> お供えにプリザーブドフラワーを使うことの評判や口コミを調査 - 最新トレンドニュース速報

お供えにプリザーブドフラワーを使うことの評判や口コミを調査

スポンサードリンク
 




 

お供えをするときにお花をお供えものにしますよね。
一昔前だと生花が当たり前でしたが、
最近の技術では生花と同じようなプリザーブドフラワーができています。
このプリザーブドフラワーをお供え物にするのってどうなの?
と、気になったので調べてみたので結果をお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




お供えにプリザーブドフラワーを使うってどうなの??評判をリサーチ

生花の組織を保ちながら、
特殊な加工により瑞々しさと鮮やかさを
長期間保つことのできるプリザーブドフラワー。
お祝いや記念日など、大切な方へのギフトに使われるシーンが多いです。

近年では、お供え花としての需要も増えていますが、評判はどうなのでしょうか。
プリザーブドフラワーをお供え花にされている方の意見としては、
・手入れがいらない
・枯れないので長くきれいな状態を保てる
・子供やペットがいても倒れて水をこぼす心配がない
・アレルギーの心配がない
・好きな色の花が選べる
などの声があり、お供えの花としてもとても喜ばれていると感じました。

一方で、
・供花は生花がいい
・水替えなど、手入れの手間をかけているからこそ供養という気がする
・頂いたが、枯れないので処分するタイミングがわからない
などという意見も一部みられ、
もしプリザーブドフラワーをお供えにされる場合は、
受け手方のお気持に心を配った方がよいかもしれませんね。

とはいえ私の経験ですが、
一人暮らしで高齢の方にプリザーブドフラワーの送った事がありました。

その方は近くにお店もなく、
運転ができない方だったので、
ずっと飾れるプリザーブドフラワーは大変喜ばれました。

故人を偲び、ご遺族の方々の気持ちを癒してくれるお供え花。
プリザーブドフラワーで、
大切な方の好きだった色のお花を贈って気持ちをお伝えするのも、
ご遺族に寄り添う供養の一つかもしれませんね。

プリザーブドフラワー供花の利点

プリザーブドフラワーを供花にする利点は、
水替えなど日々の作業を減らせることと、
長持ちするためコスパの良い点です。

プリザーブドフラワーは、生のお花の色と水分を抜いてから染め直してあります。
香りはありませんが、1年から3年程度そのままの状態を楽しむことも可能です。

供花とは、仏教で生のお花を仏壇や墓前に供えることを指します。
新鮮なお花を供え、毎日水替えをするのは、
仏様へのお勤めを欠かしていないことの現れです。

しかし、現代は昔のように
畑や庭で栽培したお花がいつでも手に入るわけではありません。
いつも新鮮な供花を準備するためには、費用もかかります。

そこで、一度お供えすると長期間交換しなくても良いプリザーブドフラワーは、
現代の生活に適しています。
さらに、花粉の飛び散りの心配もないのでアレルギーの方にも安心です。

また、供花には約束事もあるため、
初めからセットされたプリザーブドフラワーを購入すると、
マナーを気にしなくて良いことも利点です。

多くの方は菊など和花をイメージされますが、
お供えは故人のお好きなものが望ましいという考えもあります。
そこで、トルコ桔梗など洋花のプリザーブドフラワーも供花セットも人気です。

供花は、仏教だけに限りません。
無宗教でも、故人を悼む気持ちをプリザーブドフラワーで表すこともできます。
いつでも美しいプリザーブドフラワーを亡くなった方への供花に利用しましょう。

プリザーブドフラワーの人気の秘密

プリザーブドフラワーがお供えに人気の秘密は、
生花のように美しいのに、お手入れが簡単なことです。

プリザーブドフラワーは、生花から作ります。
脱色してから染色したお花です。
そのため、水替えも不要の上、長期間見た目の変化がありません。
ただし、直射日光に当たると色褪せするので、お墓のお供えには不向きです。

また、高温多湿もニガテですので、
夏は短期間でひび割れすることもありますのでご注意ください。

プリザーブドフラワーがお供えに人気の秘密は、
花びらや葉、花粉が散らないことです。
生花は枯れて花びらがハラハラと散ってしまいます。
ユリはつぼみが開いて綺麗ですが、花粉が散って、
水替えの時などに手や洋服について落ちなくなってしまいます。
その点、プリザーブドフラワーなら散る心配もありません。

1回購入すると長期間飾れるため、
コスパが良いのも人気の秘密です。

菊などの和花、トルコ桔梗や蘭などの洋花、
どのプリザーブドフラワーもお供えにピッタリです。
故人のお気に入りのお花を組み合わせてお供えすると、
喜んでくれているようで供えた自分も心がなごみます。

人気のプリザーブドフラワーを飾って、亡くなった方を思い出す。
そんな追悼のひとときを過ごしませんか。

お供え花の種類を知っておこう!!

お供えのお花は、
まずその地域や、宗教によって慣習が違いますので、
最低でそのご葬儀の宗派を確認されてから選ぶことをお勧めします。

お悔やみに駆けつけたいけれどすぐには伺えない。
一時も早く故人の元へ気持ちを届ける。
そんな献花は、通夜、葬儀の参列に直接持参するのではなく、
配達可能な花屋からお届けするのが一般的です。

斎場での葬儀の場合は、スタンド花が多く選ばれるようです。
地域性により二基一対が基本であったり、一基で贈る場合など、様々です。
わからない場合には斎場へ尋ねてからのご準備がよいですね。
スタンドの形態や形式などは喪主様や斎場の意向を確認することが大切です。

また、ご自宅での通夜、告別式の場合では、
そのお宅のスペースやご遺族のご意向を尊重することが大切になります。
自宅内の祭壇へお供えできる大きさのもの
アレンジメントタイプのものが好ましいでしょう。

一般的には、白色の献花を供えることが多いかと思います。
故人と親しく、好きな花を知っている場合は、

そのお花を献花されてもいいでしょうが、
あまり奇抜なものは、控えたほうが無難です。

また、ご遺族によっては、
お花のお届けについてあらかじめ供花を辞退される意思を示されている場合もあります。

急な訃報でご遺族も、お悔やみに駆けつける側も心中穏やかな時間ではありませんが、
ご遺族のご心痛、ご意向に沿える献花をすることが望ましいです。

まとめ

今回の記事ではお供えの花にプリザーブドフラワーを使うことの
評判や口コミについてお伝えしてきました。

メリットは色々あるとはいえ、個人的な考えで判断するより
ご家族の方と相談してから決めたほうがいいですね。
故人を大切にする気持ちは変わらないので
考え方の違いで揉め事の内容にしたいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました