> 節分に巻き寿司を食べる意味とは?アレがコレに似てるからなの?? - 最新トレンドニュース速報

節分に巻き寿司を食べる意味とは?アレがコレに似てるからなの??

スポンサードリンク
 




 

節分に恵方巻を食べることが定番になっていますね。

恵方巻と呼ばれる前からも節分には巻き寿司を食べる習慣がありました。

でも、なんで巻き寿司なんでしょうか??

気になったので調べてみました。

今回の記事では節分の巻き寿司を食べる意味を調べてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




節分に巻き寿司を食べる意味ってなに??

節分とは、実は年に4回あります。

立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを意味します。

その中でも特に立春は、旧暦で新年の始まりとされていて

その前日は大晦日とされていました。

そのため、春の節分を重要視されていました。

 

恵方巻きは大阪の海苔業者の方が、

海苔の販売を促進するために考えついた策と言われることがあります。

恵方に向かって、自分自身の願いをこめながら丸かじり(丸かぶり)し、

何も言わずにに最後まで食べきると願い事がかなう」とされます。

ところで、恵方巻きの見た目が「鬼の金棒」に似ているように思いませんか?

鬼が持つ金棒を自分で食べることにより、

「鬼に打ち勝つ」

そういう意味を込めて無言で丸かぶりする風習が生まれたと聞いたことがあります。

節分における鬼とは、煩悩と呼ばれる人の欲望や悪い心に住み、

それが災いとなるとされ忌み嫌われています。

それから身を守る為に、鬼の武器である金棒に見立てた巻き寿司を食べてしまって、

鬼に対抗しようとしたとも考えられるかなと思います。

 

この記事では恵方巻についてお伝えしていますが、
ほかに定番な食べ物、特に関東地方に注目して調べてみました。
関東地方では当たり前にように食べられているかもしれませんが、
西日本に住んでいる僕には馴染みのないものでした。

どんな料理でどんな恩恵を受けられるのか、ぜひご確認ください。
 ⇒節分の定番料理~関東地方編~

なぜ節分に恵方巻を食べるの?

節分が近づくと、テレビCMや店頭のチラシなどで恵方巻をよく見かけますよね。

むしろ豆まきよりもメインになっているのでは、と思ってしまいます。

恵方巻といえば、本来7つの具が基本となっているものです。

しかし、近年は海鮮巻きや肉巻き、恵方巻に見立てたロールケーキなど

様々な形を目にするようになりました。

どれもおいしそうで目移りしてしまいますね。

ところで、そもそもなぜ節分に恵方巻を食べるのでしょうか。

もう毎年恒例で特に何も意識していなかったという方も多いのではないでしょうか。

しかし、その意味を一度耳にしておくと

家族や友人との会話の中で役に立つかもしれませんよ。

 

そもそも「恵方」とは、その年の福徳を司る年神様がおる方角を指しています。

その恵方に向かって事を行えば何事も吉とされていたようです。

そして、その方角を向きながら食べることから、その名が「恵方巻」となったようです。

また、太巻きには福を巻き込むという意味も込められているみたいですよ。

家族でこんな会話をしながら、

節分には恵方巻を食べてぜひ一年間の無病息災を願いましょう!

節分や恵方ってなんなの?

節分とは、2月3日に行われる神道の行事のことです。

節分の日には、人々は「鬼は外、福は内」と叫びながら家の内外に豆をまきます。

これは「豆撒き」と呼ばれています。

節分の起源を辿ると、平安時代まで遡ります。

平安時代には、節分の日に宿泊する場所を変えて厄を払っていましたが、

外での宿泊が次第に部屋に移動するだけとなり

そうした簡略化に伴って、現在のように部屋の厄除けがなされるようになったと言われています。

また、平安時代からみられる厄年を嫌って避けるという思想に基づいて、

節分の日に厄年の人が年の数だけの豆を食べ、

厄払いをするという風習があります。

この風習も時代と共に変化し、

現在は厄年の人でなくても年の数の豆を食べて厄払いをしています。

 

節分の日に、あちらこちらの店舗に並ぶ恵方巻きですが、

そもそも恵方とは何でしょうか。

恵方とは、簡単に言うと、神様のいる場所のことです。

神様の所在地は毎年変わると言われています。

恵方巻きを食べる際に向く方角が毎年変わるのはそのためです。

今後時代が進むにつれて、神様の居場所が毎年変わることに振り回されたくない、

という人が増えるのではないだろうかと思うのですが、

これも時代の変化を示す発想と言えるかもしれませんね。

恵方巻の歴史や由来

全国のコンビニやスーパーなどで節分の名物となった恵方巻。

おなじみの具や超豪華なものまで、

様々な恵方巻が毎年店頭に並び、見るだけでも楽しいですよね。

そんな恵方巻の歴史や由来を解説します。

 

恵方巻は江戸時代から明治時代にかけて大阪が発祥とされています。

大阪の商人が芸者遊びの際、

太巻きずしを丸ごと食べるという遊びを始めたのがそもそもの始まりといわれています。

七福神にちなんで七種類の具を入れたり、

福を逃さず飲み込むために一気に食べるという風習が定着したのもこの頃。

このように大阪の一部の地域だけで楽しまれてきた太巻き寿司。

それが昭和になると幸運を呼ぶ巻き寿司として、

戦前から関西地方を中心に商業キャンペーンが盛んになっていきました。

そして、1990年代。

某有名コンビニチェーンが「恵方巻」という

お馴染みの名称を生み出しキャンペーンを強化してから

爆発的広がりを見せて、今では全国的な催しとなりました。

他のコンビニチェーンやスーパー、さらにはデパートなども恵方巻商戦に

参加して盛り上がりを見せて今日に至っています。

今年の恵方巻は、そんな豆知識を披露しつつみんなで食べてみてはいかがでしょうか。

恵方巻と七福神の関係とは?

現在の恵方巻は、好みのものを入れたアレンジ商品も多くありますが、

本来は、七福神にちなんだ7種類の具を入れます。

恵比寿はきゅうり、大黒天はだし巻き卵または伊達巻、弁財天がかんぴょう、

毘沙門天は高野豆腐、福禄寿はアナゴ、寿老人はエビまたはおぼろ、

布袋尊がシイタケまたは数の子です。

 

恵方巻は巻き寿司ですので、太巻きでお馴染みの具を使用します。

それぞれの由来は、

恵比寿のきゅうりは「九の利」から利益を得る、損をしない商売繁盛、

大黒天は卵の黄色が黄金をイメージした金運アップです。

弁財天のかんぴょうは美肌に効果があるとされ、

毘沙門天の高野豆腐は大豆の邪気を払うことにつながります。

福禄寿のアナゴは長いまま入れることから永遠、

寿老人のエビは長寿です。

おぼろで代用するのは、寿司のネタとして使われたこと、

おぼろはエビから作ることなどが理由です。

布袋尊の干しシイタケには貧血防止や丈夫な骨を作る成分があり、

健康に良いことから用いられます。

昨今ではおせちの子孫繁栄と黄色の金運にあやかった数の子も人気です。

恵方巻には、もともと商売繁盛の願いが込められています。

節分は春を迎える行事ですので、おめでたい具を入れるのが習わしです。

また、日本には「見立て」の文化があり、色や形から縁起の良いものにつなげます。

縁起物を巻き込んだ恵方巻の具と七福神は、和食の遊び心です。

楽しんでお召し上がりください。

まとめ

今回の記事では節分に巻き寿司を食べる意味をお伝えしてきました。

季節の分かれ目に現れる邪(鬼)を払うためだったんですね。

しかも、自分のチカラで!!

他力本願じゃないところがステキな考え方だと思います。

僕も鬼に打ち勝つチカラをいただくように恵方巻をおいしくいただきます!!

 

この記事では恵方巻についてお伝えしていますが、
ほかに定番な食べ物、特に関東地方に注目して調べてみました。
関東地方では当たり前にように食べられているかもしれませんが、
西日本に住んでいる僕には馴染みのないものでした。

どんな料理でどんな恩恵を受けられるのか、ぜひご確認ください。
 ⇒節分の定番料理~関東地方編~

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました