> サザエの蓋の取り方。身にたどり着く前の難関を乗り越えろ!! - 最新トレンドニュース速報

サザエの蓋の取り方。身にたどり着く前の難関を乗り越えろ!!

スポンサードリンク
 




 

サザエを調理しようとして最初の難関が蓋を取ること。
新鮮であるほど固く閉ざされた蓋を取るのは一苦労です。
つぶやきでも刺身でも蓋を取らないといけません。

今回の記事ではサザエの蓋のカンタンな取り方についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




サザエの蓋のカンタンな取り方

サザエの蓋は外すのがとても難しいものです。
仕出しについてくるような煮物であっても、
蓋は取り外しにくく、食べるのも一苦労します。

そのようなサザエの蓋ですが、
生きたサザエとなるとさらに固く口を閉ざしてしまいます。
鮮度がいい目安にはなるものの、本当にやっかいな固さなのです。

そのようなサザエの蓋ですが、実は取り方のコツがあります。
それも実は簡単に外せるのです。

スプーンの後ろ側やフルーツナイフのような平たいものを使い、
蓋の内側部分の隙間に勢いよく差し込みます。

その際に頭部分を断ち切ることで、
殻から蓋の部分を取り外すことができるのです。

ここで断ち切った後ろ部分は
指を入れて引っ張り上げることでくるんと抜き取ることができます。

この状態にできれば、
刺身に調理する場合であっても
簡単に作業を行うことができます。

身の部分と蓋は包丁で切り外すことで完全に取ることができます。
コツは蓋の内側から勢いよく差し込むことです。
これがサザエの蓋の簡単な取り外し方なのです。

サザエの刺身ってあたるってホント??

貝類は刺身で食べると食中毒になる可能性がある食べ物です。
ここで知っておきたいことは、
全ての貝類が危険ということではないということです。

サザエはキモも含めて、食べる事ができる部分が多いという特徴があります。

なかなかキモの刺身というのは食べる事ができないので、
ぜひ食べてみたい部位です。

ではどんなサザエが
あたってしまう可能性があるのかというと、新鮮ではないものです。

魚介類には腸炎ビブリオという食中毒になってしまう細菌が付着しています。
この菌は新鮮ではなくなるほど増えていくという特徴があります。

生食は新鮮さが命ですから、
時間が経過したものは刺身として食するのはやめた方が賢明です。

生食が可能であるものを購入して期限をしっかり守って食べる事が大事です。

自分で摂ってきた場合はすぐに食べる事が重要で、
もしあたることが嫌だなと思っているなら火を通して食べる方がいいです。

刺身は、鮮度が命である事を知っておく事が大事です。

サザエの刺身には危険が潜んでいる??

サザエを刺身で食べることに危険性はないのでしょうか?
サザエが食べるエサからは
魚介類で食中毒を起こすアニサキスはサザエに入り込みません。
そのため、アニサキスによる危険性はありません。
安心して生の刺身で食べることが可能です。

特に四月ごろの春先から禁漁期間までのサザエは
とてもおいしい刺身を味わうことができます。

一方で、時間が経ち鮮度が落ちていけば、
食中毒を引き起こす可能性が時間経過とともにあがっていきます。

特に腸炎ビブリオ菌は魚介類の食中毒でも危険性の高いものであり、
鮮度の落ちた魚介類では菌は恐ろしく増殖しますので、
鮮度の落ちたサザエを食べるのはとても危険です。

旬のサザエであっても、
触って反応の悪いものや死んでしまっているものなどは、
うかつに刺身で食べるのはやめたほうがいいでしょう。

美味しく刺身で食べる場合、
加食部分はつぼ焼きと比べて減ってしまいますが、
頭のくちばしを取った部分と、
肝のうち渦巻きより後ろ側の部分を下茹でしたものを食べるようにします。

コリコリした食感と若干のほろ苦さが
磯を感じさせてくれるサザエは、
鮮度がよければ安心して刺身で食べることができます。

まとめ

今回の記事ではサザエの蓋の取り方についてお伝えしてきました。
どんな調理にも蓋を取ることが必要になるので、
できるだけ簡単に取れるようになりたいですよね。
ぜひ、この方法をチャレンジしてみてください。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました