> 節分では落花生を投げるのは鹿児島だけ?意外と知らない他県の豆まき事情 - 最新トレンドニュース速報

節分では落花生を投げるのは鹿児島だけ?意外と知らない他県の豆まき事情

スポンサードリンク
 




 

節分には豆まき!!というのは定番中の定番だと思います。
しかし、投げる豆は地域によって違いがあるようです。
どんな違いがあるのか、気になったので調べてみました。
リサーチ結果をお伝えしますのでよかったら読んでみてください。

記事中

スポンサードリンク




節分では落花生を投げる?鹿児島あるあるを調査!!

2月のイベントといえば節分。
一般的に節分では恵方巻きを食べたり、
「鬼は外、福は内」と声を出しながら豆まきをします。
全国的には豆まきの豆は炒った大豆をまくようですが、鹿児島は違います。

鹿児島では豆まきの豆は落花生です。
私は鹿児島出身なのですが、
一般的に豆まきでは炒った大豆をまくということを知り驚きました。
節分の季節になるとスーパーには豆まき用の豆と鬼の面が売られています。
しかし、鹿児島では落花生が当たり前のように並べられ、
小さい頃から豆まきでは落花生を使用しているため落花生が当たり前だと思っていました。
では、なぜ鹿児島では炒った大豆ではなく落花生をまくのでしょうか。

なんと、鹿児島で落花生がまかれる理由は、落花生がよく採れるからといわれてます。
鹿児島は火山が多く、火山灰が降り積もったシラス台地であるため、
作物を作るには厳しい環境です。
そのためやせた土地や干ばつにも強い落花生が昔から育てられていました。
その名残で節分の豆まきには落花生が使われています。

普段大豆を使っている方、ぜひ落花生で豆まきを楽しんでみてはいかがですか。

 

節分の豆まきには大豆なり落花生なりが使われますが、
そもそも、なぜ豆を使うのでしょうか??
恐い鬼が豆投げられただけで逃げ出すのはちょっと考えにくいですよね
気になったので調べてみました。

良かったらご確認ください。
 ⇒節分ではなぜ投げるの??投げる理由と投げた後の処理

鹿児島では節分に落花生をまくのはなぜ?

突然ですが皆さんは、
節分にはどんな豆を使って豆まきをされますか?
「いや、炒った大豆でしょ!」という方も多いのではと思います。
しかし、本州最南端の鹿児島県では節分の豆まきの際に、
大豆ではなく落花生を使うということをご存知でしょうか。
鹿児島では節分に落花生をまくのはなぜ?
どうして大豆じゃないの?という疑問を解説していきます。

鹿児島県は県域のほとんどを
火山の噴火で降り積もった火山灰や軽石で構成されるシラスという地層で覆われています。
シラスは、水はけが良すぎるという特性があるために、
鹿児島県では古来から農作物の栽培に非常に苦労してきました。
鹿児島の特産として有名なサツマイモも
シラスの地層でも健やかに育つことから栽培されてきたという理由があります。
落花生も同じく、水はけのよい鹿児島の農地でも丈夫に育つので、
毎年栽培が盛んに行われています。

節分に鹿児島県で落花生が豆まきに使われる理由はその生産量の多さにあるようです。
「所変われば品変わる」と言いますが
沢山あるのだから落花生でいいんじゃん♪というのは
鹿児島県の人々の大らかさが出ているようでほほえましいですよね。

鹿児島以外で落花生をまく地域はあるの?

節分といえば豆まきですね。
その豆まきの豆は大豆派ですか?落花生派ですか?

実はある程度の歳になるまで、豆が二極化していることを知りませんでした!
自分の地域のものしか知らないので、関東は大豆をまくと知ったときは衝撃でしたね。
調べてみると、落花生をまく地域が意外と多いことがわかりました。

南九州(鹿児島県、宮崎県)、北海道、東北、北陸の地域は落花生のようです。
北と南が落花生、その間は大豆、なんだかおもしろいですね。

鹿児島県は落花生の産地であるから、北海道など寒い地域では雪の中でも落花生なら
見つけやすいからという説がありますよ。
たしかに落花生だと、見つけやすいというメリットがあります。
大豆だと小さすぎて色んな隙間に挟まりやすいです。
また、殻ごとまくので食べるときにも中の豆がきれいなままでいいですよ。
小さいお子さんがいる家庭は誤飲防止にもなっていいかもしれません。
さて、今年の豆まきはどちらをまきましょうか。
どちらにせよ、厄を払って福を呼び込む豆まきの行事はこれからも大切にしたいですね。

まとめ

今回の記事では節分に行う豆まきに使う豆が落花生の地域があることをお伝えしてきました。
生産環境的に厳しい地域に落花生が使われるようですね。
昔は今のように流通が充実していないので
身の回りにあるもので対応するのは当然のことですね。

 

節分の豆まきには大豆なり落花生なりが使われますが、
そもそも、なぜ豆を使うのでしょうか??
恐い鬼が豆投げられただけで逃げ出すのはちょっと考えにくいですよね
気になったので調べてみました。

良かったらご確認ください。
 ⇒節分ではなぜ投げるの??投げる理由と投げた後の処理

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました