> お歳暮のお礼状はいつまでに出すの?マナーを知って良好な関係を続けよう! - 最新トレンドニュース速報

お歳暮のお礼状はいつまでに出すの?マナーを知って良好な関係を続けよう!

スポンサードリンク
 




 

お歳暮いただいたものの、返礼を贈ったほうがいいのかな?受け取ったお礼はどうしたらいいのだえろう?と思うことはありませんか。

年に1度の行事ゆえに細かいマナーについてはわからなくなりがちですよね。

ただでさえ、お中元やお歳暮といった贈り物は減少傾向にあるためマナーについて知る機会が減ってきています。

今回の記事ではお歳暮をいただいた後にお礼状はどうすればいいのか詳しく解説しています。

記事中

スポンサードリンク




お歳暮のお礼状はいつまでに送るべきなの??

お歳暮を受け取ったら送っていただいた方へお礼のメッセージを送ることは必須です。

お礼状の形は封書・はがき・電話・メールと様々ですが、どのような形であれお礼状は必ず送ることがマナーです。

お礼状を送るタイミングですが、ベストなのはお歳暮を受け取ったその日に投函することです。

師走の忙しい時期ではありますが、できるだけ3日以内に、どんなに遅くても1週間以内には投函するべきです。

お歳暮を贈る側のことを考えるとわかりますが、贈る側はいつ届くのか大体わかっています。

それなのに受け取った側から何もリアクションがないと「届いてないのかな??」「品物が気に入らなかったのかな??」など不安な気持ちになってしまいます。

実際にお歳暮を贈った方へアンケートを取ったデータがありますが届いたかどうかの確認のためにもお礼状はほしいという意見が多いです。

そのため、お歳暮のお返しを贈ることを考えている場合でも、先ににお礼状は送ってからお返しを贈るようにしましょう!!

年賀状を送るタイミングと近いからということで年賀状にお歳暮のお礼を添えるというのはダメです。

お歳暮は日頃の感謝を伝えるもの、年賀状は新年のごあいさつと全く意味の違うものです。

もし、お歳暮を受け取ってから日にちがたってしまったとしても必ずお礼状は送るようにしましょう。

お礼状に遅くなってしまったことをお詫びの一言を添えれば大丈夫です。

遅くなってしまった理由は言い訳がましくなるので必要ありません。

何があっても一番やってはいけないのがお礼状を出さないことです。

お歳暮は日頃の感謝を形にして贈るものなのでお祝い・祝福の意味はありませんので喪中であったとしても送って問題ありません。

 

お歳暮の時期は12月中旬から31日と毎年決まった時期に行われるのでお礼状を事前に準備しておくと慌てずにすみます。

はがきや封筒、便箋、切手など必要なものを準備するほか文面も準備しておくとスムーズに投函することができます。

お礼状は封書・はがき・電話・メールの送っても問題はないが相手との関係によって使い分けると相手から反感を買うことがなくなります。

封書が一番丁寧なので目上の人や上司、取引先などへは封書に手書きがベストです。

はがきの場合には「ハガキにて失礼いたします」と添えるといいでしょう。

お歳暮は相手を思いやる気持ちを形にしたもので、それに対するお礼の言葉なのでメールよりも封書やはがき、電話のほうがより伝わります。

忙しくてお礼状を送るまでに時間がかかってしまう場合には、先に電話でお礼を伝えてからお礼状を後から送るということでも大丈夫です。

お歳暮のお返しって不要なの?お歳暮のお返しについてのマナー

お歳暮をいただいても必ずお返しをしなければいけないということはありません。

しかし、実際にはお歳暮を受け取ったらお返しをする方が多いようです。

世間体の問題や送り主にどう思われるか気になったり、物を貰って何もしないということに抵抗があったりすることからお返しをする方が多いです。

お歳暮のマナーではお返しの必要はなく、送り主との関係(上司や取引先)を考慮してお世話になっていると思った場合にお返しすれば大丈夫です。

お礼状は必須ですので忘れないようにしましょう!!

 

お歳暮のお返しを贈るときにいくつかの注意点がありますのでご確認ください

 

①贈られたものと同じ商品を贈ってはいけない

贈られてきたものと同じものは贈ってはいけません。

同じものを贈ってしまうと、自分が贈ったものが贈り返されたと誤解される可能性があります。

お歳暮は相手に喜んでもらえるものを贈ることが基本です。

同系統のものを贈ることはOKです。

地域の特産品やお茶菓子、季節料理など喜んでもらえやすいです。

どうにも好みがわからない場合にはカタログギフトという選択肢もありますよ!!

 

②お返しの品物の金額の相場

お返しの品物の金額の相場はいただいた品物の半額~同額です。

明らかに金額を超すと「もう贈ってこないでほしい」という意味になり相手に失礼になります。

目上の人へのお返しに、気持ちを上乗せして贈りたいという思いがあって、高価なものを贈ると逆に失礼になりますのでご注意ください。

送り主をたてる意味でも、こちらは金額が低くなるようにします。

 

③お返しを贈るタイミング

お返しはできるだけ早く贈ることが望ましく、12月25日までに届くとベストです。

12月26日から大晦日になると相手も忙しかったり不在しがちになったりします。

宅配では保管期間が1週間と決まっていますので、あまり忙しいころに送ると受け取ってもらえないこともあります。

年内に届けられそうになかったら、年明けに御年賀や寒中御見舞として贈るといいです。

 

④贈ってはいけない商品

下着や靴下など直接肌に触れる衣類
直接肌に触れるものは、受取る方に「生活に困っている」や「みすぼらしい恰好をしている」と思われる行為になります。
そのため、失礼なことになるので贈り物にふさわしくありません

靴・履物
靴や履物を贈ることは「相手を踏みつける」を意味します。
これも受取る方に失礼になります。

文房具・時計
文房具や時計は「もっと勉強しなさい」を意味します。
目上の人やビジネスでの付き合いの方に対してこれも失礼に当たります。

刃物やハンカチ
ものを切断するための道具である刃物は「縁切り」を想像させます。
ハンカチは日本語で手巾を書かれ「てきれ」と読めることから手切れを想像させます。
お歳暮は一年のお世話になった感謝をものに変えて伝えるものなので縁切り・手切れを連想させるこれらのものはふさわしくありません。

4、9の語呂合わせに関するもの
4⇒「死」 9⇒「苦」を連想させるとして日本では忌み数とされています。
これらを連想させるものは縁起が悪いと考えられるのでお歳暮にふさわしくありません。

現金や金券
これらは直接的すぎる贈り物になります。また、相手に喜んでもらうためのものを考えることを放棄したと思われることにもなるので、目上の人やビジネス相手には特にふさわしくありません。

 

お歳暮のお礼状の書き方

お歳暮のお礼状の基本的な書き方

お歳暮のお礼状では特別決まった書き方というものはありません。
普通の手紙の書き方をおさえておけば大丈夫です。

便箋・はがきはどちらを使ってもいいのですが、文章は手書きにしたほうがより相手に感謝を伝えることができるのでおすすめです。
いきなり便箋に書き出すと文面がまとまらなかったり、意外なときに誤字・脱字をしてやり直しが必要になったりするので最初にパソコンやスマホで文章を考えてから便箋に清書するといいです。

あまり堅苦しい文章にすることはありませんが、手紙のマナーは守るほうが相手に失礼にならなくてすみます。

文章の構成は以下のようにするとスムーズです。

①時候の挨拶

②お世話になったことへの感謝

③お礼状を受け取る方やそのご家族の方の近況を伺う

④お歳暮へのお礼

⑤来年以降の付き合いをお願いする

⑥受け取る方やそのご家族の健康をお祈りする

この構成で相手との関係性・親しさによって言葉遣いを変えるといいです。
ここで必ず確認が必要なのは相手の名前や会社名などの固有名詞、敬語の使いかた、誤字・脱字がないかです。
ひとつでも間違いがあるとせっかくの良い関係も壊れてしまいかねません。

当て字や特殊文字を使っている場合には特に注意が必要ですね。

お歳暮のお礼状の書き方の例文

お歳暮のお礼状はある程度テンプレート化してしまうと書きやすいし、内容に悩むことは少なくなりますのでおすすめです。

本文は横書きですが、実際には縦書きのほうがより丁寧です。

例文

拝啓
寒冷の候、皆様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。

さて、この度はお心のこもったお品を頂き、誠にありがとうございました。

いつに変わらぬ細やかなお心遣いに恐縮に存じます。

(相手との関係によっては近況をお伝えする)
まだしばらくは厳しい寒さが続きますが、ご自愛のうえ、幸多き年を迎えられますようお祈りいたします。
略儀ながら書中にてお礼申し上げます。
敬具

令和○○年△△月××日
○○○○

まとめ

今回の記事ではお歳暮をいただいた後にお礼状をどのようにすればいいのか解説してきました。

返礼の贈り物は必須ではないですが、お礼状は贈り主にきちんと受け取ったことがわかるようにするためにも必要なことですので、なるべく早くに投函したいですね。

ぜひ、前々からお礼状用の封書やハガキ、文章を準備してあわてずに速やかに対応できるようにしていきたいですね。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました