> 節分に豆を投げる理由とは?豆まきの後の豆をおいしく食べる方法 - 最新トレンドニュース速報

節分に豆を投げる理由とは?豆まきの後の豆をおいしく食べる方法

スポンサードリンク
 




 

子供のころから節分には豆まきをするのが当たりまえで気にしたことなかったのですが、
なんで豆を投げるのでしょうか?
家の内側に向かって投げた豆ってどうしてました?
記憶があいまいなところもあったので、改めて調べてみました。

記事中

スポンサードリンク




節分に豆を投げる理由

節分といえば豆まきですが、
幼稚園や保育園でも行事予定として組み込まれている事が多く、
ご家庭でも子ども達が園で作ってきたお面を使って豆まきをしている姿がみられます。
そこで節分に投げる豆についてですが、
どうして投げるようになったかを解説していきます。

節分はその年に災いが起きないように願う行事です。
鬼は生活に危機や災いを及ぼすとされている事から邪気を象徴しています。
ですから、家庭では世帯主が「鬼は外、福は内」と言いながら
豆を投げるようになったと言われています。

なぜ鬼に豆を投げるのかというと、
豆は「魔を滅する」と昔から云われがあり魔物や悪霊を払うのに適しています。
また、「魔をいる」為に「炒り豆」が良いとされています。
豆まき終了後に芽が出ると縁起が悪いともされていて
生の豆ではなく炒り豆を使うようになったのです

チカラが入って、つい大声で「鬼は外!」と言ってしまいがちなのですが
近所の迷惑にならないように気持ちよく立春を迎えられると良いですね。

 

豆まきの後にはその豆を食べる習慣がありますが、
いつ食べるのがいいのでしょうか??

あさイチ?3時のおやつ?晩ご飯のデザート??

豆まきの後なので豆まきをする時間も知っておく必要がありますよね。
その辺のことを調べてみましたので、よかったらご確認ください。
 ⇒豆まきを行う時間帯や豆を食べるのはいつがいいの??

節分に行われる縁起のいいこと

節分はご家庭で行う他、神社や寺院でも豆まきをします。
神社では節分祭、寺院では節分会(せちぶんえ)と呼ぶ正式な行事です。
神社によっては、宮中行事の追儺(ついな)式を執り行います。
節分に行われる縁起の良いことなので、お参りして福を授かりましょう。
また、神社や寺院では、「立春大吉」のお札も準備されます。
節分限定の場合もあるので、見つけた時には必ず授かります。
玄関の外側と内側に貼って、無病息災に過ごせる1年にしましょう。

神社や寺院によっては、古くからの伝統行事が伝わっています。
子泣き相撲や星まつりなどが行われ、訪れると縁起が良いです。
「方違え」と言って、節分にお参りするとその年の旅が無事に終えられる神社など、
地域によって様々な節分に行われる縁起の良いことがあります。
イワシの頭を柊に刺す、柊鰯(ひいらぎいわし)は、関西の節分に行われる行事です。
そこで、イワシの丸干しを食べるのが節分に定着している地域もあります。
同様に、豆まきにちなんで大豆料理を食べるのも、節分に行われるゲン担ぎです。
福豆を年齢の数だけ食べるのも節分の一連の行事ですが、それ以外の大豆料理も楽しみましょう。

節分に行われる縁起の良いことは、1年に1回です。
年末に忙しくてお正月の行事をスルーしてしまった時に、取り戻せます。
鬼門の掃除をして金運アップなども節分におすすめです。
節分を楽しみながらご利益を頂戴し、良い1年にしましょう。

節分に鬼が来るのはなぜ??

節分といえば、「鬼は外、福は内」という声と共に行う豆まきが印象的ですよね。
このように節分と切っても切り離せない関係の鬼ですが、
どうして節分の日にやって来るのかご存知ですか?
節分に鬼が来るのはなぜ??という素朴な疑問にお答えしていきます。

そもそも鬼とは隠・陰(おん)という、
「隠れていて見えない存在」という言葉が語源とされています。
そこから転じて、鬼は目には見えないけど人々に悪さをする
怖い存在として日本では定着していったのです。
そして節分とは季節の分かれ目、という意味。

昔から、この日には悪い気が家に入り込もうとしてくるのだと信じられてきました。
姿の見えない鬼が季節の分かれ目に家々に忍び込もうとするのを、
邪気を払うと信じられていた豆をまくことで防ぐ。
「鬼は外」という言葉にはそんな意味が込められているんです。
鬼は姿が見えないと言っても、
誰もいない場所に豆をまくのは張り合いがありませんよね、
なので節分の日だけは鬼に仮装した人へ豆を
投げつけるのが習慣化したというわけなんです。

今年は、鬼の正体が分かったことで、
豆をまく手に力が余計に入ってしまうかもしれませんね!

豆まきの後の豆はどうする

節分の日に行う豆まき。
豆を用意するだけの、家でも簡単に行える行事の1つですよね。
私は保育園や幼稚園、小学校でも行事の1つとして豆まきをやった記憶があります。
ところで皆さん、豆まきの後の豆はどうしていますか?
そんな疑問を解決していこうと思います!

せっかく鬼を退治した豆をそのままゴミ箱に捨ててしまうことは
実はとっても勿体ないことなんです!

もったいないどころか、豆をまいた意味が無くなってしまう!?とも言われています。

豆まきをした後の豆を拾って食べるとその1年を無事に過ごせると言われています。
神様へのお供え物を下ろして頂くと言う意味があります。

ですが、節分の日は一年に一回の行事です。

1年間、家族が健康に暮らせるよう、事前にしっかりと掃除しておけば問題ありません!
私の実家では落ちても食べられるように、個包装にしてあるお菓子の豆を投げていました 笑
家の外にまく時は、個包装のものをまけば、

しっかり食べられるし保存にも困りませんので是非!
そして、これは+αの情報ですが、年齢の数だけまいた豆を食べるのが一般的です!

新しい情報を知ったところで、
次回の節分の日は、豆をまき、
年齢の数だけ食べ、1年間健康に無事でいられるようにしましょうね!

 

節分でまいた豆をおいしく食べる方法~砂糖がけ

2月3日は節分です。
豆まきや柊イワシを飾ったり、近年では恵方巻きや恵方スイーツを食べるなど、華やかな行事になってきました。
また歳の数だけ炒り大豆を食べる習慣は、ただの豆なのに特別なありがたさがありました。

節分とは、立春の前日をさします。
炒り豆をまくことで邪気を払い清めるとされています。
また、炒り大豆を使うのにも理由があります。

まいた大豆の拾い忘れから、芽がでることは縁起が悪いといわれています。
私たちも、生大豆をたべてしまうと消化不良をおこしたり、
膵臓が肥大するなどの身体への負担があるので炒り大豆が良いようです。
大豆は『畑のお肉』といわれるほど、たんぱく質やミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。
邪気払いの後は、大切な栄養をの塊の大豆を食べて身体の中も病気予防をしましょう。

炒り大豆をそのままでたべるのも美味しいですが『炒り大豆の砂糖がけ』もオススメです。
①フライパンか鍋に砂糖と水(水は砂糖の半量)入れて中火にします。
②フツフツと沸騰してきたら炒り大豆をいれて焦げ付かないように混ぜ合わせます。
③フライパンや鍋のふちに白い結晶ができ始めたら火から外して完成です。
熱い内に『きな粉』を混ぜ合わせたり、砂糖水に醤油を少しいれたりとアレンジは色々です。

小さなお子さまに与える際は、喉につまらせないよう注意してください。

まとめ

今回の記事では節分に豆をまく理由についてお伝えしてきました。
ダジャレ感はありますが、先人たちは身近なものを例えて縁起のいいものにするのが上手ですね。
それでは、今年も張り切って鬼を追い出しましょう!!

 

豆まきの後にはその豆を食べる習慣がありますが、
いつ食べるのがいいのでしょうか??

あさイチ?3時のおやつ?晩ご飯のデザート??

豆まきの後なので豆まきをする時間も知っておく必要がありますよね。
その辺のことを調べてみましたので、よかったらご確認ください。
 ⇒豆まきを行う時間帯や豆を食べるのはいつがいいの??

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました