> 佐原の大祭秋祭り2021 歴史や由来を知ってもっと楽しもう! - 最新トレンドニュース速報

佐原の大祭秋祭り2021 歴史や由来を知ってもっと楽しもう!

年間行事

スポンサードリンク
 




 

佐原の大祭の秋祭りは約300年の伝統をもつ歴史あるお祭りです。

佐原の大祭は夏祭りの八坂神社祇園祭と秋祭りの諏訪神社秋祭りの総称です。

秋祭りには山車が14台曳き廻されお祭り最大の見どころになっています。

今回の記事では佐原の大祭の秋祭りの歴史や由来、日程などの基本情報をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




佐原の大祭秋祭りの歴史や由来を知ろう!

佐原の大祭は300年以上の伝統をもつお祭りになります。

佐原地区には市街位置の中心部を東西に分断するように小野川が流れています。

その小野川を境界線として東側を本宿、西側を新宿と呼んでいます。

夏祭りが本宿地区の祭りで、秋祭りは新宿地区の祭りになります

本宿はもともと町場として中世から続いていました。

新宿は後から新しく開拓された地域になっています。

新宿が開起されてからは、本宿・新宿の両方とも分け隔てなく佐原村の守り神様を天王社に祀っていました。

それから新宿が発展していき新たに諏訪社に守り神さまを祀るようなりました。

こうして本宿と新宿は分かれていきました。

元々行われていた祇園祭りとは別に練物を中心とした諏訪祭りを行うようになったことが秋祭りの起源になります。

練物は祭礼などのときに、町なかを練り歩く行列や山車(だし)などのことで今の原形となっています。

佐原では山車を動かすことを曳き廻しと呼び、佐原の大祭の最大の見どころになっています。

山車祭りの起源を諏訪祭の1721年(享保6年)としていて、現在の「佐原型」といわれるような山車の祭りが成立するのは、1819年から1829年の文政年間以降と考えられています。

2004年2月6日に「佐原の山車行事」が国の重要無形民俗文化財に指定されました。

2016年12月にユネスコ世界無形文化遺産に指定されました。

日本三大囃子ひとつにも選ばれていて、

川越氷川祭や常陸國總社宮大祭(石岡のおまつり)とともに

関東三大祭りのひとつにも選ばれています。

佐原の大祭秋祭り2021の基本情報

残念なことに2021年に予定されていた佐原の大祭秋祭りは中止が決定されてしまいました。

伝統ある祭りが2年連続で夏も秋も中止となってしまい非常に残念ではありますが状況が状況だけに仕方ないです。

2022年以降のため佐原の大祭秋祭りの基本情報をお伝えします。

名称 佐原の大祭 秋祭り(諏訪神社秋祭)
開催日 10月第2土曜日を中日とする金曜・土曜・日曜の3日間

2021年では10月8日(金)~10日(日)

開催時間 午前10時から午後10時

注釈:雨天決行※山車人形にはビニールシートがかけられる

開催場所 千葉県香取市佐原の新宿地区

お問合せ先 香取市商工観光課 電話:0478-54-1111(代)

水郷佐原観光協会 電話:0478-52-6675

お祭りの内容・スケジュール(前年に開催された日程を参考にしてます)
初日(金曜日)
午前10時から午後10時 各町内を「山車乱曳き」(山車14台)
随時 各指定場所にて「のの字廻し」
随時  お祭りステージ広場ほか随所にて「佐原囃子と手踊りの披露」

2日目(土曜日)
午前11時頃 仲川岸通り(お祭りステージ広場前)にて「山車14台整列」
正午から 通し砂切りの後、山車巡行
午後4時頃 香取街道(わくわく大休憩広場前)にて「山車14台整列完了」
午後6時20分から  「年番引継ぎ行事」
午後7時40分頃から 各町順次曳き分れ
随時 お祭りステージ広場ほか随所にて「佐原囃子と手踊りの披露」

最終日(日曜日)
午前9時から 諏訪神社御旅所(お祭り本部隣)から諏訪神社「神輿の渡御行列」
午前10時から午後10時 各町内を「山車乱曳き」(山車14台)
随時 各指定場所にて「のの字廻し」
随時 お祭りステージ広場ほか随所にて「佐原囃子と手踊りの披露」

 

佐原の大祭秋祭り2021のアクセス方法

公共交通機関で来場する場合

高速バスを利用する場合では関鉄グリーンバス、京成バス・千葉交通を利用すると便利です。

関鉄グリーンバスでは東京⇔鉾田を移動しますので「佐原駅」で下車して徒歩5分程度で会場にたどり着きます。

京成バス・千葉交通では東京⇔銚子を移動しますので「佐原駅北口」で下車して徒歩約10分で会場にたどり着きます。

電車を利用する場合はJR成田線 佐原駅で下車して徒歩約5分となります。

開催期間3日間のうち土曜・日曜の2日間では臨時特急列車が運行します。停車駅などはJRのHPからご確認ください。

自家用車で来場する場合

高速道路を利用する場合には東関東自動車道 佐原香取ICで下りて県道55号線を北西に約10分移動するとたどり着きます。

もしくは佐原香取ICのとなりの大栄ICで下りて国道51号線を北東に約20分移動するとたどり着きます。

佐原の大祭秋祭りの期間中は時間によって交通規制がかかっている場所がありますので自家用車で移動するときはよく確認してください。

どちらのICを使っても臨時無料駐車場はまで最短ルートで移動すると交通規制の場所に引っかかると思います。

佐原の大祭秋祭りで便利な駐車場

佐原の大祭秋祭りでは臨時無料駐車場が用意されています。

大型車を含む1000台の駐車スペースがありますので有料駐車場を探すより便利でしょう。

また、臨時無料駐車場のすぐ近くからシャトルバスやシャトル船が出ていますので会場付近までの移動もラクチンです。

ただ、駐車場は無料ですがシャトルバス・シャトル船は有料になります

名称 利根川河川敷臨時駐車場
所在地
利用料金 無料
収容台数 1000台(大型車も駐車可)

シャトルバス・シャトル船について

運行時間 9時30分から21時まで随時
利用料金 バス:往復券:大人400円、子供200円/片道券:大人200円、子供100円

船:往復券:大人1,000円、子供500円/片道券:大人600円、子供300円

 

佐原駅が秋祭りの区域に入っているためか、

駅の外観もそれに見合った風情ある作りになっていますね!!

 

佐原の大祭秋祭り2021の口コミ

 

・屋台は大迫力

・季節感を感じるお祭り

・賑やかで盛り上がってて楽しい!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました