> 特別展 りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号2021 長崎美術館での開催日程&アクセスのまとめ - 最新トレンドニュース速報

特別展 りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号2021 長崎美術館での開催日程&アクセスのまとめ

スポンサードリンク
 




 

長崎市にある長崎県美術館の企画展示室にまんが雑誌の「りぼん」をテーマにした特別展示会が開催されます。

「りぼん」は1955年に創刊されて以来、日本中の女の子たちのバイブル的な存在であり続け、1993年末には最高発行部数255万部にもおよびました。

当時の少女たちは、「りぼん」から

恋愛を知って、熱い友情を学び、大人の女性へのあこがれを募らせました。

今回の展示会では当時の人気作家11人による16作品が展示されます。

懐かしの名シーンの原画や心躍らせた「付録」も展示されます。

りぼんを読んでいたあの少女の頃から今では大人の女性になっています。

あの頃憧れた大人の女性になれているのでしょうか??

あの頃の懐かしい少女の自分に戻れる時間になることでしょう!!

 

この記事では長崎美術館で行われる「250万りぼんっ子 大増刊号」の開催日程やアクセスなど詳細についてお伝えしていきたいと思います。

 

記事中

スポンサードリンク




250万りぼんっ子 大増刊号2021 長崎美術館の開催日程

 

開催期間 2021年4月16日(金)~5月27日(木)

4月26日(月)、5月10日(月)、5月24日(月)は休館日になります

開催時間  10:00~20:00(最終入館時間は19:30、最終日のに18時まで)

入館料金  一般1100円(900円)、大学生・70歳以上900円(700円)

高校生700円(500円)、中学生以下無料

()内は前売り価格もしくは15名以上の団体価格

問合わせ先  長崎県美術館  095-833-2110

所在地   長崎県長崎市出島町2番1号

前売りチケット情報

前売り券の取り扱い日時2021年2月20日(土)~4月15日(木)

前売り券の取り扱い店舗 一覧

セブンチケット(セブンコード:087-838)
ローソンチケット(Lコード:81734)
チケットぴあ(Pコード:685-525)
CNプレイガイド(ファミリーマート)
長崎県美術館

※セブンチケット限定でお気に入りのりぼんキャラクターがデザインされたプリントがついた入場券を手にすることができます。

特別展 りぼん開催される長崎美術館へのアクセス

車(マイカー)での来館する場合

長崎自動車道・長崎ICよりながさき出島道路経由で約5分

長崎美術館周辺の駐車場情報

クレインハーバー長崎ビル駐車場

 入庫して3時間まで 

  ・30分毎 60円

通常利用

  ・8:00~20:00 30分毎 130円
  ・20:00~8:00 30分毎 70円
   ※24時間毎の上限額 3,120円


 県営常盤(北)駐車場

  入庫して3時間まで 
   ・30分毎 50円

通常利用

  ・8:00~20:00 30分毎 120円
  ・20:00~8:00 30分毎 60円
  ※24時間毎の上限額 2,880円

美術館の有料施設を利用すると駐車料金が割引されますので駐車券を提出してください。

公共交通機関を利用する場合

長崎美術館から最寄りの場所をご紹介します

JR長崎駅から徒歩15分

路面電車出島電停から徒歩3分

メディカル電停から徒歩2分

バス 長崎新地ターミナルから徒歩5分

大波止から徒歩8分

名が札建美術館(土日のみ)

250万りぼんっ子に展示予定の作家&作品

彩花みん ・・・赤ずきんチャチャ

池野 恋  ・・・ときめきトゥナイト

一条ゆかり ・・・有閑倶楽部

岡田あ~みん ・・・ルナティック雑技団

小花美穂 ・・・こどものおもちゃ

さくらももこ ・・・ちびまる子ちゃん

椎名あゆみ ・・・ベイビィ★LOVE 、あなたとスキャンダル

柊 あおい ・・・星の瞳のシルエット 、耳をすませば 、銀色のハーモニー

水沢めぐみ ・・・姫ちゃんのリボン

矢沢あい ・・・天使なんかじゃない 、ご近所物語

吉住 渉 ・・・ママレード・ボーイ 、ハンサムな彼女

 

みどころ

①連載当時の原画が約120点、ふろくが約150点が展示される!!

 

②特別展のために書き下ろされたイラストや秘蔵アイテムの展示も??

③展示会は撮影がOKな場所もアリ!!SNS映えも!!

 

さいごに

今回は長崎県美術館で開催される250万りぼんっ子 大増刊号2021についてお伝えしてきました。

当時、乙女だった女性であれば誰もがなつかしさを感じられる展示会になっています。

男子であってもちびまる子ちゃんなど見たことある作品に出会えると思います。

 

ぜひ、足を運んでいただいてあの頃の少女だったころの気持ちを思い出してみてください。

 

今回のご紹介は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました