも誠意を持った対応が大事!

スポンサードリンク
 




 

希望の会社に内定をもらい入社手続きが終えた後でも、
思わぬアクシデントで入社をお断りしなければならないことがあるかもしれません。
そんな時には入社を辞退することはできるのでしょうか??

今回の記事では入社手続き後に辞退することができるのか?をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




入社手続き後に辞退することはできるの??方法や注意点

内定をもらい、入社の手続きを終えた後に
事情があって辞退をしたいがそんなことができるの?と、
疑問に思う方もおられるかもしれません。

まず結論からいえば、入社承諾書の内容にもよりますが、
基本的には入社手続きをした後に
辞退をしてはいけないという法律的根拠はありません。

もちろん、入社承諾書に辞退をしたい旨を契約する文言があって同意していたり、
辞退をすることによって損害を与えかねない場合は辞退が難しくなる場合があります。

とはいえ入社手続き後に辞退をするということは
企業側も求職者側も、お互いに急がねばならないことになります。

辞退を申し出る場合は速やかに申し出ることが大切です。
というのも、企業側にとっても
想定していた人員が入ってこないということになります。

そのため別の候補者をあたったり、
場合によっては新たに求人を出さねばならないというような
いわば、一からやり直しになってしまうこともあるためです。

もちろん、辞退をするということは
事情があってのことでしょうから
その点は仕方がないことでもあります。

しかし辞退をすることで多少なりとも迷惑がかかることを自覚したうえで、
丁重なふるまいと素早い行動が求められるでしょう。

入社書類が間に合わないことをメールや電話で伝えるには、、、

入社時期が近づくと、
就職先に色んな書類を提出しなければならないことがあります。

例えば資格が必要な職業であれば、
資格証明書(登録証)のコピーなどが必要なこともあります。

場合によっては書類が入社までに間に合わないこともあります。

特に先述のように資格証明書(登録証)が必要であっても、
資格の種類によっては合格証書はあっても
登録証の交付に数ヶ月かかってしまうこともあります。

書類が間に合わないとわかった時点で、
就職先には速やかに連絡する必要があります。

連絡の方法は電話のほかメールでもいいでしょう。

その際はまず書類が間に合わないことを先に述べて、
続いて詫びの言葉を添えておきます。

そして間に合わない理由が明確であれば正直に述べておくといいでしょう。

ただし、理由が自分の落ち度しかない場合は、
詫びの言葉ののちに、書類が用意でき次第、
速やかに届けるという意志をはっきりと示しておきましょう。

書類が間に合わないと焦ってしまいますが、
多くの場合は結果的に揃えばおとがめなしのことがほとんどです。

それよりも間に合わないことを詫び、
速やかに対応しようとすることを伝える姿勢が大切ですね。

入社書類を郵送する最低限の方法

内定をもらい、入社が決定した際に
色んな書類を就職先に届ける必要がある場合がありますね。

例えば資格証(登録証)のコピーやマイナンバーカードのコピー、
身元保証書、戸籍謄本などがその例になるとみられます。

さて、その書類を郵送するときにどんなことに注意をすればいいのでしょうか?

まず、入社に先立って就職先に届ける書類はいずれも「重要書類」になります。
よって、郵送の記録が残るもの、
つまり追跡機能があるサービスを利用するといいでしょう。

具体的な例でいえばレターパックや特定記録郵便、
簡易書留、一般書留などがあげられます。

書類の重要度にもよりますが、
万が一紛失や破損などといったことがあった際に補償が受けられるのは
簡易書留と一般書留となります。

簡易書留は5万円まで、
一般書留は10万円から上限500万円までの補償が設定されています。

よって、少なくとも簡易書留、
できれば一般書留で郵送する方がいいとみられます。

なお、簡易書留や一般書留と速達を組み合わせることもできますので、
急ぐ場合は速達も併用するといいでしょう。

入社に必要な書類を封筒にいれて送るときの注意点

会社に内定が決まったらやることが多いです。
今回の記事では、入社に必要な書類のことを紹介します。

郵送できる書類について
入社に必要な書類でも、下記の書類は郵送が可能です。
・内定通知書
・内定承諾書及び入社宣誓書
・雇用契約書・労働条件通知書

逆に、雇用保険と社会保険に関する書類は
個人情報などの都合上郵送はできませんので気をつけて下さい。

書類の郵送に使用する封筒はA4サイズで
入社手続きの書類を郵送する時は、
中に入れる書類を折り曲げないためにもA4サイズの封筒で送ります。

また他の書類に紛れ込むことも考慮し、
封筒には「入社書類一式在中」などの文字を赤字で記載することをお勧めします。

添え状の書き方の基本について
入社書類の提出とは別に、添え状の書き方に一定の規則があります。
そもそも基本的な規則や礼儀がなっていないと
失敗することがあるため注意が必要です。

入社書類の提出で失敗をしないように、細かい要点を見直しましょう。
必要な記載項目
・日付 ・宛名 ・差出人情報 ・頭語。結語
・時候のあいさつやお礼 ・抱負 ・同封書類の記入などがあります。

封をする前に今一度確認してから送りましょう!!

まとめ

今回の記事では入社手続きしたあとでも
入社を辞退することができるのか?に、ついてお伝えしてきまいした。
結果としては契約によりますが、概ね問題ないことになります。

しかし、会社側に大きな迷惑をかけることになりますので、
辞退するようなことにならないことが一番大切です。
何事にも誠意を持った対応が大切になります。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました