> 卒業式に着る服。母のマナーを知って子供と楽しい思い出を残そう - 最新トレンドニュース速報

卒業式に着る服。母のマナーを知って子供と楽しい思い出を残そう

スポンサードリンク
 




 

3月の温かくなってきた頃に訪れる子供の晴れやかな旅立ちを祝う式典の卒業式。参加するのが楽しみな反面、何を着ていけばいいのか迷ってる母親も多いのではないでしょうか?

卒業式は学校の全課程を修了した証を示す式典です。式典である以上、きまったルールやマナーがあります。ですので、きれいに着飾るだけではダメなのです。

卒業式のマナーをしって周りから浮いてしまう、、、なんてことがないようにして、お子様の晴れやかな日を思い出深い一日にしたいですね。

記事中

スポンサードリンク




卒業式の母親の服装マナー

先ほどもお伝えしましたが卒業式は式典ですので服装は礼服や略礼服で参加するのがマナーになります。

基本的には上品で落ち着いた雰囲気のスーツを着ることになります。

以前はワンピースタイプのスーツが定番でしたが、最近ではパンツスタイルのスーツも見られますので、どちらかを選ぶといいでしょう。

卒業式の母親におすすめの服装は?

スーツの色はネイビーが一番人気で黒や白、グレーなど落ち着いた色を選ぶようにしましょう。また、礼服なのでジャケットを羽織るのもマナーのひとつです。パンツスタイルでもワンピーススタイルでもジャケットを羽織ることで正装となりますので、ジャケットは必須です。

3月の気温はまだ寒い可能性もありますので、スーツの色にあったコートもご用意されたほうがいいでしょう。

卒業式の母親の服装に合わせるアクセサリーは??

普段、何気なく選んでいるアクセサリーですが卒業式では誰からも愛されるパールがおすすめです。派手すぎるゴールドはさけたほうがいいでしょう。

靴はパンプスが通常でヒールが3~5センチが上品に見えておすすめ。より高くなると式典にはふさわしくなくなってくるので注意です。黒が定番でつま先からかかとまで全体を覆ってくれるものを選びましょう。

バッグも派手なものや光る素材のものは避け、上品でシンプルなものがいいとされています。

あくまでもお子様が主役ですので派手にならないようにおしゃれに気を使いたいですね。

卒業式の当日の必需品

デジカメ

スマホもいいですがまだまだデジカメが使い勝手がいいです。バッテリーの減り具合も注意が必要

ハンカチやティッシュ

涙がぬぐうこともありますが、もしかすると体育館が暑いことで汗をふくこともあります。1枚多めに持っていったほうがいいかもです。

カイロなどの防寒対策

まだまだ寒い可能性もある会場内。足腰を冷やさないためにもカイロやレギンスなど防寒対策が必要です。

メイク道具

一生に一度の子供の晴れ舞台。母親としては目が潤んでしまうのは仕方ありません。涙で崩れたお化粧をさっと治せる準備が必要です。

目薬

感動の涙のおかげで目が充血してしまいシャッターチャンスにピントが合わない、、、なんてことがないように目薬があったほうがいいです。

予備のバッグ

卒業証書など子供がいろいろもらってくることがあります。自分用のバッグのほかに折りたためるようなバッグがあると便利です。

卒業式当日はここに気をつけよう!!

卒業式は式典ですので場の雰囲気wを壊すような行為は厳禁です。特に注意するのは3つありますのでご確認ください

①スマホや電子機器の音

スマホから流れる着信音やアラーム、電子機器から出る音などは静かな会場内には特に大きく響きます。このような音は特に他人に不快感を与えてしまいますのでマナーモードにしたり電源を切ったりして絶対に音が出ないようにしましょう。

②小さなお子様から出る音

中には小さなお子様を連れて卒業式に参加しなくてはいけないことになることもあると思います。小さいお子様にとっては式典は退屈と感じてしまうのは仕方のないことです。いつもと違う雰囲気からグズついたり騒いだりしてしまわないようにしたいですね。音のでないお菓子やおもちゃで気をまぎらわしたりすることをオススメします。どうしても、泣き止まないことになってしまったときはお子様を会場の外に連れて出ましょう。そのため会場内での席は外に出やすい場所を選ぶほうがいいです。

③写真のとりかた

お子様の一生に一度の記念ですので、大事な我が子の晴れ姿を写真やビデオに収めたいと思うのは当然のことだと思います。しかし、式典ですので場を壊す行為はNGです。我が子を見つけても声をかけたりすることも控えたほうがいいです。写真やビデオをとるときも席を立つのではなく、座ったまま撮るようにしましょう。学校によっては撮影場所を設けていることもあるので、撮影場所に指定がある場合は学校側の指示に従いましょう。

まとめ

卒業式の服装についてのマナーは上品で落ち着いた雰囲気のものを選び派手にならないことに気を付けることでした。

服装 礼服・略礼服
服装のタイプ スーツ(ワンピースやパンツスタイル)

ジャケット(+コート)

パールのアクセサリー

落ち着いた色のバッグ

全体を覆うかかとの低いパンプス

必需品 スマホ デジカメ ハンカチ ティッシュ

目薬 メイク道具 予備のバッグ

NG行為 着信音などの電子音 小さな子供の泣き声など 写真のとり方

ここまで卒業式のマナーについてお伝えしてきました。卒業式は式典ですので大事な我が子の晴れ舞台を見たい気持ちはわかりますが、それはよその家の親御さんも同じです。卒業式では場の雰囲気を壊さず、いままでがんばってきたことを称え、これから新しい道へすすむことをお祝いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました