> さつまいもの熟成方法。簡単な保管のやり方で劇的においしくなります。 - 最新トレンドニュース速報

さつまいもの熟成方法。簡単な保管のやり方で劇的においしくなります。

スポンサードリンク
 




 

色んな料理で活躍できるさつまいも。

身近で手に入るさつまいもをちょっとだけ、
手を加えるだけでおいしくできるならやってみたいと思いませんか??

今回の記事ではさつまいものカンタンな熟成方法についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




さつまいもの熟成方法&食べごろの見分け方

焼き芋や炊き込みご飯、天ぷらにしてもおいしいさつまいもを、
もっとおいしく食べるためには熟成期間が必要です。

一定期間温度や湿度をコントロールしながら保管することで、
さつまいもに含まれるでんぷんが糖化し、
甘味が強くなるといわれています。

スーパーなどに並ぶさつまいもは
ある程度熟成させてから出荷されていますが、
購入後さらに2週間程度熟成させると、
ホクホク感や甘味が増しておいしくなります。

熟成の方法ですが、
できれば土がついた状態のままがよいとされています。

新聞紙に包んで、温度13~14°C、湿度85~90%の場所に保管します。

熟成中に傷んでしまわないように、
傷がなくて皮の色が鮮やかなさつまいもを選ぶことが重要です。

家庭菜園などで収穫したさつまいもは、
少なくても1か月から1か月半程度の時間をかけて熟成させます。

熟成しているかどうかを見分けるためには、皮の色を見ます。

熟成したさつまいもは深い赤色でツヤがあり、
全体的に均一な色をしています。

大きさや収穫した時期などで熟成期間に個体差はありますが、
保管しておくだけでおいしいさつまいもが食べられるのでぜひ試していただきたいです。

さつまいもの煮物は日持ちがいい??

秋の味覚の代表で有名なさつまいも。
だからといって秋にしかスーパーに出回らないということではないです。
一年中、見かけるさつまいもは主婦の強ーい味方!

お菓子、おかずとレパートリーが豊富なのも嬉しいですよね。
今回はさらに嬉しいことをお知らせしますね!

私がお勧めするさつまいも料理はなんといっても「さつまいもの煮物」です。
食卓のおかずはもちろん、おべんとうにも便利ですよね。
子供って苦いピーマンとか残しがちだけどさつまいもは食べてくれるんですよね!

でも私がお勧めする理由は便利なところだけじゃありません。

さつまいもの煮物って5日ほどは日持ちするんです。
これって凄くないですか?

作り置きおかずっていっぱいありますが
5日も日持ちするおかずってなかなかないですよね・・・。

食べる時は必ず、一度再加熱してくださいね♪

しかも、さつまいもの煮物は冷凍保存もできちゃうんです。
冷凍したら1ヶ月ほど保存が可能です。

冷凍したものは自然解凍でも大丈夫ですよ♪

さつまいもの天ぷらでできるアレンジレシピ

さつまいもの天ぷらを作り過ぎたからアレンジしたい。
そんな風に考えている方もいるでしょう。
そこで今回の記事ではさつまいもの天ぷらでできるアレンジレシピを紹介します

1.大葉入り天ぷらのお好み焼き
余った天ぷらの衣にみじん切りにした具材を詰め込み、
お好み焼きにアレンジしたレシピです。
おやつ感覚で食べられますので、子供が好んで食べます。
またお好み焼きを食べた後には口の中には油でべたつきますので、
大葉の爽やかな風味で抑えられます。

2.天ぷらの卵とじ
醤油、酒、みりんで味付けし、薄めにスライスした玉ねぎを煮ます。
玉ねぎにある程度火が入りましたら
切った天ぷら残りを加えて更に煮込むようにします。
後は仕上げに卵を回し入れ、好みの硬さになるまで火を通せば完成です。
そのまま食べても構いませんが、ご飯にかければ親子丼風になります。

3.天ぷらの混ぜご飯
めんつゆを水で割ったものを鍋にかけます。
枝豆、天ぷらの余りなどを加えて煮込みます。
出来上がったものを、ご飯に加え混ぜるだけで完成です。

まとめ

今回の記事ではサツマイモの熟成方法についてお伝えしてきました。
甘味が増し増しでおいしくなります。
カンタンな方法なのでぜひともチャレンジしていただきたいです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました