> 節分の豆っていつ食べるの?豆まきの最適な時間帯など豆まきルール!! - 最新トレンドニュース速報

節分の豆っていつ食べるの?豆まきの最適な時間帯など豆まきルール!!

スポンサードリンク
 




 

節分に豆まきをして、豆を食べることが習慣になっている方も多いと思います。
ただ、一日の中でいつごろま豆まきをして、
いつごろ豆を食べるのが縁起がいいのか具体的な時間帯をご存じでしょうか?
今回の記事では豆まきの豆をいつ食べるといいのかお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




節分の豆っていつ食べるといいの?

毎年2月3日は節分の日。
お子さんがいる家庭などでは、
鬼に扮した大人相手に豆まきをするのではないかと思います。

そういえば節分では豆を食べると聞いたけれど、
いつ食べるのが正解かご存知ですか?
今回は、節分に豆をいつ食べるのが正解なのか解説していきます。

まず豆まきのタイミングですが、
実は、豆をいつまいてもいいというワケではないんです。
鬼は夜の闇に隠れてやってくると云われているので、
昼間よりも夕方から夜にかけて、豆まきをするのが理想です。
ですので、夕食時に合わせて行うのが良いかもしれませんね。

ちなみに鬼の仮装をした人に豆を投げつけるイメージがありますが、
本来鬼には実体がありませんので
玄関や窓など鬼が入って来そうな場所で豆まきをすれば問題ありません。

さて、豆まきが無事終わったら、いよいよ豆を食べる番です。
その一年を病気や災害という鬼に遭わずに、
健康で暮らせるということから豆を食べるそうですよ。
そして豆を食べる個数も決まっているので要注意!

自分の年齢プラス1個を食べるのがルールなので忘れないようにしてください。
節分には豆まき後に豆を食べて、一年間健康に過ごせるようにしましょう。

 

豆まきの豆をそのまま食べるのは、
パサパサしててキツイ、、、なんて思うことありますよね!!
正直、喉も乾くので僕もあまり好きじゃないんです。

しかし、豆まき用の豆を使って違うものに変身させてしまえば大丈夫です。
そこで豆まき用の豆を使ったレシピを調べましたので、ぜひご確認ください。
 ⇒節分の豆を使ったレシピ。我が家のオリジナルレシピもあるよ!!

節分で食べる豆にはルールってあるの?

節分では古くから大豆が食べられています。
しかし、地域によっては大豆の代わりに落花生を食べる所もあるそうです。
節分に食べる豆にはルールがあるのでしょうか?
…実は決まったルールはありません。

元々は、大豆が五穀の一つで昔から神事に使われており、
同じく五穀の米より大きいため落ちた時の音も響き、
その音が悪霊を祓うと信じられていたようです。

また、魔の目(魔目)に豆を投げて魔を滅す(魔滅)といった言の葉も関係していたようです。
そのため、長年大豆が節分の際には食べられていたのですが、
先ほど述べたように落花生を食べる地域もあります。
主に北陸地方、東北地方、北海道です。
基本的に家の中にまいた豆をその後拾って食べるわけですが、
床中に散らばった大豆を探すのは大変><

そこで、大豆より更に大きい落花生なら家の中でも見つけやすい、
外に落ちたものでも殻が付いているから
拾って食べられるなどといった理由で少しずつ広まっていったそうです。

このように、決まったルールはないので今年の節分は
今までとは違った豆を使って節分を楽しむのも良いかもしれませんね。

食べる豆の数はいくつ?年の数え方は数え歳or満年齢

無病息災を願って食べられるようになった「福豆」は、
「豆を炒る」=「魔目を射る」ということから
食べる事で体内に福を取り込むという意味合いが込められています。

さて、この節分で食べる豆、みなさんはいくつ豆を食べていますか?
私は年の数食べる、と言いながら、ついつい食べ過ぎてしまったものです。

調べてみると、この食べる豆の数というのは

1.自分の年の数だけ食べる、
2.あるいは年の数+1つを食べる

の主に二通りあるようでした。
ではどちらが正しいのかというと地域によっても違いがあるので、
結論はどちらでも大丈夫なようです。

そもそも、これらの説が生まれた理由としては、
「数え年」と「満年齢」という2種類の年の数え方があります。
数え年というのは、生まれた日を「1歳」と数え、
誕生日ではなく、元日に「2歳」になるという考えです。
そして満年齢は、生まれた日を「0歳」と数え、
元旦ではなく誕生日が来ると「1歳」になるという考えです。

現在では一般的に採用されている「満年齢」ですが、
日本で普及したのは第二次世界大戦後になります。
日本では室町時代には節分のような行事がすでに行われていたことから、
当時の「数え年」が採用されたまま節分の風習が伝わってきた地域と
「満年齢」に切り替わった地域があるものと考えられます。

園児が豆を食べるときの注意点

節分に食べるものの一つとして豆まきの豆がありますね。
家庭や地域ではもちろん、幼稚園や保育園など園でも豆まきを行って、
おやつとして豆を食べることがあることと思われます。

豆まきに使い・食べる主な豆は大豆です。
一部の地域では落花生を使うこともあります。
このような豆類を園児が食べるときには注意が必要です。

まず豆は固い食べ物なので、
よく噛まないとのどに詰まらせてしまうことがあります。
また、よく噛んでいても水分が足りないとむせてしまうこともあるので
「よく噛む+水分補給」が大切です。

幼児期は遊びながら食べてしまうこともあります。
中には鼻の穴や耳の穴に豆を詰めてしまったというケースもあります。
こうなると医師による処置でないと除去することが難しくなります。

さらに、アレルギーのあるお子さんの場合は
触るだけでも症状が出ることもあるので
豆まきおよび豆を食べる際にはお子さんのアレルギーについて把握しておく必要があるでしょう。

節分は伝統的な季節の行事、楽しく・おいしく・いい思い出に
なるようにするためにも気をつけていかねばなりませんね。

豆まきに使う豆ってどんな豆?

2月3日の節分のイベントといえば、
「鬼は外、福は内」の掛け声とともにする豆まきが一般的ですよね。
節分近くになるとスーパーやコンビニに豆が並びますが、
そもそも豆まき専用の豆とはどんなものなのでしょうか?
豆まきに使う豆ってどんな豆?という解説をしていきます。

一般的に豆まきでまかれる豆は「大豆」のことを指します。
おなじみの納豆やお豆腐、醤油などの材料と同じ種類の豆ですね。
昔から日本人は自分たちの主食である、
稲・麦・粟・稗・豆(大豆)を五穀と呼び、それぞれ精霊が宿ると考えてきました。

五穀は粒の大きさに比例して精霊の力も大きいとされています。
そのため、邪気を追い払う行事である豆まきには、
粒の最も大きな大豆が使われるようになったとのことです。

そして、豆まきに使用される大豆が必ず炒ってある理由についてですが、
これには諸説あります。
中には「魔の目を射る」という語呂合わせからきているという説もあり、
昔の人が豆まきに込めた思いの強さを想像できますよね。
由来を知れば、より豆まきという行事が重要に思えるもの。
今年の節分は豆まきに一層力が入るかもしれませんね。

豆まきの具体的なルールを知ろう!!

2月の代表的な行事と言えば節分です。
2月の立春の前日に豆をまくようになったのは江戸時代からと言われております。
本来は年に4回ある「立春・立夏・立秋・立冬の前日」を表すものが節分です。

なぜ豆をまくのかというと、
「年の変わり目には鬼・邪気が生じる」と考えられ
「魔の目を射る」ことから邪気払いとして
「炒った豆をまく」ようになりました。

この風習は室町時代には日本の武家や公家に伝わっていましたが、
一般市民の間に広く浸透したのは江戸時代以降と云われています。

豆まきの方法を紹介します。

まずは豆まき前日までに炒り豆を用意し、枡に入れ、神棚にお供えします。
その豆を使って、年長者・年男・年女・厄年の方が豆をまくのが本来の姿です。
鬼は夜現れるとされているため時間は20時ごろ、
一番奥の部屋から玄関に向かって鬼を追い出すようにまくのがよいとされています。
豆をまいた後は鬼が戻らないようにすぐに戸締りをして、
まいた豆は年の数だけ食べるのです。
これは「年取り豆」と言って無病息災の祈願となっています。

まとめ

今回の記事では節分に行う豆まきを食べるタイミングや
豆まきのルールについてお伝えしてきました。
難しいルールはないですが、ルールそのものには意味があり
先人たちの知恵や願いが込められていてとても勉強になりました。

 

豆まきの豆をそのまま食べるのは、
パサパサしててキツイ、、、なんて思うことありますよね!!
正直、喉も乾くので僕もあまり好きじゃないんです。

しかし、豆まき用の豆を使って違うものに変身させてしまえば大丈夫です。
そこで豆まき用の豆を使ったレシピを調べましたので、ぜひご確認ください。
 ⇒節分の豆を使ったレシピ。我が家のオリジナルレシピもあるよ!!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました