> お内裏様の帽子の名前って何?お内裏様のアレコレを解説 - 最新トレンドニュース速報

お内裏様の帽子の名前って何?お内裏様のアレコレを解説

スポンサードリンク
 




 

ひなまつりで飾られているお内裏様。
普段、目にすることのないお内裏様がお召しになっているものですが、
どんな名前でどんなものかご存じですか?

気になったので調べてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




お内裏様 帽子 名前

3月の行事といえば、3月3日のひな祭りがありますね。

女の子の成長をお祝いする行事ですが、
最近では、ひな壇を飾られるお家は少なくなり、
内裏雛(だいりびな)、俗にいう「お内裏さまとお雛さま」
だけ飾っているご家庭が多いのではないでしょうか。

ところで、お内裏さまがかぶっている帽子の名前はご存知ですか。

あの帽子は「冠」(かんむり)と言います。
冠とは朝廷に出仕するときに必ずかぶらなければならない帽子です。
この冠の後ろに垂れている薄い羽のようなものが「纓」(えい)、
冠の上に挿されているものは「巾子」(こじ)といいます。

巾子の中には、髪のまげの部分を納めてあり、
髪と冠を止めておくために、「笄」(こうがい)という横棒を挿します。

お内裏さまの冠は、頭の上にちょこんと乗っているものが多いですが、
冠のサイズも時代とともに変化してきています。

平安時代の冠は、頭にすっぽりとかぶれるような大きい形でしたが、
その後、江戸時代にはサイズが小さくなり、
明治時代にはまたすっぽりかぶれるものになっています。

冠と似た帽子に「烏帽子」(えぼし)というものがあります。
これは元服した成人男性が和装の際に日常的にかぶった帽子です。

お内裏様の服装について

お内裏様がお召になっている服装は「束帯衣装」というものです。
平安時代以降の天皇陛下や、お公家様がお召になる正装で、
位階によって色が決まられています。

過去から様々な変遷がありましたが、
現在は四位以上の者は黒、六位以下の者は縹(はなだ)色となっています。

「束帯」とは、表着(うわぎ)を
石のついたベルトで束ねて切ることが由来していると言われています。

昔の神殿造りの住まいは冬の寒さが厳しく、重ね着が必要であっため、
美しく威儀を整えて身に着ける技術が発達したと考えられています。

「束帯衣装」の構成は、
外側から、袍(ほう)、半臂(はんぴ)、下襲(したがさね)、
袙(あこめ)、単(ひとえ)、表袴、大口(おおぐち)、
石帯、魚袋(ぎょたい)となっていて、
非常に複雑で数人がかりで着用するほど難しい作りになっています。

一番外側の袍は、文官と武官で着用する種類が決まっています。

文官が着用するものは「縫腋(ほうえき)の袍」と呼ばれ、
武官が着用するものは「闕腋(けってき)の袍」と呼ばれています。

武官が着用する「闕腋の袍」はサイドが縫い合わさっていないため、
「縫腋の袍」に比べて活動がしやすくなっているのが特徴です。

束帯は本来は勤務服として考えられていましたが、
着用に時間がかかり窮屈であるため、
次第に儀式の際に限って着用するようになっていきました。

お内裏様は天皇を表していることから、
宮中の礼装の中でも最高位の正装をしているのです。

お内裏様の持っているものについて

3月は、ひな祭りがある時期。
女の子がいる家ではひな飾りを飾ることでしょう!!

お内裏様とお雛様が仲睦まじく並ぶ姿は、とても美しいですよね。
では、お内裏様が手に持っている、あの棒状の品。
実はあの品が、この国の歴史とも関わりがあるものだという事をご存じでしょうか。
それは、とても重要な役割を担ってきた品なのです。

お内裏様が手にしているあの品は、『笏(しゃく)』と呼ばれています。

平安時代より、男性が正式な時に着ていた
当時の服装を「束帯(そくたい)」と呼びます。

笏は、それを着た際に手へ持つよう、
正式な作法として定められている品です。

もともと笏は「こつ」と呼ばれていましたが、
骨と同音の響きを忌み、
言霊を大切にしたこの国では「しゃく」と呼ばれるようになりました。
形は細長い板状で、素材には木と象牙があります。

平安初期には、身分で使う素材が決められていた時期もありましたが、
その後は、身分に関係のない使われ方へ変わっていきました。

通常の出仕などに着る朝服の時には、木で作られた「木笏(もくしゃく)」。
最高の礼装とされる礼服の時にのみ、象牙で作られた「牙笏(げしゃく)」。

このように、場面で、使われる素材が変わったのです。

象牙は途中から手に入れる事が困難となった、
という当時の事情背景もありました。

平安時代に束帯を着ていたのは、貴族以上の方々です。

彼等が出仕していた宮廷では、
天皇の目前で国に関わる大事な儀式や神事が数多く行われました。

それは、失敗が許されない厳しい場でもありました。
ですので間違いのないように、そして円滑に進めていくためにも、
その運びや必要な事を記した紙を用意したのでした。

笏は、それを貼り付ける台紙として使われた、大切な品です。

そうして笏は、正式なそういった場で必ず手に持たれる
「礼儀としての品」になりました。

正式には、右手で持つ事が正しいとされていますが、
一部、出雲地方では両手で持つ事が正式だとされています。

ちなみにこの笏は貴族達の間で、
饗宴で打楽器として使われる事もあったとか、、、

お内裏様はまずしない行為ですが、
そうした平安貴族達の楽し気な様子も思い浮かべながら
雛祭りを大切に楽しんでみてはいかがでしょうか。

お内裏様とお雛様のモデルになったものとは?

3月3日のひな祭りに飾られるものと言えば「ひな人形」です。
凛々しいお内裏様と、かわいらしいお雛様が、仲良さげに並ぶのが印象的ですね。
このお内裏様とお雛様にはモデルがあるのでしょうか。

お内裏様のモデルは帝(天皇)、
お雛様のモデルはその御后(皇后)なんです。

そして、仲良く並んでいるのは、2人の結婚式の様子を再現するためなのです。
もともと、桃の節句と呼ばれていた「ひな祭り」。
現在のように人形を飾るようになったのは、江戸時代ごろからと言われています。

その頃までの、ひな人形は、桃の節句を迎える
女の子の健康と無事を祈る儀式に使われる、おまじないの道具でした。

医学が未発達で、戦乱が多かった時代において、
産まれた女の子が、一生を無事に過ごせるように、
ひな人形に災いを肩代わりしてもらおうと考えたのでしょう。

江戸時代に入ると、平和の時代が長く続きます。
そうなると、願いは「安全・無事」という根本的なものから、
「幸せな結婚がしたい」というものに変化します。

それと共に、ひな人形の形も、現在に近いものに変わっていきました。
江戸時代の女性の願いを形にしたのが、
天皇と皇后の幸せな結婚の様子を再現したお内裏様とお雛様だったのです。

お内裏様とお雛様にはモデルについて説明しました。
時代が変わっても、ひな人形に込められた、
「女の子の幸せを願う」という想いは変わらないですね。

~番外編~お雛様の服装について

ひな祭りに飾られる「ひな人形」
男性は「お内裏様」 女性は「お雛様」と呼ばれます。

このお雛様ですが、とっても鮮やかな服装を着ているのが印象的です。
お雛様の服装が気になる、、、そんな方のために、お雛様の服装について説明します。

お雛様が来ている服は、十二単(じゅうにひとえ)と呼ばれます。
十二単は、平安時代に完成したとされる貴族の女性の正装で、
重要な儀礼の際でしか着ないものでした。

「お雛様って貴族なの?」と思われた方は正解です。
お雛様のモデルは天皇の奥さん(皇后)であると言われています。

十二単はその名の通り、
12枚の着物を重ね着するのだと思っている方も多いようですが、そうではありません。

「十二」とは昔の感覚で、「沢山」という意味です。
なので十二単は、沢山着物を重ね着しているという意味なのです。

枚数は特に規定はなく、
平安時代には20枚も重ねて大変だったという記録も残っているそうです。

では、なぜお雛様が、十二単という正装をしているかというと
ひな人形が天皇と皇后の結婚式を再現しているからです。

大切な結婚式の日に十二単を着ないわけにはいきませんものね。
ひな祭りの際はぜひ、お雛様の十二単にも注目してあげてくださいね。

まとめ

今回の記事ではお内裏様の服装についてお伝えしてきました。
お内裏様=天皇ということで気品のあるお召し物でしたね。

こういった昔からの伝統行事は由来や意味などを知ると
見方が変わってとても勉強になります。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました