> 春節の挨拶をメールで送ろう!!日本にはない旧正月のお祝いについて解説 - 最新トレンドニュース速報

春節の挨拶をメールで送ろう!!日本にはない旧正月のお祝いについて解説

スポンサードリンク
 




 

お正月を過ぎて少したつと、旧正月や春節って言葉をよく耳にします。

中国とかに支社があったり取引があるような会社に勤めているとなおさらです。

今の日本では旧正月の考え方はほとんどないので、僕自身、何のことかよくわかっていませんでした。

今回、中国の友人あてに春節のお祝いの挨拶をしようと思い春節について色々調べてみました。

今回の記事では春節についてお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




春節のお祝いの挨拶をメールで送ろう!!

春節といえば旧正月で新年をお祝いする日になります。

日本ではあまり馴染みのないことですが、中国や韓国などの国では今でもお祝いする日になっています。

最近では日本でも中国や韓国の方などと知り合いになる機会も多くなっています。

ビジネスでもプライベートでも新年の挨拶はとても大切なものです。

送る相手が日本にいないときには郵便で新年の挨拶を送るのは大変ですし、

そもそも海外の郵便事情も分からないですが、、、(笑)

やはり、メールで送るという方法が一番手軽でいいですよね。

ですので、春節にふさわしいお祝いのフレーズについて調べてみました。

例文

把美好的祝福,输在这条短信里
信不长情意重,我的好友愿你新年快乐!
好久不见,十分想念
在这温馨的日子里,常常忆起共处的岁月。
祝新年快乐,心想事成!给你拜个年!

この短い手紙で素晴らしい日の祝福をお届けします。
文章は長くはないけど思いは軽くありません。
大切な友人へ、あけましておめでとう!
とても懐かしい思いでいっぱいです。
この穏やかな日の中にあなたと一緒にに過ごした日々をよく思い出します。
明けましておめでとう!あなたの願いが叶いますように!
新年の挨拶を申し上げます。

 

中国などでは今でもお祝いする旧正月ですが、
日本でも明治まではお祝いする習慣がありました。
ではなぜ、今では旧正月をお祝いする習慣がなくなってしまったのでしょうか??

こちらの記事に詳細をまとめてみましたので、ぜひご確認ください。
 ⇒日本で旧正月が廃止された背景とは??海外の旧正月事情もご紹介します!!

旧正月を祝う中国語のフレーズってどんなものがあるの?

旧正月とは、中国や韓国の新年の祝いのことで、中国では春節と呼ばれています。

日本では、午前0時に新年を迎えると同時にお寺の鐘が108回鳴らされ、

周囲では「新年明けましておめでとうございます」というフレーズが飛び交うようになります。

中国では旧正月を迎えると同時に、一晩中爆竹が鳴らされます。

その際、どのようなフレーズが飛び交うのでしょうか。

本来、世界中の人たちが新春を祝う目的は、

悪霊を払い、新しい年に備えて人々を清めることですが、

中国でも同様に、幸せと繁栄を願って祈る目的で旧正月を祝います。

経済的に裕福になることが幸せに繋がると信じられてきたので、

旧正月を祝う中国では、

「恭喜発財(コンシーファーツァイ)」というフレーズが飛び交います。

これは大金持ちになることを願うフレーズと言われています。

新年に、日本人たちが「もうかりますように」というフレーズをつかって

あいさつを交わす様子はイメージしにくいですね。

個人的には、中国ならではのフレーズのような印象を受けました。

2022年の春節の期間はいつ?

2022年の春節はいつまで?

中国の春節とは、日本でいうところのお正月です。

日本では1月1日からですが、中国では春節の時期は毎年変わっており2022年は2月1日です。

また休暇は、春節では1月31日から2月6日までです。

 

春節の期間中に食べる食べ物は?

日本のお正月といえば、おせち料理がありますが、

中国では水餃子が縁起のいい食べ物として食べられています。

その餃子作りは大晦日から始まり5日間かけて食べます。

餃子は大昔の中国のお金「元宝」がルーツであり、

具の中身でも金運、健康運を占います。

それだけ縁起の良い食べ物、ということですね。

 

春節の休暇期間中に行う風習って?

中国の春節では、各所で爆竹の音が鳴り響ています。

それは爆竹が、中国において「魔除け」の意味が込められているからです。

年明けには朝食前にも爆竹の音を鳴らして、

1年を通して最も爆竹の音と匂いに包まれる日となっています。

春節を中華街で体験しよう

横浜、神戸、長崎では春節の特別なイベントを開催しています。

爆竹や獅子舞、パレードなども見ることもできますので、

機会があれば、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

春節の習慣や過ごし方

中華街などで鳴らされるにぎやかな爆竹のイメージが強い春節ですが、

中国や中国にルーツを持つ人々にとって最も重要な祭日なんです。

旧暦における正月を意味する春節ですが、

日本人には意外になじみが薄いものでもありますよね。

そこで春節の習慣や過ごし方を紹介していきたいと思います。

春節は日本のお正月にとても似ています。

家族が一堂に会して新しい一年の到来を過ごします。

団らんに欠かせないのは美味しい料理。

春節の食卓にも様々な料理が並びますが、最もポピュラーな春節料理は餃子です。

餃子の形が昔のお金に似ているということで、

一年お金に困らないというゲン担ぎを込めて家族みんなで食べるんだそうです。

そして日本の子供のお正月の楽しみである、

お年玉にあたる「紅包」という習慣もあるんです。

「善いことは対になる」という考えから

必ず割り切れる金額を渡すという日本とは異なるルールもあるんだとか。

春節の休暇は例年1週間ほど、

近年ではその休暇を利用して旅行先で春節を過ごすという人たちも増加しています。

中国の人々の明るくにぎやかな国民性が最も現れるイベントである春節のご紹介でした!

まとめ

今回の記事では旧正月・春節についてお伝えしてきました。

中国や韓国などの国では今でも新年のお祝いの人されていますが、

日本ではほとんど馴染みがないですよね。

中国から色んな文化が伝えられてきているのに、、、

不思議な感じがします。

 

中国などでは今でもお祝いする旧正月ですが、
日本でも明治まではお祝いする習慣がありました。
ではなぜ、今では旧正月をお祝いする習慣がなくなってしまったのでしょうか??

こちらの記事に詳細をまとめてみましたので、ぜひご確認ください。
 ⇒日本で旧正月が廃止された背景とは??海外の旧正月事情もご紹介します!!

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました