> 模様替えでテレビを移動するときの注意点 - 最新トレンドニュース速報

模様替えでテレビを移動するときの注意点

HOW TO

スポンサードリンク
 




 

新しい季節や気分転換などで部屋の模様替えをしたくなりますよね。

思い立ったが吉日とはいうものの限りあるスペースを有効活用するためにも闇雲に模様替えをすることはおすすめできません。

きちんと計画をたてて行いたいですね。

模様替えを行うときはサイズの大きな家具やインテリアから移動先を考えると思います。そうしないとスペースに収まりきらないということにもなるかもしれませんからね。

家具の中でも移動先のに気を遣うものはテレビではありませんか??

今回は手間も時間もかかる模様替えに失敗しないためにもテレビを移動するときの注意点についてお伝えしたいとも思います。

模様替えでテレビの配線の問題点の解消についてはこちら

記事中

スポンサードリンク




模様替えでテレビを移動するときの注意点

テレビは普段の生活でも使用頻度の高いものですし、模様替えした結果によっては印象が変わるだけでなくテレビにとって悪影響を与えてしまうこともあります。

テレビにとって良くない移動先を知って模様替えを成功させましょう!!

窓とテレビの位置関係

窓とテレビの位置関係はかなり大事になります。

移動場所によっては直射日光が当たってテレビにとって良くない環境をつくってしまったり、日光の入り方によっては画面が見えにくくなってしまいます。その結果、カーテンをもっと遮光が強いもの付け替えたりテレビの移動を再度行わないといけなかったりします。

そんな二度手間にならないようにしたいですね。

テレビの見え方による位置関係に注意

窓の前は逆光になるので注意

窓の前にテレビを置いてしまうと逆光になってしまうので画面を見たときに直射日光が目に入ってしまいます。直射日光は目に良くないので長時間日光を見るような環境は作らないほうがいいでしょうね。

窓の近くでは日光によって画面が見えにくくなるので注意

窓の近くに移動させてしまうとテレビを見る時間によっては画面に日光が当たってしまうことがあります。

外でスマホを使っているときのことを想像してもらうとわかりますが、一番明るい状態にしてても光のあたり方によっては画面が全く見えなくなってしまいます。

それと同じような状態になってしまうので窓の近くには移動させないほうがいいでしょう

強力な遮光カーテンを使うのであれば見え方についての問題は解決するかもしれませんが、極端に明るさがなくなってしまうのであまりオススメできません。

直射日光によってテレビが劣化するので注意

テレビだけに限らず電化製品は直射日光に弱いです。説明書を読んでも必ずと言っていいほど直射日光を避けるような記述がされていると思います。

直射日光によってテレビが劣化してしまう原因は大きく2つあります。

①直射日光の熱による劣化

電子機器は10℃上昇することで寿命が半分になるとも言われています。

テレビに直射日光があたることで内部の電子部品の温度が上昇するため寿命が短くなりテレビの劣化につながるということです。

②直射日光の紫外線による劣化

テレビの外側の塗装部分や樹脂は紫外線によって劣化します。テレビの塗装が色あせてしまうだけであれば、寿命が短くなるような問題にはならないと思われますが、電源コードなどの被覆部分が劣化してしまうと寿命を短くしてしまうことになります。

③湿気による劣化

冬になると家の中と外の温度差によって窓が結露してしまうことがあります。窓の近くにテレビがあると同じように湿度が高くなり内部の基盤や配線が腐食してしまい劣化してしまいます。

テレビの移動先には見る場所からの距離に注意

テレビと見る場所との最適距離はテレビのサイズによって変わってきます。

近すぎると光の強さや画質の粗さ、目への負担によってみえにくいことになります。適正な距離はテレビの高さの3倍と言われています。小さいテレビであれば気にすることもないでしょうけど、最近では大きなサイズのものが主流になっているので移動させる前に距離が確保できるか計算してみることをオススメします。

テレビの高さ・テレビ台の高さ・ソファやいすの高さ・座高がわかればざっと計算できるはずです。

テレビは小さな光の集合体です。ひとつひとつの間にはほんの少しですが隙間があります。テレビとの距離が近くなるとこの隙間部分も見えてしまう画質が粗く感じてしまうことがあります。

画質の違和感やカラダへの負担を考えてテレビとの距離が確保できないようならテレビの移動はあきらめたほうがいいと思います。

コンセントの位置に注意

頻繁に模様替えをする人であれば自分の部屋のことおよく知っていると思いますが、あまり模様替えをしない人であればテレビのコードの長さや壁のどこから出ていて移動先まで何mの長さが必要になるか把握している人は少ないと思います。

電源コードが足りないときは延長コードがどこでも売ってあるので問題ないですがテレビのコードが足りないときは延長させるより長さが足りるものに買い替えたほうがいいです。

延長させることもできますが、延長させることでノイズが発生する機会が増え結果として画質の低下になることがあります。

コンセントの位置とテレビの位置関係を把握することで事前にこの手間を省くことができるので事前に確認しておきましょう

まとめ

今回は模様替えのときのテレビを移動させるときの注意点についてお伝えしてきました。

模様替えでテレビの配線の問題点の解消についてはコチラ

窓とテレビの位置関係に注意です。

①窓の前にテレビを置くと直射日光によってテレビが劣化するので注意です。直射日光によって内部の温度が上がって電子部品の寿命が短くなります。また、紫外線の影響によってコンセントの被覆が劣化することがあります。結露による湿気によって内部の配線などが腐食することがあります。

②見る場所からの距離に注意

目への負担や画質が粗く見えることなどの理由でテレビの高さの3倍の距離を確保することをオススメします。

③コンセントの位置に注意

コンセントまでのコードが足りないときは安価で延長コードが手に入るのであまり問題ありません。しかし、テレビのコードになると延長コードを使用すると画質の低下にもつながることがありますので、延長コードを使用しないことをオススメします。

 

今回の模様替えのときのテレビの移動についての注意点については以上にンなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました