> 卒業のメッセージをカッコよく英語の名言で伝えよう!名言・格言をご紹介 - 最新トレンドニュース速報

卒業のメッセージをカッコよく英語の名言で伝えよう!名言・格言をご紹介

スポンサードリンク
 




 

新年を迎えるとあっという間に時間が過ぎて卒業の時期になりますね。

そんな中で卒業文集や寄せ書きなど、
卒業のお祝いのメッセージを贈る機会があると思います。
そういったメッセージを英語で伝えるとカッコいいですよね。

そこで今回の記事では卒業のメッセージを贈るための英語の名言をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




卒業のメッセージをカッコよく英語の名言で伝えよう!!

みなさん、中学校卒業おめでとう。
これでみなさんは小学校・中学校の義務教育をすべて終えました。
これからの学びは義務ではありません。
みなさんの自由意思によるものです。

私はこの時に当たって、一つの言葉を紹介したいと思います。

小学校中退のエジソンが言った言葉で
「天才とは1パーセントのひらめきと、
     99パーセントの努力である」というものです。
もう知っていると思った人も多いでしょう。

しかし、この言葉を英語の原文で言えるでしょか。

英語では、「Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration」です。

inspirationとperspirationが、きれいな音の対をなしているのです。

英語を知らなければ、この名言を本当に味わうことはできないでしょう。
perspirationは汗という意味です。

日本語では意訳して努力としているわけです。
inspirationとperspiration――今日はこの言葉を覚えて卒業してください。
エジソンでさえ、
99パーセントのperspirationが無ければ、何も生み出せなかったのです。

私たちは、どのくらいperspirationしているでしょうか。
弱音を吐くのはその後でも遅くはないのです。

沢山、色々なことを言ってもみなさんの心には何も残らないと思います。
inspirationとperspiration、
これだけを覚えて、これからの人生の糧としてください。

今日は本当におめでとう!!

名言や格言を使ったおすすめの英語のメッセージ

この文章では主に
中学・高校を卒業して行く生徒さんに英語でメッセージを送ろうとしたとき、
どんなものがあるかを二つだけご紹介します。
是非、参考にしてください。

1)The first step is always the hardest.
最初の一歩が一番難しいという意味です。
上級学校に入って上手くやれるのかとか、
初めての海外一人旅は成功するのかとか、はじめてに不安はつきものです。

そんな時、背中を押してくれるのがこの言葉です。
「案ずるより産むがやすし」ですね。
「I’s always darkest before the dawn.」(夜明け前が最も暗い)も
やや似た言葉です。

2)Think today and speak tomorrow.
直訳すれば、今日考えて、明日話そうですが、
要するに冷却期間を取るということでしょう。

今までより広い世界に出ていく生徒さんたちは、
今まで接したことのない考え方や性格の人と出会うでしょう。

話がかみ合わないこともあるでしょう。
そういう時に時間を取るという知恵が役に立ちます。

僅か二つでしたが、紹介させていただきました。
御参考になれば幸いです。

まとめ

今回の記事では卒業のメッセージを英語で伝えるために名言や格言をお伝えしてきました。
英語でバシっと決めるとカッコいいですよね!!
ぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました