> 正月に雑煮を食べる意味って知ってる?雑煮の意外なアレ!! - 最新トレンドニュース速報

正月に雑煮を食べる意味って知ってる?雑煮の意外なアレ!!

スポンサードリンク
 




 

お正月に雑煮を食べる意味をご存じですか?

子供のころから当たり前のように食べていましたが、

当たり前になりすぎて雑煮を食べるということ自体に疑問を持つこともありませんでした。

年を重ね僕にも子供ができ、教育のためにも伝統行事についてのあれこれを調べています。

その中でこのお雑煮ってなんで食べているのか気になったので調べてみたのでお伝えします。

あなたも知らなかった意外なアレが見つかるかもしれませんよ!!

記事中

スポンサードリンク




正月に雑煮を食べる意味って知ってる?

毎年、年賀状の販売開始のニュースを見ると、今年も残り僅かだなあという気分になります。

そして慌しい年末が過ぎると、あっという間に新年を迎えますね。

お正月には、初詣や年賀状、おせち、初売り等、誰もが定番と思う行事や習慣が沢山あります。

今回はそのお正月の習慣のひとつ「お雑煮」にスポットを当ててみました。

 

なぜお正月にお雑煮を食べるのか、その由来や意味を知っていますか?

お雑煮の歴史は古く、平安時代からすでに食べられていたと言われています。

お餅は農耕民族である日本人にとって「ハレの日」に食べるおめでたい食べ物でした。

里芋やお餅、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ若水(わかみず)と、

新年初めて灯した火で時間をかけて煮込み、元日に食べたのが始まりだと言われています。

また「お雑煮」という呼び名は、さまざまな具材を煮合わせて煮雑ぜ(にまぜ)たことが語源と言われています。

お雑煮に欠かせない「お餅」ですが、今は年中スーパーなどで買うことができますね。

しかしお餅は昔からお祝いごとや特別な日に食べるおめでたい食べ物でした。

 

起源としては、お正月に年神様(正月にやってくる神様)をお迎えするために、

前年に収穫したお米から作った餅をお供えし、そのお下がりを頂く、

ということから始まったといわれています。

余談になりますが、両端が細長くなっている「祝い箸」というものを見たことがあると思います。

このお箸はお雑煮を食べるときに使います。

一方を人が、もう片方を神様が使うという「神人共食」を表していてとても縁起の良い箸なのです。

年神様から分けて頂いたお雑煮パワーで、どうぞ良い一年になりますように!!

 

お雑煮とはどんなものか、お雑煮に入れると縁起のいい食材とはどんなものがあるのかなど

お雑煮についてリンク先ページにまとめました。

よかったら確認してみてください。

お雑煮の歴史・縁起のいい具材・食べるタイミングとは??

お雑煮の由来

お雑煮の由来は、「煮雑ぜ(にまぜ)」と伝えられます。

様々な具材を煮た食べ物の意味です。

 

お正月は年神様(としがみさま・別名:歳徳神(としとくじん)・正月様)をお迎えして、

1年の無事と五穀豊穣を願います。

年神様は、山の神や田の神として見守ってくれる先祖の霊です。

普段は高い山などから見下ろしていますが、正月には家々を訪れるとされます。

年末の大掃除はお迎えする準備、

門松は舞い降りて来られる依り代(よりしろ)であり鏡餅はお供えです。

そのお供えを下ろして、家族一緒に食すのがお雑煮と言われます。

 

お雑煮は地方によって異なります。

住んでいる地域のお雑煮のほか、

両親や先祖の出身地の味を守っている家庭もあるのではないでしょうか。

入れる具材は野菜や肉、魚など、その地方で取れる産物が中心です。

汁も醤油やみそ味、ぜんざいのような小豆など様々ですが、

地域に根差した文化とつながっています。

 

古来、日本では、ハレとケを分けて生活していました。

ハレとは特別の日、ケは普段の生活です。

お正月や祭り、お祝いの日はハレの日として普段よりも豪華な食事を楽しみました。

お雑煮はその代表であり、神聖な食べ物です。

お雑煮の由来を思いながらいただきましょう!!

お雑煮のお餅の形の意味

お餅はよく伸びるので「長寿」の意味が込められていますが、

丸餅と角餅では別々の意味が込められています。

関西地方でよく食べられる丸餅には、「円満」、

関東地方や寒い地方でよく食べられている角餅には「敵を退治する」という意味があります。

丸餅はその丸い形から「1年間角がたたずに円満に過ごせますように」という願いが込められています。

角餅は「のし餅」とも呼ばれており、つきたての餅を伸ばすことを「のす」と呼びます。

武士が戦に行く前にのした餅を食べやすく切ってお雑煮にいれたことがはじまりとも言われています。

「敵を倒す」ことを「のす」とも言うため、

「敵を退治する」という意味が込められているのです。

また江戸時代、関東地方は人口が多かったために1つ1つ丸めるのが大変だったため角餅になったという話もあります。

関ケ原の戦いで岐阜県を境に餅の形が分かれたとも言われています。

そのため現在も、岐阜・三重・滋賀では丸餅と角餅が混在しています。

関西で主流の丸餅には「円満」、関東で主流の角餅には「敵を倒す」という意味がそれぞれ込められています。

どちらも縁起のよい言葉です。

意味をかみしめながらお餅を食べてみるのもいいかもしれません!

まとめ

今回の記事ではお雑煮を食べる意味についてお伝えしてきました。

お雑煮に入れる食材やお水にもきちんとした意味がありました。

また、具材のひとつで地域色がでやすいお雑煮の中でも共通して使われているお餅についても細かい意味があり目からウロコ!といったところでした。

ぜひ、これからは先人に倣って年神様に感謝しありがたく食べていきたいですね。

 

お雑煮とはどんなものか、お雑煮に入れると縁起のいい食材とはどんなものがあるのかなど

お雑煮についてリンク先ページにまとめました。

よかったら確認してみてください。

お雑煮の歴史・縁起のいい具材・食べるタイミングとは??

 

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました