> 「節分といえば」の食べ物。定番の食べ物から地域色の強い食べ物を紹介します - 最新トレンドニュース速報

「節分といえば」の食べ物。定番の食べ物から地域色の強い食べ物を紹介します

スポンサードリンク
 




 

節分での食べ物といえば恵方巻や豆が定番ですよね。
ただ、地域によって珍しいものがあるのでしょうか??
気になったので調べてみました。
今回の記事では節分といえばの食べ物についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




「節分といえば!」の食べ物をご紹介

節分の食べ物といえば、
年の数+一粒の豆、恵方を向いて黙って食べる恵方巻き、
鬼が家に入るのを防ぐイワシの頭などが有名ですね。

地方によってはその他にも、様々な食べ物が節分で食べられています。
まず、年越しに食べられるイメージが強いお蕎麦ですが、
節分は旧暦の大晦日にあたる日なので、
江戸時代後期には節分にお蕎麦を食べる風習があったとされています。

現在でも出雲地方では、節分にお蕎麦を食べる風習が残っています。
また、縁起かつぎの意味も込めて、山口県ではクジラを食べる風習がありました。
体の大きなクジラの肉を食べることで、健康で長生きするという意味合いがあります。

大晦日は大掃除の時期でもありますが、
食べることで体の大掃除をしようという習慣もありました。
四国では節分にこんにゃくを食べて、体にたまった砂を出し、
きれいな体で立春を迎えるという習慣があります。

このように、節分は旧暦の大晦日であるというルーツから、
様々な験担ぎの意味を持った食文化が生まれてきました。
現在でも残るそうした食文化には、
健康長寿を祈る人々の変わらない思いが込められているのです。

 

節分の定番の食べ物のひとつに恵方巻があります。
恵方巻は巻きずしの一種であり、
恵方巻と呼ばれる前から節分に巻きずしを食べる習慣がありました。
この節分に巻きずしを食べることの意味を調べてみましたのでご確認ください。
 ⇒節分に巻きずしを食べる意味ってどんなもの??

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~恵方巻き

節分に皆様食べられる恵方巻き…
あの”恵方巻き”の食べる意味や由来は以外と知られていない!?
今回はそんな疑問を解説致します!

縁起物とされて験担ぎで決められた方角を向いて無言で食べるのは有名ですよね?
しかし、それには大いなる理由があるんです!!

江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で節分をお祝いしたり、
商売繁盛を祈るといった事から始まった恵方巻き。
商人や芸子達が芸遊びをしながら商売繁盛を祈り食べられ、
名前も”恵方巻き”ではなく”丸かぶり寿司”や”太巻き寿司”と呼ばれていました。
七福神にちなんで、7つの具材を入れて巻くことから
現在の恵方巻きも具材が7つ巻かれているとか…
恵方巻きの気になる点がもう1つ…

何故1本丸かじりするのか…?

それは1本丸かじりする事で幸福や、
商売繁盛の運を一気に頂くと云われています!!
幸せを呼び込みたい方や商売繁盛したい方は
是非1本丸かじりしてみると思わぬ運が舞い込んでくるかもしれませんよ(*^^*)
他にも恵方巻きを切り分けない理由として、
切り分けた事で”縁を断ち切る”といった意味もあります。

何故指定された方角を向いて食べるのか…?

恵方巻きにもついてる”恵方”というのは
その年の福をつかさどる”歳徳神”がいる方向を意味します。
この歳徳神がいらっしゃる方向はその年の最も縁起の良い方角とされていて、
恵方に向かって行う事は全て”吉”とされているそうです。
なので、恵方巻きを食べる際には
”恵方”を調べてから食べ始めるといいかもしれませんね♪♪

最後に、何故無言で食べるのか…?

 無言で食べる理由は”福が口から逃げないように”する為だと云われています。
これを聞くと無言で食べる事へ納得出来ますよね☆
節分に恵方巻きを食べる際にはこちらを参考にしてみてくださいね(^^)

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~イワシ

節分では、豆を撒いたり太巻きを食べますが、
実はイワシを食べる風習が存在します。
基本的には、イワシを焼いた匂いで邪気を追い払うために
飾って魔除けにするのですが、
イワシを食べて体の中の悪い気を追い払う意味もあります。
一般的に節分時にイワシを食べるのは、関西地方だと言われています。

なぜイワシを節分で食べるようになったのでしょうか?
まず、イワシを食べるのも飾ること同様に悪い気を払う意味があります。
イワシはDHA・カルシウムなどが多く含まれていて栄養値の高い魚です。
昔は現在よりもイワシを多くとることができ、人々の大切な栄養源とされていました。

また、イワシは「鰯」と書くように陸にあげるとすぐに弱ってしまうことや
卑しい魚であることから語源は「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」と言われています。
このような弱く、卑しく、臭いの強いイワシを節分に食べると、
体内の「邪悪な気や陰の気を消す」という意味があるとされ、食べられてきました。

2月3日は旧暦の大晦日で悪い気は一年の終わりにおいて
健康に新年を迎えるための儀式として栄養値の高いイワシを食べることが
関西地方では定着したと言われています。

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~こんにゃく

季節の変わり目である節分。
現在では、2月の立春の前日のことを指す節分ですが、
食べると縁起がいい、とされる食材が七つあります。
こんにゃく、けんちん汁、そば、くじら、いわし、恵方巻、豆の七つです。

そのうちの、こんにゃくの由来についてご紹介したいと思います。

こんにゃくは、昔から食物繊維が豊富であることが知られていました。
そのため「胃や腸をきれいにする」
つまり身を清めるために食べるようになった、と言われています。

昔の人々は、節目節目で体の外も中もきれいにして、
その時々に最大限の恩恵を受けようと努めていたのですね。
そのため、こんにゃくは「胃のほうき」、「砂おろし」とも呼ばれていました。
節分にこんにゃくを食べる風習は、
四国地方ではじまったとされています。
それは各地の交易が盛んになると同時に全国に伝播し、広まったと考えられています。

こんにゃくの食べ方は、特にこれ、と決まっている訳ではありません。
それぞれの家庭で、思い思いのこんにゃく料理を食べるようです。
煮物の具やピリ辛の炒め物など、
好みや季節感に合わせて楽しみながら、身を清めてみてはいかがでしょうか。

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~けんちん汁

節分には、けんちん汁をふるまうお寺もあり、縁起のいい食べ物と言われます。
そもそもけんちん汁は、鎌倉の建長寺(けんちょうじ)で作られていた料理です。

「けんちん」は、「けんちょう」が由来とされます。
精進料理であり、大根や人参、こんにゃく、ゴボウ、サトイモを油でいためて、
豆腐を加えた具たくさんの汁です。
汁気の少ない「けんちん煮」も家庭料理として昭和の頃は親しまれていました。
地方によって「きんちゃん」と呼ばれることもある食べ物です。
また、和食では、豆腐を野菜と煮込む料理を「けんちん」と呼ぶ習慣もあります。

節分は立春の前の日です。
春を迎えるゲン担ぎの行事も残っています。
例えば、料亭では、「運をつかむ」にちなんだ「ほうろく焼き」も定番です。
こんにゃくや人参、銀杏、レンコンなど
名前に「運(うん)」が入る野菜を集めて楽しみます。
同様に、「けんちん汁」は名前にも、材料にも「運」が詰まった料理です。
そんな由来もあり、節分に好まれたとも言えます。

けんちん汁の作り方は、
あく抜きをした材料を油でいため、だし汁を加えて煮ます。
醤油で味をつけてからサトイモを加えると吹きこぼれません。
また、サトイモを入れると粘りが出るので、
豆腐を崩しながら入れると水分調節にもなります。
サトイモに火が取れば、完成です。

食べる際、七味唐辛子も薬味に好まれます。
けんちん汁やけんちん煮は、食物繊維が多く、低カロリーな点も見逃せません。
節分に食べて、「運」を掴みましょう!!

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~クジラ

季節の変わり目であり、
暦の上では新しい芽吹きの春を迎える前日の節分。
そんな節分を「大晦日」と捉えて、
一年の締めくくりと新しい年に備える日にするという風習が
古来から日本にはありました。

大晦日ですから、それに伴った行事や、
縁起の良い食べ物を食べることも行われてきました。
近年でも恵方巻などが節分の食文化として広がっています。

山口県にはちょっと変わった節分ならではの縁起のいい食べ物があります。
それはクジラです。
昔から山口県の沿岸は捕鯨が盛んでした。
クジラは一頭捕まえることができれば、
食べ物だけでなく油や骨なども有効利用できることから海の恵みの象徴ともいえる存在でした。

そんなクジラを節分に食べることで、
大きなクジラにあやかり大きな幸福が手に入る、とされたり
子供がクジラのように大きく丈夫に育つなどされ、行事食として山口に根付いたそうです。

今でも節分になると、
県内のスーパーでは特設のクジラコーナーが設けられ節分用のクジラ肉が販売されます。
所変われば品変わる、とは言いますが日本にはまだまだ知らない食文化がありますね。

節分に食べる縁起のいい食べ物の意味と由来~そば

豆をまいて、邪気を払う2月3日の節分。
節分には、まいた後の豆を食べるといいとされますが、
他にも節分に食べる縁起の良い食べ物として
「そば」を食卓に並べる地域があるというのは御存知でしょうか。

日本人にそばが最も消費されるのは
12月31日の大晦日の「年越しそば」ですが、
実は年越しそばを12月31日に食べるようになったのは比較的最近になってのこと。

では、昔はいつ食べていたのかというと「節分の日」だったのです。
元々、節分というのは季節と季節の境目という意味です。
古い暦の上では冬が終わり春がやってくることから、
日本では立春を一年のはじまりとし、節分を「大晦日」とする習慣がありました。

そういった意味から、実は年越しそばは節分に食べられていたものだったのです。
それが由来となって未だに出雲地方と信州地方という
そばの産地として名高い一部の地域では節分の日にそばを食べます。

長く打つことから、健康長寿の縁起を担げるとされるそば。
まだまだ寒い日が続く節分に、
あたたかいそばを食べるというのも良い過ごし方かもしれませんね。

まとめ

今回は節分に食べる縁起のいい食べ物についてお伝えしてきました。
定番の豆や恵方巻のほかにも色んな食べ物がありますね。
お住いの地域によっては全くといっていいほど馴染みのないものもあったと思います。
でも、その地域に住んでる人にはとても意味のあることだと勉強になりました。

 

節分の定番の食べ物のひとつに恵方巻があります。
恵方巻は巻きずしの一種であり、
恵方巻と呼ばれる前から節分に巻きずしを食べる習慣がありました。
この節分に巻きずしを食べることの意味を調べてみましたのでご確認ください。
 ⇒節分に巻きずしを食べる意味ってどんなもの??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました