> 節分の伝統的な食べ物 関東ではどんなものが食べられてきたの?由来や効果を解説 - 最新トレンドニュース速報

節分の伝統的な食べ物 関東ではどんなものが食べられてきたの?由来や効果を解説

スポンサードリンク
 




 

1月も終わりに近づいてくると、まだ寒いのに暦の上では春がやってきますと言われだしますね。

節分の話題がたくさんありますが、やっぱり気になるのは食べ物系の話ですね。

関西方面では恵方巻のことが挙げられますが、関東方面での伝統的な料理などはあるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

記事中

スポンサードリンク




節分の伝統的な食べ物 関東ではどんなものが食べられてきたの?

お正月が終わると間もなくは節分がやってきますね。

毎年お正月が終わるとほどなくしてスーパーなどで

節分の特設コーナーを見かけることも多いのではないでしょうか。

店の目立つ所で売られている豆を筆頭に、

鮮魚売り場ではいわしが並ぶなど、節分という行事の浸透力の高さが伺えます。

そんななか、近年のブームといえばやはり恵方巻ではないでしょうか。

廃棄量が食品ロスとして社会問題になっていることは否めませんが、

恵方巻を手に取る人は多く目につきます。

定番の白飯の海苔巻きだけでなく、

ロールケーキなどのスイーツにも恵方巻が展開されており、

幅広い客層が手に取りやすい商品といえるでしょう。

しかしこの恵方巻、関西地方が発祥とされており、

関東へ広がってきたのはごく最近のことです。

では関東の節分の食べ物といえば、どんなものがあるのでしょうか。

僕が第一に挙げたいのが、「しもつかれ」という北関東の郷土料理です。

しもつかれとは、鮭の頭、大豆、大根やにんじんなどの野菜を

細かく切ったりすりおろしたりしたものを酒粕と煮込んだ料理です。

見た目はおからのように茶色でホロホロとしていますが、

酒粕だけの味付けなので匂いが強く、苦手と感じる人も多いかもしれません。

おかずの一品として北関東の各家庭で昔から作り継がれてきているため、

家庭により味つけや具材が異なります。

それほどまでに親しまれてきたしもつかれですが、

近年の若い世代へはあまり浸透していないかもしれません。

 

僕は北関東の栃木県に住んでいたころ、

節分が近くなると行事食として学校給食で登場し、

多くの子供たちが残すことで語り継がれていたぐらいです。

ですがしもつかれには、魔よけ、厄除け、無病息災などの意味がこめられており、

縁起の良い食べ物とされているのです。

 

同じく関東で広く食べられている節分の料理として、「けんちん汁」があります。

行事食と言うよりは毎日の献立としても広く親しまれているけんちん汁ですが、

節分の行事食として食べられるようになった理由は縁起物だからではありません。

寺の精進食を発祥としており、

寒い時期に温かい汁物を取ることで身体を温めるという健康面での意味合いで、

昔から支持を得てきたようです。

 

節分という1つの行事のなかでも、

色々な料理が行事として親しまれており、

時代や地域で変化していることが分かりますよね。

行事を生活に根付かせたり、イベントとして取り入れたり

自分のやり易いやり方で楽しみれば、形を変えて継承していけるでしょう。

自分の知らない地域についても調べてみても面白いかもしれません。

 

この記事では節分の定番料理の関東地方編となっていますが、
全国的に有名なものに恵方巻があります。

恵方巻は太巻きの一種です。
この太巻きは恵方巻と呼ばれるようになる前から食べられていますが、
なぜ節分に太巻きが食べられるようになったのでしょうか??

こちらからご確認ください。
 ⇒節分に太巻きを食べるようになった由来とは??

しもつかれの由来や効果は?

栃木県を中心に食べられる郷土料理「しもつかれ」、

大根とにんじんをすりおろして油揚げ、大豆、鮭の頭、酒かすと煮込んで作られるものです。

2月の初午のときに食されています。

「しもつかれ」とユニークな名前がついていますが、その由来には諸説あります。

そのうちの一つが、

当初は「酢むつかり」と呼ばれていたものが煮込むようになって「しみつかる」が変化して

「しもつかれ」になったという説です。

ほかには栃木県の旧国名である「下野(しもつけ)」から由来しているともいう説もあります。

 

しもつかれは材料のほとんどを捨てることなく丸ごと使います。

しもつかれが作られるようになったきっかけの一つとして江戸時代の飢饉があり、

冬場に収穫できるものを食べて飢えをしのいだといういきさつもあるためでしょう。

材料を丸ごと使うことによって栄養が豊富であるとともに、

飢饉のような災いが起こらないようにと願いのこもった食べ物でもあります。

今ではしもつかれをアレンジしたレシピも色々と紹介されています。

今までしもつかれに縁がなかった方も、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

節分にけんちん汁を食べるのはなぜ?

寒い節分の日に、温かい「けんちん汁」を食べる。

考えただけでもポカポカする、

そんな風習が関東の一部の地域には今もあります。

恵方巻や豆はなんとなく分かるけど、どうして節分にけんちん汁なの?

と思われた方もいるのではないでしょうか。

そこで、節分にけんちん汁を食べるのはなぜ?という疑問に答えていきます。

 

元々、節分周辺にはえびす講や、

初午など日本古来から人々が集まって催される行事が沢山ありました。

その際に寒さに凍える人々に振舞われた料理が、

豆腐やこんにゃくと、たっぷりの根菜類で作られた煮込み料理のけんちん汁だったのです。

作る際に野菜などを油で炒めるけんちん汁は、寒い体を芯から温めてくれる食べ物でした。

そして月日は過ぎ、

節分以外の行事は少しずつ無くなったり、

規模が小さくなってしまいました。

しかし、節分だけは変わらず残っているので、

色々な行事の際に食べられていた、

けんちん汁が「節分独特の料理」として定着したというわけなのです。

とはいえ、根菜は身体を温め栄養も豊富ですから、

寒さの厳しい節分に食べることで健康に過ごすことも期待できたのかもしれませんね。

しもつかれやけんちん汁のほかに節分に食べるものって何??

やっぱりまずなんといっても「豆」ですよね。

お豆を食べる理由があるそうで、お豆は昔から邪気を払うとされているようです。

年の数だけお豆を食べれば無病息災でいられると伝えられているそうです!

そして年の数よりも一つ多く食べると風邪をひかなくなると云われていますね。

まさにお豆様!

それから「イワシ」

昔から柊鰯を飾るのは古くからの習慣があります。

地域によってする・しないがあるみたいで

我が家ではやったことないですね(汗)

これも魔除けとされるそうで、

鰯の独特の臭いが鬼は嫌いで寄ってこないとか、、、

色々諸説あるかと思いますが。

 

「節分そば」

蕎麦といえば年越し蕎麦をイメージする方がほとんどだと思います。私もその一人です。

江戸時代までは節分の日に蕎麦を食べていたようですね。初めて知りました。

こちらも諸説色々あるようですが、

細く長く生きれるようにとの縁起担ぎの意味が込められているようです。

旧年の厄を断ち切るという思いもあるそうです。

ここまで3つ紹介してきました。

他にもまだまだ節分に食べるものはあるようですが、

食べたいものを食べるのが1番かなと思います!

ここまで紹介してきて、

昔の人は悪いことが起きないようになど

色んなことに願掛けをしてきたのだなと感じました。

まとめ

今回の記事では節分に食べる伝統的な料理、

特に関東方面で食べられるものについて調べてお伝えしてきました。

しもつかれやけんちん汁などがあるみたいですが、

僕の住んでいる所ではしもつかれを食べる習慣がなかったので

どんなものか気になります。

楽しく食事をして神様と栄養パワーで元気にすごしていきたいですね。

 

この記事では節分の定番料理の関東地方編となっていますが、
全国的に有名なものに恵方巻があります。

恵方巻は太巻きの一種です。
この太巻きは恵方巻と呼ばれるようになる前から食べられていますが、
なぜ節分に太巻きが食べられるようになったのでしょうか??

 

こちらからご確認ください。
 ⇒節分に太巻きを食べるようになった由来とは??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました