> 新婚なのに同居したくない??仲が良くてもイライラや不満がたまってしまう時の対応 - 最新トレンドニュース速報

新婚なのに同居したくない??仲が良くてもイライラや不満がたまってしまう時の対応

スポンサードリンク
 




 

お互い愛し合って結婚を決めたはずなのに、一緒に生活するとなると恋人同士の時には気にならなかったことが気になってしまう。

それが自分の思っていることと違ったりするとイライラしたり不満がたまってきたりして夫と一緒に暮らすことがイヤになってくることがあります。

こんな人と分かっていたら結婚なんてしなかったのに・・・と思ってしまうかもしれません。

今回は新婚さんに起こりやすい夫への不満やその対処方法についてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




夫への不満がたまる理由

①新婚生活への過度な期待

恋人同士のときの楽しい気持ちが残っている状態で始まる新婚生活。

新婚生活も楽しいことばかり理想として持っていることでしょう。

一緒に生活していると結婚前には見えなかった部分が色々と見えてきます。

恋人関係のときには豪華な食事をしていたのに、一緒に暮らすと貧乏くさいことばかり言ってくるなんてこともあるでしょう。

店員さんにも優しく接していたのに、ズケズケと品のない値切り交渉を始めたりしてきたといこともあるでしょう。

恋人関係のときには自分を良く見せたいと思う気持ちは誰にでもあることなので、そのギャップが不満につながってきます。

生活習慣の変化

結婚をして引っ越すことになったりと生活習慣の変化がストレスにつながることも多いにあります。

人間は変化がキライな動物ですから、ストレスに感じてしまうことは仕方ありません。

今が同居でも別居でも家族になったからには、家族のルールを最初に決めるでしょう。

それまではなかったこと、例えば家事であれば

一人暮らしのときには自分の空いた時間にしていたことが、

相手の都合に合わせて○○しなきゃいけないといった義務や責任に変わってしまって、次第に負担に感じてしまいます。

そういった環境の変化も同居がイヤになる原因になりえることです。

夫が思っていたのと違う

ドラマや漫画・雑誌などの影響で「私の旦那さんって○○な人」という理想が出来上がっていると思います。

その理想と実際の夫にギャップがあればあるほど不満に感じてしまいます。

好きだったドラマに憧れを抱くことはいいことですが、それを相手に期待しすぎることはよくありません。

何も言わなくても私のことを理解してくれる、、、

とか思っていると実際には

「こんなはずじゃなかった」

「結婚は間違いだったのかな?」なんて気持ちになってしまうかもしれません。

夫への不満がたまってきたときの対処法

夫への不満がたまってくると一緒に暮らすことはおろか顔を見ることもイヤになってきます。

そうなってしまっては取返しがつかなくなってしまいます。

その前にお互いが今の生活についてどう思っているのかきちんと話し合うことが大事です。

夫も環境や成果う習慣の変化に慣れていないことでガマンをしていたり、でも仕事もしていたりと気持ちの整理がうまくできていないかもしれません。

また、それまでの生活環境が違っていたので「え?そんなこと気にしてたの??」と知らなかった事実に気づいてもらえるかもしれません。

気づいてもらえれば今後の行動に変化がでる可能性も出てきます。

夫婦間のルールも見直すことができるかもしれません。

黙って不満をためていることが一番よくありません。

これから先、長い時間をともに過ごしていくためにも夫婦の時間を共有して二人にとっていいと思うルールを作っていってください。

ルールに沿ってダメならまたルールを作り直せばいいだけですから!!

まとめ

今回の記事では夫への不満がたまる原因とその対処法についてお伝えしてきました。

今まで違う環境で過ごしてきた二人が一緒になるので、どうしてもそれまでの生活と変えていくことが必要になります。

こんな人だったのに・・・

こんなはずじゃなかった・・・

など、理想と現実にギャップが出てしまうことでしょう。

話なんてしたくない・顔も見たくないとなってしまってはどうしようもなくなってしまいます。

そうなる前にキチンと二人の時間をとってよく話し合って、これからの夫婦生活がよくなる方法を考えてみることが大事になります。

二人のことを片方であれこれ考えてもあまり意味がありません。

もう片方は押し付けられた形になってしまいます。

夫婦のことは二人で納得することが大事ですので納得するまでとことん話し合いましょう!!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました