> マンションの宅配ボックスに届いた荷物を受取拒否する方法 - 最新トレンドニュース速報

マンションの宅配ボックスに届いた荷物を受取拒否する方法

宅配体験記

スポンサードリンク
 




 

家を留守にしていても代わりに荷物を受け取ってくれる宅配ボックスはとても便利なものです。

通信販売で商品を購入することが当たり前になってきている最近では宅配ボックスは必需品となっている方も多いことでしょう。

マンションんへの引っ越しの条件に宅配ボックスがあることとしている人も増えてきています。

家を不在にしている間に受け取ってくれる宅配ボックスですが、逆にいえば自分の知らない間に荷物を受け取ってしまっていることになります。

今回の記事ではマンションの宅配ボックスで受け取った荷物を受け取り拒否する方法をお伝えしていきます。

記事中

スポンサードリンク




マンションの宅配ボックスに届いた荷物を受け取り拒否する方法

荷物の回収はどこに連絡したらいいの?

宅配ボックスに届いた荷物を回収してもらうためにはどこに連絡したらいいのでしょうか?

ポストに宅配ボックスに荷物を届けた旨を伝える不在票が入っているはずですので、不在票を一度確認してください。

荷物が届けられた当日であれば担当ドライバーに連絡すると対応が早いです。

当日でなければエリア代表の電話番号が書いてあるので、そちらに電話するか通販商品であれば通販会社に連絡してみてください。

①通販会社に連絡する

配達会社に連絡して「受け取り拒否の商品なので引き取りに来てほしい」ということはもちろんできます。事前に通販会社に受取拒否の連絡が入っていればいいのですが、何も連絡していなくて受取拒否となると通販会社から配達会社になんで受取拒否なのか答えなければいけないことがよくあります。内部の処理も結構大変なんです。

それもあってまず通販会社に連絡してもらえると、おそらく「着払いで返送してください」となるでしょう。そうすると、配達会社からすると普通の荷物の集荷と同じ扱いになるのですんなりと作業が進みます。

受取拒否した荷物にしても通販会社には着払いで送られるので、通販会社の金額的な負担も変わりません。

この方法はあくまで配達会社の視点での話なので、もちろん配達会社に連絡して荷物を回収してもらっても大丈夫です。

②配達会社に連絡する

個人から送られてきた荷物については配達会社に連絡して送り主に返してもらうしかありません。

通販商品を受取拒否する場合、配達会社に対応してもらうことはできますが、

1、通販会社に連絡しているか?

2、なぜ受取拒否するのか?

3、定期購入品の場合、今後も受取拒否することがあるのか?

4、荷物は開けているか?

など、聞かれることがあるかもしれません。

ただ、どちらにしても通販会社に連絡してもらっていたほうが後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

※どんな場合でも受取拒否する荷物は開けないでください。

開けた場合は受け取る意思があったと思われることもあります。

また、宅配業者によっては開けたら回収できないこともあります。

宅配業者は箱の中に何が入っているのか全く分からないので開けられると、受け取った状態のものがそっくりそのまま返送されているのか判断できないためです。

中身が一部ぬかれていたり、購入者だけが使えるクーポン券がなくなっていたりすることがありました。

荷物を回収してもらうまでの一連の流れ

次に、通販会社や配達会社に連絡してから荷物を回収してもらうまでの流れになります。

基本的に荷物は着払いで発送され日時指定はなしということになるでしょう。

①通販会社に連絡した場合

1、通販会社に宅配ボックスに荷物が届いたのことを連絡

2、通販会社に回収可能な日時を連絡

3、通販会社から配達業者に回収を依頼する

4、配達業者から日時の確認の連絡(あるかもしれないです)

5、指定日の当日に回収してもらう

このとき発送伝票は配達業者が準備することが多いですが一応誰が準備するのか確認したほうがいいです。

②配達業者に連絡した場合

1、配達業者に受取拒否の旨を連絡する

2、配達業者で対応可能であれば回収可能な日時を伝える

3、指定日の当日に荷物を回収してもらう

 

そもそも留守が多い家庭であるため宅配ボックスを利用している方が多いです。

そのため、近い日時宅配業者が対応できる時間帯に家にいないという方もいると思います。

そんな方でも大丈夫です。

あまり知られていませんが宅配ボックスは配達のためだけのアイテムではありません。

集荷をするためのアイテムでもあります。

ダイヤルを回して開錠するタイプのものは宅配ボックスのボックス番号と暗証番号

電子ロック式の場合は部屋番号と暗証番号など必要なものを宅配業者に知らせておくと、宅配業者はいつでも回収することができます。

対面不要・待ち時間不要で集荷してもらえます。

この方法は着払いのときのみ対応してもらえます(お金のやりとりがないためです)

あとは発送元の預かり証をポストに入れておいてもらえば大丈夫です。

夜遅くに家に帰る方は朝に宅配ボックスに集荷する荷物を入れておいて、仕事の空いた時間に通販会社や宅配業者に連絡すれば不在のまま回収してもらうことができて便利です。

実はこの方法は宅配業者からしても玄関前まで行く必要もないし、お伺いする時間も縛られないので助かります。

 

受け取り拒否した荷物が宅配ボックスに届く原因

①連絡のタイミング

通信販売で荷物が発送されている場合、注文のダブりやキャンセル、発送元の手違いなど様々な理由はあります。発注した人の都合や通販会社の都合など、原因はどちらにあったとしても荷物を受け取らないでくださいと言われるでしょう。通販会社から配達業者へ連絡が入りますが、連絡のタイミングによってはすでに宅配ボックスに入れてしまっている可能性があります。

通販会社から配達会社にいつ連絡がいくのかわかりません。

また、配達業者側からするとその日に配達する荷物を持ち出し処理(端末で荷物のバーコードをピッとスキャンして保管状態からドライバー所持に変更する)をしたときに変更の連絡が来ていると、「端末が受取拒否の荷物ですよ」と教えてくれますが、もし持ち出し処理までに間に合っていなかったら、そのあとは配達完了まではほぼ端末処理しないので気づかないことが多いです。

そのため、通販会社からドライバーに連絡が届くまでにタイムラグがあるため、自分では受け取り拒否ができていると思っていても宅配ボックスに荷物が届いていることがあります。

 

②個人的に送られてくる荷物

通販ではご自身で発注しているため、荷物が来ることがある程度予測できます。

しかし、個人から個人への荷物(例えば実家から荷物が送られた)や会社から荷物が届く(お中元やお歳暮など)ことがあります。

その荷物が受取たくない相手から発送されている場合でも荷物の中身によっては宅配ボックスに入れられてしまうことがあります。

受取たくなくても届くタイミングがわからないので受取拒否できませんよね。

③荷物の誤配達

住所や部屋番はあってるけど宛名が違うという場合もあります。通販の場合、住所の変更がうまくできていなかったりして宛先は正しくても宛名が間違っているために宅配ボックスに届くことがあります。

まとめ

今回の記事ではマンションの宅配ボックスに届いた荷物を受け取り拒否する方法についてお伝えしてきました。

大事なのは①受取拒否する荷物は開けないこと②荷物をみつけたときはなるべく早く連絡を入れておくことです。

日頃から荷物が届いたら開けるのではなく、開ける前に何か確認するクセをつけることをおすすめします。

本当に自分への荷物かな??

こんな荷物届くはずないのに、、、

など、疑問を感じたらできる限り確認してみましょう。

基本的に受け取り拒否はできますが荷物を開けてあるか、開けてないかで対応も変わることがあります。

 

今回お伝えしたいことは以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました