> 卒業文集 中学生が書くといいおすすめ例文。大人になってからの思い出のきっかけ - 最新トレンドニュース速報

卒業文集 中学生が書くといいおすすめ例文。大人になってからの思い出のきっかけ

スポンサードリンク
 




 

今年、中学校の卒業を迎えるとなると記念の卒業文集を作ることでしょう。

中学校を卒業すると進路がバラバラになってしまうことが多いので、
今いる友達ともなかなか会うことができなくなります。

中学校の卒業文集は大人になって見返すととても懐かしい想いをするものです。
しかし、今中学生をしているあなたには何を書けばいいのか分からないのも無理ありません。
今回の記事では中学生の卒業文集にどんなことを書けばいいのか例文をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




卒業 文集 中学生 例文

中学校の卒業文集、
何を書こうかなと迷ったらズバリおすすめのテーマは「部活動」です。

なぜならば、好きだからこそ続けてきたこと、
好きなものに向き合うからこそ生まれるドラマが詰まっているから。

その分、思い出せることも多く書きやすく、
しかも中身の濃い文章が書きやすいとメリットが多いのです。
とはいえ、1年生の時に~、2年生の時に~、と時系列で書くのはNGでしょう。
わかりやすいはわかりやすいのですが、その分稚拙な印象を与えます。

「運動系の部活で大会に出た」
「文科系の部活だけれど、コンクールに出た」
こんな経験がある場合は、ここから書き出すのがお勧めです。

例えば「○○中学校合唱部、銀賞」。
この一言が伝えられた瞬間、私の中学校での部活は終わった。
こんな書き出しにするとインパクトが出るでしょう。

そこから
「この2年半、私たちは▽▽合唱コンクールの地区大会出場だけを目指して
   日々、練習に励んできた」と、普段の練習での様子に繋げていけばいいのです。

さらに「後輩の指導に苦労した」
「ソロの座を賭けたオーディションで同期生とぎくしゃくした」など、
忘れられない思い出を書けば中身が膨らむはずです。

ただ、それだけで結びにもっていこうとするとかなり難しいもの。
書き出しはできたけれど、どこに落として文章を終わればいいか、
いつも考えてしまうという方も多いでしょう。

鉄板は、日々の練習や印象的なエピソード、
大会やコンクールへの出場、すべてを通して学んだことを書くこと。

そしてそれを、中学校を卒業した後の生活に、どう活かしたいかを書くことです。

まるで、自己PR文のようなのですが、それでOK。
実際問題、そういったものをイメージして書くことで、
起承転結がしっかりしますし、
自分の意見をきちんと述べられる文章になるからです。

特に卒業文集は、自分や仲のいい人以外も目にする機会のあるもの。
その上、何十年と保存する人がいる可能性もあるものです。

自分が2年半、紡いできたストーリーを
「これだけ頑張ったんだ!だから、これからも活かすんだ!」と
たくさんの人に誇るつもりで書きましょう。

あなたがあなただったからこそできた体験、
そこで感じたり、考えたことだから、きっと筆も進みやすいはず。
その上きっと、人に伝わる素敵な作文が書けるでしょう。

おすすめテーマ~部活動での思い出

ついに中学を卒業する時が来ました。
三年間、とても長かった気もするし、あっと言う気もする不思議な気分です。
僕が中学校三年間で最も印象に残っているのは、やはり部活です。

僕が実際に中学校の卒業文集を作った時の内容をお伝えします。
あなたが卒業文集を作成するときの参考になってくれるとうれしいです。

部活というと、世間では、運動部が思い浮かべられ、
いかにも青春という感じで語られます。

しかし、僕が所属したのは生物部でした。
生物部で何をしていたかと言うと、鳥を見ていました。
よく言うバードウオッチィングというものです。

世の中には色々な鳥がいます。
カラスというのは種名ではありません。
ハシブトガラスやハシボソガラスなどの総称です。

ちょっと見ると同じでも、じっくり見れば、違いがあるのです。
人も同じだと思います。

何の特色もない人間に見えても、親しみを持って、じっくり見れば、
色々な違い、つまり個性が見えてくるわけです。
鳥の生態が種類によって相当違うように、
生活の仕方やものの考え方、感じ方など人それぞれです。

私はなかなか鳥の名前が覚えられずに苦労しました。
それでも、名前が分かって親しみが持てるようになると、
鳥は僕に色々なことを教えてくれるようになりました。

鳥の世界のことだけでなく、人間の世界のことも教えてくれました。

四月からは新しい場所で、新しい生活が始まります。
新しい人との出会いが沢山あることでしょう。
僕は鳥に教わったことに耳を傾け、
より良い高校生活が出来るように努力していきたいと思います。

まとめ

今回の記事では中学生の卒業文集で書くといいおすすめの例文についてお伝えしてきました。
学生時代の思い出は大人になってから振り返るととても大切なものです。
ぜひ、今の素直な気持ちを卒業文集に書いてほしいです。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました