> 正月にお餅を食べる理由を知ってますか?正月とお餅の関係を知り伝統を知ろう! - 最新トレンドニュース速報

正月にお餅を食べる理由を知ってますか?正月とお餅の関係を知り伝統を知ろう!

スポンサードリンク
 




 

お正月にお餅を食べる理由ってご存じですか??

子供のころから当たり前のようにお正月にはお雑煮などでお餅を食べていますが、

なんでお正月にお餅を食べるようになったか改めて考えると気になりますよね。

今回の記事ではお正月にお餅を食べる理由やお正月とお餅の関係について調べてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




正月にお餅を食べる理由とは??

お正月が近づくと、スーパーやコンビニなどでお餅を目にする機会が増えますよね。

毎年、お正月になると何気なく食べているお餅ですが、食べられるようになった理由や時期などを知っている方はなかなかいませんよね。

では、なぜ食べられるようになったのでしょうか?

食べられるようになった背景を見ていきましょう。

平安時代にさかのぼります。

宮中では正月行事として、健康と長寿を祈願する「歯固めの儀」というものが執り行われていました。

この儀式には、餅の他い大根・串柿・蕪・するめ・昆布のような硬い食べ物が使用されていました。

地域によって使用される食べ物は違ったようですが、お餅と大根はほぼ全国に共通していた食べ物だったと言われています。

そして、お餅はもともとハレの日に神に捧げられる神聖な食べ物とされていました。

非日常の特別な日を、普段食べないお餅を食べてお祝いしていたようです。

鏡開きをした後のお餅は、家庭で調理して食べられることが多いですよね。

神棚に捧げられたおお供え物である餅をいただくことは、

”神様と同じものを頂いて生きる力や気力を分け与えられる”こととされてきました。

このように、お正月にお餅を頂くことにはたくさんの理由があるみたいですね。

このようなご時世だからこそ、古くか伝わる習慣を大切にしていきたいものです。

 

お正月に食べるお餅を使った料理の定番といえばお雑煮ですよね。

正月にお雑煮を食べることにもきちんと意味があります。

先人たちの願いを知って、改めて新年を迎える喜びを感じてみませんか??

良かったらこちらからご確認ください。

 ⇒正月に雑煮を食べる意味って知ってる?雑煮の意外なアレ!!

正月とお餅の関係

正月の食べ物といえば餅です。

鏡餅を飾ってお雑煮を食べて…これぞ日本の正月の風物詩ですね。

ところで、なぜ正月に餅を食べる習慣があるのでしょうか。

諸説がありますが、

そのうちの一つに、平安時代の宮中の行事に餅が使われるようになったことが始まりだという説があります。

元々は中国で固い餅を食べる習慣があり、

それが日本に伝わって、正月に「歯固めの儀」が行われるようになりました。

正月に固いものを食べることで歯を丈夫にし、長寿を願う意味がありました。

その「歯固めの儀」で鏡餅が使われたことから、

正月に餅を食べるようになったという説があります。

また、日本では古くから、米は神聖なもので特別な力を持つと考えられてきました。

そのため、米や米から作られる酒、餅などは、神様への供物として捧げられました。

そして、正月には年神様という新年の神様がやってくると考えられ、

年神様のために大みそかの夜に餅や野菜や魚などを供える習慣がありました。

元日にそれらのお供え物を煮て食べたことが、お雑煮の始まりだと言われています。

神様と同じものを食べることで、一年の無病息災を祈ったそうです。

正月にはぜひ餅を食べて、一年の幸せを願いましょう。

鏡餅のお餅の食べ方(お雑煮以外)

我が家の鏡餅の食べ方紹介します!

ありきたりですが、きな粉餅にするのが1番おいしいです!

我が家は6人家族で4人の子どもがいるのですが、

鏡開きをした後きな粉餅をしだした私を見つけると机に座ってじっと待つほど大人気です。

普通にお店で買ってきた切り餅のきな粉餅も人気でよく食べるのですが、

鏡餅のきな粉餅はまた違うらしく旦那も大絶賛するほどなんです。

作り方も簡単でみなさんも同じように作られてるかもしれないですが、

餅を軽く水に濡らしレンジの皿にクッキングシートを置いて500wで1分チンするだけです。

鏡餅の大きさによって変わるかもしれないですが、

一回ぷくーっとふくれますのでそれを目安に試してみてください。

きな粉もスーパーにある安いきな粉で十分です!

それに砂糖をいれます。

我が家はきび砂糖ですがどの砂糖でも問題ないです。

食べる分だけのきな粉をボールに出してそれとほぼ同じくらいの量の砂糖をいれます。

これもお好みでやってみてください。

お正月を過ぎてもおいしいお餅を使った料理

突然ですが、皆さんはお正月のお餅、いつ頃までどのくらい食べてますか?

お正月と言えばお餅を食べたい!なんていう人もとても多いと思いますが、

でもいざお正月になって食べ始めると案外すぐ飽きてしまったりもするんですよね…(笑)

私もこれは経験がありますが、

お正月のお餅の食べ方ってどうしても決まったパターンしかなかったりするんですよね…。

そしてたくさん食べるつもりで買ったのに、

思った以上に余ってしまった…なんてことも。

今回は、そんな余ったお餅をお正月を過ぎても美味しく食べれる簡単おすすめレシピをご紹介します♪

紹介したいのは『マヨ醤油餅』です。

レシピはとても簡単です。

お餅を焼く時にマヨネーズと醤油をたっぷり塗り込むだけです♪

お餅に醤油をつけるのはもはや定番ですが、

そこにマヨネーズをプラスするだけでいつもと違った味わいに!

クリーミーで濃厚さがプラスされて、味の深みがとっても出るんです!

更にお好みでそこにゴマや青のり、鰹節を乗せたりするのも最高です!

おやつ代わりにもなる味付けなのでぜひ試してみてくださいね!

まとめ

今回の記事ではお正月にお餅を食べる理由についてお伝えしてきました。

今では当たり前のように手に入るお餅ですが、昔の人には超ごちそうだったんですね。

調ごちそうだったからこそ、新年に食べる意味もあったのだと思います。

 

 

お正月に食べるお餅を使った料理の定番といえばお雑煮ですよね。

正月にお雑煮を食べることにもきちんと意味があります。

先人たちの願いを知って、改めて新年を迎える喜びを感じてみませんか??

良かったらこちらからご確認ください。

 ⇒正月に雑煮を食べる意味って知ってる?雑煮の意外なアレ!!

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました