> シクラメンの植え替えしないで育てる方法。簡単お手入れできれいなお花を咲かせよう! - 最新トレンドニュース速報

シクラメンの植え替えしないで育てる方法。簡単お手入れできれいなお花を咲かせよう!

スポンサードリンク
 




 

シクラメンは夏越は難しいですが、
植え替えしなくても花を咲かせることはできます。

しかし、手入れが全くいらないわけではありません。
植物も生きているのできちんと育ててあげたいですね。

今回の記事ではシクラメンを植え替えしないで育てる方法をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




シクラメンの植え替えしないで育てる方法

シクラメンの植え替えをしないでも、
翌年に花を咲かせることはできます。

ただし、花の数が少なくなることもあるので、
全く何もしないより、少しお手入れをしましょう。

例えば、そのままにしておくなら、
休眠させないウェット方式がおすすめです。

とはいえ、適切な水やりや温度管理、
肥料を与えるタイミングや量が正しいなど、
管理をきちんとしなければうまくいきません。

植え替えをしないといっても、土だけを入れ替える方法なら簡単です。
根腐れによる失敗を予防できます。
その際、少し大きめの植木鉢に変えましょう。

シクラメンを掘り出すだけで、
根をほぐす、カットするなどの手を加えずにそのまま植え替ええます。
準備する土は、シクラメン用を使いましょう。

手に入らない時は、水はけを良くするために、
赤玉土を4、腐葉土も4、日向土細粒2の割合で混ぜます。

少し緩効性肥料を混ぜると良いですが、
置き肥タイプを使用しても問題ありません。

植え替え後は、たっぷり水を与えましょう。
シクラメンは植え替えをしなくても、花を咲かせることはできます。

しかし、大切なのは根と土の管理です。
土を入れ替えないなら肥料を忘れない、
根をかまわないなら少し大きめの植木鉢に変えるなど、工夫します。
少しだけ手を加えて、きれいなシクラメンを楽しみましょう。

シクラメンを夏越ししようと努力して失敗したお話

冬の間、ピンクや白の花を咲かせて楽しませてくれるシクラメン。
他に花が少ないなか、春まで長く咲いてくれるシクラメンは、
見ているだけで心が明るくなる気がします。

そんなシクラメンには、
次のシーズンにも元気に花を咲かせてほしい!
けれど、毎年頭を悩ませるのは夏越しです。

これが何とも難しく、
なかなか次の年に花を咲かせることができません。

風通しが良く雨があたらない屋外の日陰に鉢を移動して、
休眠させれば良いということはわかっているのですが、
うまく行かないことがほとんどです。

気付いたときには球根がブヨブヨになり再起不能な状態に!
またかわいそうなことをしてしまいました。

後になって鉢をカラカラに乾いた状態に保つことが重要だと聞きましたが、
梅雨の湿気や、その後の雨と暑さで蒸されてしまったのかもしれません。

夏越しは、正しく休眠させても半分くらいの成功率とのこと。
日本の真夏はシクラメンにとって、とても苦しい環境なのですね。

とはいっても、これでシクラメンを育てるのを諦めるのはもったいない!
この厳しい夏を乗りこえて咲いてくれたシクラメンは、
今まで以上にきれいに見えるはずです。

今日も我が家の玄関で咲いてくれてるシクラメン。
来年こそは夏越しを成功させ、きれいな花を咲かせたいと思います。

まとめ

今回の記事ではシクラメンの植え替えをしないで育てる方法についてお伝えしてきました。
手入れ自体はそんなに手間のかかる作業ではないので、
しっかり手入れしてきれいなお花が咲くように育ててあげたいですね。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました