> ソメイヨシノの花の意味って何?歴史や起源、染井吉野の寿命ってどれくらい? - 最新トレンドニュース速報

ソメイヨシノの花の意味って何?歴史や起源、染井吉野の寿命ってどれくらい?

スポンサードリンク
 




 

日本の花といわれる桜。
日本の桜のほとんどがソメイヨシノという品種ということは有名な話ですが、
花の意味など詳しいことをご存じですか??

今回の記事ではソメイヨシノの花の意味や歴史・起源についてお伝えします。

記事中

スポンサードリンク




ソメイヨシノ 花 意味

ソメイヨシノは桜の品種の一つです。

母エドヒガン、父を日本固有のオオシマザクラの雑種とする
自然交配、もしくは人為的交配して生まれた日本産の栽培品種の桜です。

江戸時代に生まれたソメイヨシノは明治以降全国各地に植えられました。
クローンによって生まれたソメイヨシノは
種がつくことがほとんどないので、挿し木や接ぎ木で増やします。

樹高は10から15メートルほどに成長し、
3,4個ほどの花が集まるように枝に咲かせます。

花びらは5枚あり、淡いピンク色の花が咲きます。
蕾は濃い赤色をしていて、満開になると白色に近づきます。
3月から5月ごろが開花時期になります。

ソメイヨシノの花言葉は「純潔」「優れた美人」です。
穢れのなく汚れていない純粋な色合いを放ち、
より清廉潔白のような意味合いが強いです。

ソメイヨシノの花の美しさを
しとやかな女性に例えて「優れた美人」と付けられました。
桜全体の花言葉は「精神の美」「優美な女性」です。

ソメイヨシノ 桜 歴史

桜がきれいに花咲かせる季節になりますね。

みなさんの頭の中に、真っ先に思い浮かぶ桜は
ほとんどがソメイヨシノ(染井吉野)です。

なぜなら、日本には現在、桜の品種は600以上ありますが、
8割以上がソメイヨシノでだからです。

日本の桜の歴史は2000年前にさかのぼりますが、
ソメイヨシノ(染井吉野)の歴史はまだ浅く、
150年ほど前の江戸時代後期に、江戸の染井村の植木職人達によって育成された
ヨシノザクラ(吉野桜)が始まりだと考えられています。

120年程前の明治33年に正式に、ヨシノサクラ(吉野桜)から
ソメイヨシノ(染井吉野)と改名されました。

日本最古のジンダイザクラ(神代桜)と比べると
ソメイヨシノの誕生はつい昨日のことのようです。

ソメイヨシノはオオシマザクラ(大島桜)を父に
エドヒガン(江戸彼岸)を母に持つ交雑種です。

最初の一本から挿し木や接ぎ木で増やしている
全く同じ遺伝子情報をもつクローンです。

1954年から1973年までの昭和の高度経済成長期に日本全国に多く植えられました。

ソメイヨシノ 寿命 理由

日本の春を、より一層春らしく、美しく彩ってくれるもの。
それは桜です。

桜の中でも各地に存在し、最も有名な品種と言えば、ソメイヨシノですね。
そんなソメイヨシノですが、どのくらいの寿命なのでしょうか。

あくまで平均的な話であり、一説に過ぎませんが、
平均的にソメイヨシノの寿命は60年程度と言われているようです。

ソメイヨシノは非常に病気に弱い品種であり、
枝が折れたところや、枝の剪定などの切り口から、
木の幹を腐らせる菌が侵入すると、
その菌に負けてしまい幹が腐ってしまいます。

その菌の影響で幹がダメになりはじめるのが、
おおよそ樹齢50年あたり、
幹が朽ちてしまうのが樹齢60年あたり、と言われています。

ソメイヨシノは種で子孫を増やすことができない「園芸種」であるため、
自然繁殖で増えることはなく、
人工的に接ぎ木や挿し木によってのみ繁殖することができるのです。

きれいに大量の花びらを散らせているソメイヨシノには、
このような儚さもあったのですね。

ソメイヨシノ 名前 起源

現在日本で咲いている桜のおよそ7割を占めると言われている「ソメイヨシノ」

国内では600種以上もの桜の品種がこれまでに確認されている中で、
圧倒的に多く植えられている「ソメイヨシノ」は
気象庁がサクラの開花などを判断する「標本木」にもなっています。

その「ソメイヨシノ」という名前は、漢字では「染井吉野」と書きます。
「吉野」という名前から、奈良県を連想される方も多いかと思いますが、

「染井吉野」は江戸時代末期に江戸郊外にある
染井村(現在の東京都豊島区駒込あたり)で
人の手による品種改良の後、誕生したと言われています。

当時、桜の名所と言えば、
数多くの和歌にも詠われている奈良県の吉野山がありました。

「染井吉野」を作った植木屋は、その名所にあやかり、
品種名を「吉野桜(ヨシノザクラ」や「吉野(ヨシノ)」として売り出したそうです。

しかし、その後の研究により、
吉野山の桜の種類は「ヤマザクラ」という「染井吉野」とは別種でありました。

間違いや混同を避ける為に、生誕の地である染井村の「染井」をつけて
「染井吉野」へ改名することが「日本園芸雑誌」にて植物学者である
藤野寄命(ふじのよりなが)によって発表されました。

今からおよそ120年前に遡る、明治33年(1900年)の事でした。
「染井吉野」は父を「オオシマザクラ」と母に「エドヒガン」を持つ
一本の原木を親としている同じ遺伝子を持つクローンであるため、

開花条件が揃うと一斉に咲き誇ります。

その圧倒的な情景と、咲き始めから満開になるにつれて移りゆく花の色の美しさに、
今も多くの日本人が魅了され四季を味わう風物詩となっています。

まとめ

今回の記事ではソメイヨシノの花の意味や歴史・起源についてお伝えしてきました。
今までは佇まいの美しさや花の散るはかなさばかりに目が行ってましたが、
歴史などを知るとまた違った見方ができて勉強になりました。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました